雨の記号

エッセイと小説のページです。
諫早日出緒

軽やかジェシカに真剣ステージのクリスタル

2016-12-07 21:49:08 | 少女時代
<script type="text/javascript">
function googleTranslateElementInit() {
new google.translate.TranslateElement({pageLanguage: 'ja', layout: google.translate.TranslateElement.InlineLayout.HORIZONTAL, gaTrack: true, gaId: 'UA-78908602-1'}, 'google_translate_element');
}
</script><script type="text/javascript" src="//translate.google.com/translate_a/element.js?cb=googleTranslateElementInit"></script>







“カムバック”ジェシカ、2ndティーザー映像…雪原の中で輝く美貌


 歌手ジェシカのニューアルバムタイトル曲『WONDERLAND』の2ndティーザー映像が公開された。
 今月10日0時に2ndミニアルバム『WONDERLAND』をリリースするジェシカが7日、所属事務所CORIDELエンターテインメント公式サイトとSNSにタイトル曲『WONDERLAND』の2ndティーザー映像を公開した。美しい自然と見事な雪原が目を引く今回のティーザー映像には、物が浮かぶ神秘的な現象に驚く姿や雪の中で幸せそうな笑みを浮かべた姿など、様々な表情のジェシカが収められている。「My Kinda Wonderland」という歌詞と一緒に軽快なメロディーが公開されて新曲への期待感をさらに高めている。
 特に今回のタイトル曲『WONDERLAND』は、5月にリリースされた1stソロアルバムのタイトル曲『Fly』の延長線上にある曲で、砂漠で雪を探す少女がついに雪原が広がるワンダーランドに到着するストーリーが描かれ、不可能なことも心から願えば叶えられるというメッセージが込められている。
(K-POPニュースより)


 ほんと…ジェシカには音楽で頑張ってもらわないとなあ…。 現存の少女時代メンバーがソロ出動していろいろ活躍しだしている。彼女らに負けないでほしい、というのはもちろんある。だが、それ以上気になるのは妹のクリスタルに対してである。
 RAINを相手にクリスタルがヒロインを演じるドラマ「僕には愛しすぎる彼女」を見て、この娘はいずれ女優として大成するんじゃないかと思った。
 ドラマ自体は感心するほどの内容ではなかったし、彼女の演技も褒めるほどのものはなかった。だが、女優に必須のオーラがあった。語らなくてもそこにいるだけでいい存在感があった。
 話の細かな部分は違っていても流れていく先は見通しのきくありふれたストーリーである。最後まで見なくてもいいドラマだったが、結局最後まで見てしまった。物足りないストーリーと思いつつクリスタルの演じるヒロインから最後まで離れられなかったのだ。そのように留め置く力があるのは魅力とか魔力と呼ぶほかはない。
 所属グループf(X)をいますぐやめて女優になった方がいいんじゃないか、と思えるほどである。
 
 少女時代に所属していた頃、ジェシカもドラマに出ていた。イ・ドンウクやイ・シヨンと共演した「乱暴なロマンス」はなかなか面白かった。ジェシカもなかなかやる、演技もけっこう上手い、女優やってもいけそうだ、とは感じた。だが、すぐにでも女優に転じた方が、とまではいかなかった。

 事業やって時々歌手のスタンスを取り続けるジェシカを見てて、あの頃からこんな気ままなスタイルが好きな娘だったんだな、と彼女を理解しだすようになっている。もともとクリスタルにきた話のついでで歌手になったところもある。定着したのが今の二束の草鞋なのであろう。

 しかし、クリスタルは音楽でも演技でも一貫して芸事が好きなように感じられる。演技世界にいる彼女を見てそう思った。f(x)の活動でも仕事を離れると”態度が悪い”とか”わがまま”とかの声がもれてきてたが、ステージが始まると彼女は真剣だった。集中度を発揮して歌った。

 飄々としてかろやかに、いつもマイペース感をただよわせてきたジェシカ。そこが彼女のよさなんだけど、たまにはクリスタルのような真剣さを前面に出すのも悪くないかな、とは思う。

 



<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-78908602-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');
ga('create', 'UA-XXXX-X');
ga('require', 'linkid');
ga('send', 'pageview');

</script>
google-site-verification: google3493cdb2db9edecf.html
『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「CHEER UP」が今年一年の代... | トップ | 12月7日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

少女時代」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL