雨の記号

エッセイと小説のページです。
諫早日出緒

66回NHK杯戦(増田康宏四段 vs 佐藤康光九段)から

2016-10-17 20:21:48 | 将棋
<script type="text/javascript">
function googleTranslateElementInit() {
new google.translate.TranslateElement({pageLanguage: 'ja', layout: google.translate.TranslateElement.InlineLayout.HORIZONTAL, gaTrack: true, gaId: 'UA-78908602-1'}, 'google_translate_element');
}
</script><script type="text/javascript" src="//translate.google.com/translate_a/element.js?cb=googleTranslateElementInit"></script>






 10月16日は増田四段(18歳)対佐藤九段 佐藤康光九段 (47歳)の戦いとなった。
 
 解説で登場したのは師匠の森下卓九段(50歳)。
弟子の対局とあってか森下九段の解説はいつになく力が入って感じられた。弟子に味方したいというのでもなかっただろう。だが、増田四段が先手だったこともあり、増田四段の指し手にうなずいたり感心したりしていた。
 三手目で増田四段が9六歩をさした時、森下九段は「増田流ですね」と嬉しそうな声になった。「自分の将棋に自信を持って指しています」と弟子の晴れ舞台にご満悦の様子だった。

 戦いは先手の増田四段が先導して矢倉模様に進んだ。
 先手は早い仕掛けを目論みながら駒組みを進めていく。
 先手が仕掛けを急ぐ理由として森下九段は9六歩の負担を指摘した。じっくりした将棋になると後手は9六歩に狙いをつけ、銀を繰り出してくる展開が予想されるという。
 駒組は進み、双方7九と3一の引き角からの戦いに進んだ。
 ここから▲は3五歩と仕掛ける。△これに応じない。6四角と覗いて先手の攻め駒を牽制する。▲3四歩△同銀直。先手、角の射程からそれて3八飛。△8五歩。▲6六銀に師匠も頷いている。飛車先を切らせるのは想定内。初心貫徹はいいということらしい。新鋭の増田四段の堂々とした手。プロの将棋の奥深さを感じる。△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△8二飛の応酬があって▲4六歩。
「我慢の手ですね」森下九段。
 3五歩などの手を予想したりしていたから意外だったらしい。しかしすぐ「我慢の手を指すのはベテランの方なんですよ」と納得の表情も見せた。
 森下九段の話を聞いてなるほどと得心がいった。
 しかし、後手は先手の我慢の手を咎めに出て4五歩。これをとっては同銀と銀が進撃してきてチャンバラになる。ここから取った銀を5二に打ち込むなど、丁々発止の戦い手順を森下九段は示した。だが、時間の足りない将棋のようでその先の解説を打ち切った。後手の4五歩をうっちゃらかして▲5五歩△5三銀。
「4四銀に上がらせてはいけません」と森下九段。「この一手で後手陣は引き締まります」
 先手それを阻まんと3六銀。△4六歩▲同角
「ああ、辛抱しましたか」
 後手は4四銀で好形を築く。先手4五銀で角を咎めに出る。△5五角▲同角△同歩。
 いつの間にか先手陣はバラバラである。後手は金銀が3筋4筋にまとまっているが、先手陣は方々に散っている。先手はこれをどうまとめていくのか。
 ▲4八飛△4六歩。味のいい一手だ。先手はこの歩を咎めることはできない。△5八金と守備を固める。
 △8八歩は厳しい一着。玉の逃げ道がふさがるので同金とは取れない。先手やむなく3五歩で切りあいに出る。△4五銀▲同銀△同銀と進む。上部を圧迫され、先手は苦しくなった。先手3七桂と4五の銀に狙いをつけて飛ぶ。△3六銀▲4四歩打ち△4二金▲4三銀打ちは勝負手。△3七銀成らずと飛車を狙う。
「ここは飛車を見切って勝負でしょう」と森下九段。しかし▲1八飛。師匠の読みと弟子の読みはなかなか合致しない。△2九歩成り。後手はこれで角、銀に桂を二つ手にした。猛攻撃の準備は整ったようだ。ぐずぐずしていられない先手は3二銀成りと金を取る。後手同金。▲7一角打ち△7二飛▲5三角成り△
5二銀▲5四銀△3六角打ちと進む。攻防の角である。
▲4三歩成り△5三銀と馬をはずす▲同銀成り△4三金で先手のと金をはずす▲同成り銀。
 後手、ここで詰めろの6五桂打ち▲6八金寄る△4七歩成りがまた詰めろ。先手7八玉と逃げに出るがさらに8八銀の詰めろがきて投了した。
 先手の攻撃を巧みにいなして攻め勝った佐藤九段の緻密な将棋が光った一局だった。


★増田康宏四段→2015 年度 34 勝 12 敗
        2016 年度 24 勝 11 敗 




<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-78908602-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');
ga('create', 'UA-XXXX-X');
ga('require', 'linkid');
ga('send', 'pageview');

</script>


ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月16日(日)のつぶやき | トップ |  華やかにりりしく卒業公演「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL