雨の記号

エッセイと小説のページです。
諫早日出緒

2016年のTWICE

2016-12-20 20:23:04 | 「TWICE」
<script type="text/javascript">
function googleTranslateElementInit() {
new google.translate.TranslateElement({pageLanguage: 'ja', layout: google.translate.TranslateElement.InlineLayout.HORIZONTAL, gaTrack: true, gaId: 'UA-78908602-1'}, 'google_translate_element');
}
</script><script type="text/javascript" src="//translate.google.com/translate_a/element.js?cb=googleTranslateElementInit"></script>






 TWICE、クリスマスエディションの予約注文が11万枚

 ガールズグループ TWICEが、もう一度強大なファンパワーを立証した。

 19日、TWICEの所属事務所JYPエンターテインメントによるとTWICEのミニアルバム『TWICEcoaster:LANE 1』の3番目のバージョンであるクリスマスエディションが、予約注文量11万 5000枚を記録した。
 クリスマスエディションは10月24日にリリースされたTWICEのミニアルバム『TWICEcoaster:LANE 1』A、Bバージョンに続き、19日発売された3番目のバージョンだ。
 『TWICEcoaster:LANE 1』A、Bバージョンは現在まで約22万 5000枚(gaonチャート基準)で、今年ガールズグループ最多アルバム販売量を記録している。 クリスマスエディションもやはり予想をはるかに越える予約注文量を見せてTWICEのアルバム販売パワーを立証した。

 今回のクリスマスエディションはアルバムのジャケット写真がTWICEのサンタ衣装の写真に変更されたバージョンだ。 クリスマスを迎えて今年の1年大きな愛をプレゼントしてくれたファンのために準備したアルバムだ。
(K-POPニュースより)


 今年のK-POPは女性歌手らの活躍を抜きにしては考えられない。K-POPの本場韓国で太陽のように燃え続け、光り続けたのはガールズグループや女性歌手らの音楽だった。
 推進役となったのは2015年デビューのガールズグループTWICEやGFRIENDだった。
 TWICEとGFRIENDを2連星の太陽とするなら、両者を囲い込んで、Mnet「プロデュース101」から誕生したガールズグループ「I.O.I」や、関連グループのgugudan、DIA、宇宙少女などが夜空をこがす星座のごとく夏場を彩った。さらにダンスより歌唱力で注目を浴びたMAMAMOOも特異な存在を誇示した…その他、若手ガールズ活躍の谷間を埋めて、Wonder GirlsやSISTARといったベテランガールズも2連星のそばでしっかり瞬いた。
 これだけでも女性歌手らが十二分の活躍を見せた今年の説明になるだろう。
 だが、まだあるのだ。
 TWICEやGFRIENDなど新世代ガールズの活躍を見守るように、K-POPブームを巻き起こし、牽引してきた少女時代メンバーたちのソロでの活躍である。少女時代リーダーのテヨンは昨年すでにソロデビューを果たしている。だが、今年初頭のカムバック曲「RAIN」でもクリーンヒットを飛ばして貫禄を見せた。

 さすが少女時代のメインボーカルだけある、と感心したことだったが、テヨンの活動が止んでまもなく、同じ少女時代からティファニーがソロデビューしてきた。少女時代本体が鳴りを潜めていることもあって、地上波TVの歌謡番組はティファニーのダンスソングを連日のように流した。ユーチューブにアップされた動画はものすごい勢いで視聴回数を伸ばした。それから幾日もしないうち、少女時代を脱退したジェシカもソロデビューしてきたではないか。ジェシカのデビュー曲もユーチューブでティファニーを上回るペースで視聴回数を伸ばしていった。
 じつに象徴的だと思った。TWICEやGFRIENDが新世代ガールズとして騎虎の勢いを示している時、長年に渡ってK-POPガールズのトップに君臨してきた少女時代が、まるでその終章を暗示するかのようにメンバーたちにソロの楽曲を持たせて送り出してきたからだ(ここに来てヒョヨンもソロ活動を始めている)。少女時代を脱退したジェシカまで一緒となると何かの巡り会わせとしか思われないのだ。

 しかしこれらはTWICEの今年の躍進を飾り立てる歌謡史の一出来事として記録されていくのであろう。去る者より登場する者にスポットを当てていくのが世の常だからだ。


 TWICEの活躍は他でも触れている。
 活躍ぶりをリンクで追ってみよう。

1月


5月


11月


同じく11月




★その他、

4月10日→幕張メッセで開催された「KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN」に登場。

9月2〜4日→国立代々木競技場 第一体育館で開催された「2016 JYP nation concert ”MIX&MATCH” in japan」に出演




<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-78908602-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');
ga('create', 'UA-XXXX-X');
ga('require', 'linkid');
ga('send', 'pageview');

</script>
google-site-verification: google3493cdb2db9edecf.html

『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月19日(月)のつぶやき | トップ |  「AOA」の音楽に期待する理由 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL