雨の記号

エッセイと小説のページです。
諫早日出緒

大船を漕ぐTWICE

2017-05-05 19:57:33 | 「TWICE」
<script type="text/javascript">
function googleTranslateElementInit() {
new google.translate.TranslateElement({pageLanguage: 'ja', layout: google.translate.TranslateElement.InlineLayout.HORIZONTAL, gaTrack: true, gaId: 'UA-78908602-1'}, 'google_translate_element');
}
</script><script type="text/javascript" src="//translate.google.com/translate_a/element.js?cb=googleTranslateElementInit"></script>






 TWICE、最後の個人ティーザー公開“可愛い少女たちの個性満開”

 ガールズグループTWICE最後の個人ティーザーが公開された。

 TWICEは5日0時、公式Twitterを通じて新曲『SIGNAL』の個人ティーザーイメージを公開した。その主人公はツウィ、モモ、ミナ。両手で頭の上にアンテナの立てるポーズを取っている。
 ツウィは人形のよう。目を大きく見開いてカメラを見つめている。スクールルックでラブリーな魅力も披露した。
 ミナは可愛らしい。目を閉じて明るく笑っている。白い肌とロングストレートヘアは清純な魅力を加えている。
 モモは成熟したビジュアル。頬の膨らみがなくなって大人っぽくなり、キラキラとした瞳が目を引く。TWICEは今月15日、主要音源サイトに新曲『SIGNAL』を公開する。JYPエンターテインメントのパク・チニョンが直接プロデュースした曲だ。
(K-POPニュースより)


 新曲『SIGNAL』に関しては書き尽くした。
 あとはどんな歌、どんなダンス、どんなパフォーマンスを見せてくれるかだ。
 TWICEメンバーらの音楽に対する理解度が高いのは、これまで歌いこなしてきた楽曲やパフォーマンスで示されている。
 出てくる音楽が今までの流れと逸れたものでないのを願うだけだ。
 だが、少々逸れた音楽でも今のTWICEならそこそこの成果にはつなげてしまうだろう。
 
 TWICEに対する心配はK-POP自体のうねりが別の潮流に切り替わってしまうことだ。
 JYP代表パク・チニョンがその流れを見誤るはずもない。
 TWICEは当分、ファンを乗せた大船を悠々と漕いで海原を進んで行くことだろう。




<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-78908602-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');
ga('create', 'UA-XXXX-X');
ga('require', 'linkid');
ga('send', 'pageview');

</script>
google-site-verification: google3493cdb2db9edecf.html

『その他』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  目覚めたハラに伝えたい言葉 | トップ | 気になるチョア(AOA)の不在 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名無し)
2017-05-05 22:33:11
TWICEの特徴として

1、全歌詞の要旨は「好き」
2、ダンスの難易度は準備期間の長さに比例する

というのがあると思います。

1、これまで出た情報からsignalの歌詞はピンクレディーのUFOみたいなものと想像されますが、
TWICEの場合、間違いなく相手は普通の男ですし、少しも普通の男に飽きることなく「好き」と歌い上げるでしょう(笑)

2、あのタイミングで出されたノクノクのダンスがやけに単純に見えたのも仕方ないことで、
今回は更に過密スケジュールな上にジヒョの膝の関係で余り激しい振り付けは無理。
うわはげレベルの込み入ったダンスを短期間で覚えろと言うのは不可能に近く、そうなるとノクノクより更に単純な、
それこそピンクレディーのUFOレベルの振り付けが出てきてもおかしくないと考えます。

とはいえTWICEはもう横綱ですから、派手なパフォーマンスでなくとも地味に寄り切って勝っても皆「さすが」と納得してくれると思います。
Unknown (諫早)
2017-05-06 16:31:23
話のいちいちに納得を覚えます(笑)。
 "ノクノクのダンス”は確かに振りが単純でやさしく見えます。それを反映してかネット等での評価も低いようですが、質は悪くないと思うし、自分は好きですよ。
 当代トップにのし上がったガールズです。賢い娘たちです。過密スケジュールの中で出された振付がどのレベルかは、当人たちはすぐに理解したでしょう。指導陣も及第点のパフォーマンスをやってもらえば十分と考えていたでしょう。
 くだんのパフォーマンスですが~、その十分からだいぶプラスアルファが出たんじゃないかと自分は見ています。
 彼女らなら1時間もあれば頭に入るような振付ですが、集中的な練習をしたとメンバーたちは話していました。集中的にその練習をくりかえしそのことばかり頭にあるようになって撮ったみたいな話をしてたメンバーがいましたね。ジヒョだったかな…?
 ダンスそのものはやさしく単純かもしれないけど、このステージ見てるとダンスの巧拙を考える前に、彼女たちはパフォーマンスに向かって、手も足も顔も自然体で呼応していってるように見えます。とても楽しそうで、間違えるとか間違えないとか、次はこの動きからこう入るとかのパターンを感じないんですね。ひょっとすると別の動きもあって、それでもいいん「じゃないかと思わせるほどです。きっと歌とダンスが同化してしまってるんでしょう。
 本人たちが楽しそうだからこっちもつられて楽しくなります。
 "ノクノクのダンス”、自分は好きですよ。一体になってる歌も合わせてもちろん~…。
 ああ~、つい熱が入って押し付けがましくなりました。ブログの本ページにはとても書けません(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「TWICE」」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL