雨の記号

エッセイと小説のページです。
諫早日出緒

 自分には分からないアンチの心

2017-06-15 23:56:56 | A-PINK
<script type="text/javascript">
function googleTranslateElementInit() {
new google.translate.TranslateElement({pageLanguage: 'ja', layout: google.translate.TranslateElement.InlineLayout.HORIZONTAL, gaTrack: true, gaId: 'UA-78908602-1'}, 'google_translate_element');
}
</script><script type="text/javascript" src="//translate.google.com/translate_a/element.js?cb=googleTranslateElementInit"></script>






「Apinkを刺し殺す」殺害予告にメンバーも衝撃…事務所がコメント発表




 「後で謝罪文書くくらいなら最初からやるな」
 ミナ(TWICE)の一件でもそう思った。
 妬み、悪口、嫌がらせ…その挙句には…過激アンチにはほんと腹が立つ。
 殺害予告なんて度が過ぎている。目立ちたいのか本気なのか知らないが、ともかく非生産的…他にやることないのかといつも思う。
 目立ちたくてそれが本気なのだったら、自分がそこを目指せば生産的ではないか。目指す方向に光は見えているのだから。

 災難を受けてるのはBTS、TWICE、Apinkと注目してるグループばかりだ。肉親が痛めつけられてるようで落ち込んでしまう。自分と正反対の彼らを捜しに行って殴りたい気分に駆り立てられてくる。

 メンバーたちの表情を見てほしい。どこに腹が立つというのですか? 自分はこの姿に毎日癒されてるっていうのに…あなたもそういう暇あったらもっと平和な趣味を見つけてください、と諭したい。


★関連記事

防弾少年団からTWICEまで、一線を超えた危険すぎる“アンチファン”…各事務所は厳戒態勢




<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAna
lyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-78908602-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');
ga('create', 'UA-XXXX-X');
ga('require', 'linkid');
ga('send', 'pageview');

</script>
google-site-verification: google3493cdb2db9edecf.html



『その他』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« K-POPの代表旗手G-DRAGON | トップ | 6月15日(木)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名無し)
2017-06-16 21:12:24
こないだ読んだサセンファンのエピソード集が凄かったので、ちょっと書くと

・寮に帰るとファンが婚姻届を持ってハンコ探してた。
・深夜に目覚めるとファンがちょうど自分にキスしようとしてる所だった。
・夜中に台所へ行くとファンが包丁持って立ってた。
・楽屋の鏡に赤い口紅で「貴方は私と結婚する」と書かれてた。

もう心臓止まりそうなエピソードばかりですが、精神を病む韓国の芸能人が多いのも仕方ないと思います。
車の前に飛び込んで「怪我したら知り合いになれると思った」と言うサセンファンや
夜中に庭の茂みから突然飛び出てきて「握手して下さい!」と叫ぶサセンファン。

ネットの悪質な書き込みは行動が伴わないことがほとんどですが
芸能人とファンの関係の場合、距離が近すぎる(かつ情念も深すぎる)為に実際の行動を伴うことが多い。
一昨日ミナがマネージャー1人だけ連れて漢江でVliveしてましたが、考えられない。
GDのコンサートでファンが簡単に乱入してハグできたのと一緒で本当に危機管理意識が低すぎる。
韓国芸能事務所の金儲け優先、安全性二の次がこのままだとまた東方神起のような事件が起こると思いますよ。
Unknown (諫早)
2017-06-17 21:08:48
 ”サセンファンへの対処法”はいくら考えても分かりません。当該アイドルは、”ファンになってほしい”と日々願いながらステージをこなしているし、熱心なファンほど自分にお金を落としてくれることが分かっている。だから振りまく笑顔や愛嬌にも力が入る。
 一方、当該アイドルと目が合えば、自分の気持ち(愛情)が通じたと勘違いするファンが出てきたとしてもちっとも不思議ではありません。アイドルのファンに見せる笑顔や愛嬌は不特定多数ではあっても本物には違いありませんから。
 アイドルの方から見て1対数百や数千のクールな関係でも、ファンの側にはいろんな理解があると思われます。自分の生活とアイドルの立場を分け、一定の距離で応援するファンもいれば、他のファンと競争し押し退けてでも当該アイドルに近づいて行こうとするファンです。後者には何かのある瞬間、過激行動のスイッチが入って歯止めが利かなくなってしまうのかもしれません。
 フーテンやってた若い頃、医師になりたての友人に誘われてとある大きな病院のお祭り行事に出向いたことがあります。
 そこで医師や医師の卵たちがムチャクチャ持ててる光景を目の当たりにしました。白衣着てるんだから「自分も医師だ」と嘘ついた方がよかった、と後悔したもんです。友人も白衣を手渡してくれながら「そう答えろ」と言ってたし…そうじゃない、と答えたら女の子たちのそっけなかったこと、なかったこと…(笑)。
 ”恋は盲目”というじゃないですか。サセンなる行為は”恋の病”に近い感情に発露したものではないかと自分には思えます。
 これはガードをきつくしたところで片付くのかどうか…厄介な問題だと思われます。アイドルは「応援してください。好きになってください」の商売でもありますし…。
 自分がうんと若くしてK-POPガールズの音楽に遭遇していたら、今頃どうなっているか想像もつきません…(;^_^A アセアセ・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL