雨の記号

エッセイと小説のページです。
諫早日出緒

JYはKARAのあのジヨン(知英)

2016-10-16 15:28:06 | KARA
<script type="text/javascript">
function googleTranslateElementInit() {
new google.translate.TranslateElement({pageLanguage: 'ja', layout: google.translate.TranslateElement.InlineLayout.HORIZONTAL, gaTrack: true, gaId: 'UA-78908602-1'}, 'google_translate_element');
}
</script><script type="text/javascript" src="//translate.google.com/translate_a/element.js?cb=googleTranslateElementInit"></script>





知英、日本で歌手として大活躍…「紅白歌合戦」に関する質問に“本当に出たい”



フジテレビのドラマ主題歌「好きな人がいること」を歌ったジヨン(JY)はとてもよかった。
 KARAが人気だった頃、友人はユーチューブで彼女らの歌をよく聴いていた。何ヶ月か前、友人宅で酒を飲みながらケーブルテレビのJ・POPを視聴していたらJYが出てきて歌いだした。この歌のMVである。
「ジヨン、けっこう頑張っているな」
 と思いながら見ていたら友人が口を開いた。
「この歌いいね。可愛い声してスタイルもいい。いい女じゃないか。誰だ、新人歌手か?」
 意外な思いで友人を見た。
「何だ、知らないのか。お宅のよく知ってる歌手だよ」
「知ってる?」
 友人は画面に目をこらした。首をかしげた。
 僕は答えた。
「日本で活動を始めたJYだ」
「JY? 知らないなあ」
「KARAにいたジヨンだよ。ジヨから取ってJY」
「KARAにこんな子、いたっけ?」
「いたから答えてる。メンバーの名前おぼえてないか? マンネなのにタッパが一番あるのでジャイアントベイビーのあだ名があった。覚えてないか?」
「覚えてないなあ…ほら、安室奈美恵に似てるとか言われてた子なら知ってるぞ。何て言ったっけ、あの子は…?」
「知ってるねえ」
 僕は苦笑した。
「それを知ってるとは言わない。顔を覚えてるだろ」
 こっちの話を聞かないで友人は一人で頷きだした。
「はいはい~そういえばいたな…背の高い子…あの子かあ。あの子が歌ってるのか~」

 話が落ち着いてKARAというグループの話題になった。友人は言った。
「忘れだすと早いもんだな…メンバーの名前を全部忘れちゃってるのは、われながら信じられない気持ちだよ」
 この後、ヨンジのいた4人KARAでなく、ニコルとジヨンのいた5人KARAのメンバー名をきちんと教えなおした。だが、友人は彼女らの名をすぐまた忘れてしまうに違いない。



<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-78908602-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');
ga('create', 'UA-XXXX-X');
ga('require', 'linkid');
ga('send', 'pageview');

</script>
google-site-verification: google3493cdb2db9edecf.html


『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  カムバック近づくBLACK PINK | トップ |  第二の”スジ”に向かってチ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL