雨の記号

エッセイと小説のページです。
諫早日出緒

王道を歩むTWICE

2016-10-29 21:04:13 | 「TWICE」
<script type="text/javascript">
function googleTranslateElementInit() {
new google.translate.TranslateElement({pageLanguage: 'ja', layout: google.translate.TranslateElement.InlineLayout.HORIZONTAL, gaTrack: true, gaId: 'UA-78908602-1'}, 'google_translate_element');
}
</script><script type="text/javascript" src="//translate.google.com/translate_a/element.js?cb=googleTranslateElementInit"></script>





 TWICE、新曲『TT』が6日目音源チャート席巻


 24日に公開されたTWICEの新曲『TT』は29日午前10時現在、Melon、genie、NAVER MUSIC、Mnetドットコム、Bugs、soribada、olleh MUSIC、Monkey3など韓国内の主な音楽配信サイトで1位を走っている。
 3枚目のミニアルバム『TWICEcoaster:LANE1』リリース以後、1位を一度も逃さないでいる。
韓国内の主な音楽配信サイトはもちろん、ミュージックビデオは動画サイトYOUTUBEで再生数最短期間1000万突破という記録を立てた。
 一方、29日0時にTWICEは公式SNSに感謝のあいさつと写真を掲載した。
(K-POPニュースより)


 TWICEの新曲『TT』は公開から6日経った今も、韓国内の音楽配信主要サイトで1位をキープし続けている。
 『CHEER UP』の時もそうだったが、TWICEは配信サイトで1位をキープする時間がともかく長い。他の有力ガールズの例でいくと、1位をキープできるのは1~3日が普通である。Apinkのカムバック曲「Only one」もそうだったし、うろ覚えだが他グループの曲もたしかそうだった。音楽市場として大きくはないが、生き残りをかけて競争は激しい国なのである。
 理由として考えられるのはTWICE人気の裾野と広さである。多くのアイドルグループはソウルなど都市周辺でしかネームバリューを持っていない。だが、ヒット曲を連発させ、テレビでも活発に動きまわっているTWICEは、地方の小さな町にまで人気を浸透させている可能性が高い。
 このへんは「Into the new world」でデビュー以後、立て続けにヒット曲を出して全国に名を轟かせた少女時代と似たところがある。
 韓国内で地位をしっかり確立してから日本など外国へ進出した少女時代は常に安定した人気を誇った。
 今の分ではTWICEも少女時代と同じ王道を歩みながら大きくなっていきそうである。



<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-78908602-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');
ga('create', 'UA-XXXX-X');
ga('require', 'linkid');
ga('send', 'pageview');

</script>
google-site-verification: google3493cdb2db9edecf.html

『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  新曲MV『火遊び』と『STAY』... | トップ | 10月29日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「TWICE」」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL