雨の記号

エッセイと小説のページです。
諫早日出緒

テヨンの新曲『11:11』を視聴

2016-11-02 19:17:39 | 少女時代
<script type="text/javascript">
function googleTranslateElementInit() {
new google.translate.TranslateElement({pageLanguage: 'ja', layout: google.translate.TranslateElement.InlineLayout.HORIZONTAL, gaTrack: true, gaId: 'UA-78908602-1'}, 'google_translate_element');
}
</script><script type="text/javascript" src="//translate.google.com/translate_a/element.js?cb=googleTranslateElementInit"></script>





 少女時代テヨン、ソロでも強かった…チャート6か所で1位に

 少女時代テヨンのソロアルバムはやはり強かった。
 テヨンの新曲『11:11』は2日午前7時を基準に、Genie、Naver Music、Mnet、Bugs、Soribada、Olleh Musicなど6か所の音源チャートで1位になった。テヨンはソロアルバムを発表する度に音源チャートで1位になっている。少女時代のメンバーとしても高い人気を博しているが、ソロ歌手テヨンとしても高い大衆性と音楽性を認められている。
 この曲はテヨンだけのボイスと感性を豊かに歌い上げた。一方、韓国最大の音源サイトMelOnではTwiceの『TT』EXO-CBXの『Hey Mama!』が1、2位をキープしていて『11:11』は3位に入った。Monkey3はMCモンの『君をとても愛してるから』が1位になった。
(K-POPニュースより)


 テヨンの新曲『11:11』MVを視聴した。歌を聴いてほっとした。
 普通の歌を普通に聴かされている感じだが、耳に馴染んできたテヨンの魅力的な歌声はちっとも変わっていない。。
 このところ若手ガールズの愛らしい歌ばかり聴いていたので、テヨンの歌聴いたらがっかりしそうな気もしていた。
 杞憂だったな、やっぱり…
 じっくり聴けば聴くほど胸の奥に沁みてくる。
 若々しい声を持ちながらこれほどのバラードを歌える歌手、周辺を見渡したらいない。テヨンは他の若手歌手が踏み込めない世界を持っている。
 あらためて聴けばタイトル「Why」のフルアルバムもいい歌ばかりだ。
 アルバムに耳を傾けているとソロ歌手として歩むテヨンの姿が見えて来るようだ。
 10年後はどんな歌を歌っているんだろう。

 しかし、テヨンのバラード聴いてるとジェシカのバラードも聴きたくなってくる。


★関連記事


ジェシカ、圧倒的な蠱惑美…氷姫のシックな魅力発散



<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-78908602-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');
ga('create', 'UA-XXXX-X');
ga('require', 'linkid');
ga('send', 'pageview');

</script>
google-site-verification: google3493cdb2db9edecf.html





『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 11月1日(火)のつぶやき | トップ |  知英(元KARA)本格女優へ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL