雨の記号

エッセイと小説のページです。
諫早日出緒

風穴の際に立つTWICE

2017-06-10 21:18:51 | 「TWICE」

<script type="text/javascript">
function googleTranslateElementInit() {
new google.translate.TranslateElement({pageLanguage: 'ja', layout: google.translate.TranslateElement.InlineLayout.HORIZONTAL, gaTrack: true, gaId: 'UA-78908602-1'}, 'google_translate_element');
}
</script><script type="text/javascript" src="//translate.google.com/translate_a/element.js?cb=googleTranslateElementInit"></script>











TWICE、ASTROをおさえ「ミュージックバンク」で1位に…活動終了後も“止まらない勢い”



 活動終了時まで各チャート歌謡ステージで常に上位ないし1位をキープし続けてきたTWICE。
 K-POPグループのブランド価値もずっと1位で来ているし、安泰領域に入ってきた印象が深まってきている。
 しかし忙しさから解放される様子は一向に見られない。いまだに売り込みをかけてる新人ガールズ並みの忙しさに追われている。
 プライベートがほとんどない彼らの共同生活はいつまで続いていくのだろうか。
 そろそろソロ活動やプライベートの彼女たちを見たい気にもなっているのだが…。

 スケジュールを組んでいく事務所やスタッフサイドはむろん、TWICE面々も爆発的な人気を実感しているであろう。
 しかし一方で、ある日突然、K-POP船団の中ほどに飲み込まれ、後方に置いていかれる心配みたいなものがあるのだろうか…? 
 トップに立ったなら今度はそれを守り切っていきたい。そしてさらに忙しさは増す。
 表立った活動をしてなくてもずっと歌やダンスの練習に明け暮れる。それでないとK-POPアーチストとしてやっていけない。
 みんなで集まって申し合わせ「オフの日」をつくればいいのに、と思う。
 世界へ向かう風穴まで広がりだしているし、TWICEはその際まで来てるし、まあ、無理な話ではあろう…。
 となれば、世界に向かって走ろうとしている彼女たちの背を押すしかない。




<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-78908602-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');
ga('create', 'UA-XXXX-X');
ga('require', 'linkid');
ga('send', 'pageview');

</script>
google-site-verification: google3493cdb2db9edecf.html

『その他』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月9日(金)のつぶやき | トップ | 6月10日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名無し)
2017-06-11 09:56:36
各曲の日本語バージョンのサビだけ公開され、思ってたのと違ってちょっと焦ってますが (^_^;)
ミサモに訳させたら、いくら変でもファンも納得いくし本人達にも印税入るしで丸く収まったのになあ。
まあ、慣れの問題かもしれませんが(笑)。

NHKの朝ニュースでTWICEが特集され、Kpopアイドル目指す日本の女の子が出てましたが
韓国の反日感情を考えて不安だった親御さんがミサモの成功を見て安心して送り出す部分が印象的でした。
ミサモが順応できたのは人間教育重視のJYPだからという部分もあるでしょうし
才能重視のSMやYG等の他事務所ではどうなってたか分かりません。
おいそれと韓国目指すのはどうかと思いますが、確かに選択肢は増えました。
サナがE-girls系列のダンススクール出身で、ひょっとしたらE-girlsで埋没してたかもしれないと考えると
AKB系以外はほとんどノーチャンスの今の日本のアイドル候補生にとって朗報と言えるかもしれない。

TWICEの収入で言えば、テレビ番組出演と本業の歌はただ働きでCMとグッズ販売が大部分と聞きます。
となると、寝る間を惜しんでほぼ無給のプロモーション活動をひたすらしている訳で
本人達の実感として「これだけ頑張って三千円なら、家帰って寝たい」 とかならないのか不思議です(笑)。

「nature collection」のCF見ましたが、ある意味、一番出来がいいMVでした。
確かにこれが本業と言えるくらい力入ってます(笑)。
Unknown (諫早)
2017-06-11 18:09:32
 韓国で女優として活躍したユミン(笛木 優子)が韓国で活躍した頃をテレビに登場して語っていましたが、実入り(収入)の話を聞いて驚かされました。テレビ出演してもらうのは足代(普通の会社員が勤めで遅くなってもらうタクシー代ほど~数千円ですね(笑)程度。どんなのに出演しても似たようなもの。女優とはとても言えません(笑)。なのでカップめんで飢えを満たすような生活だったとか…。日本でも劇団の活動してる役者はそうかもしれないけど、テレビや映画など、華やかに見えるところで活躍して裏方みたいな報酬ではやりきれないでしょうね。
 なので「TWICEもあんなに活躍してるがなあ~」と思っていたら、やっぱりそうだったんですね(想像はしてましたが~苦笑)。
 
 まあ、芸能界はそういう世界ですから。
 自分も昔、ぬいぐるみの中に入ってステージに出たことあるのですが、金になるのが三ヶ月後と聞かされて二の足踏んだことがあります。いい経験だ、と思って大怪獣の役をやったんですけど、そのバイト代も芸能事務所がつぶれて取りそこないました(笑)。それを今も後悔してないのは、その様子が夕方のテレビで流れたことでしょうか(笑)。
 K-POPの一員として活躍したいと願う子はミサモの成功で、これから増えていくでしょうが、TWICEのように活躍するグループに入れるかどうかはわかりませんね。韓国内の子たちでも幸運に恵まれるのは一握りなんですから。実力を身につければ音楽の世界でそこそこつぶしはきくようになるかもしれませんが…。
Unknown (名無し)
2017-06-12 22:06:58
TWICEのCF契約料は1件3000万円(現在うなぎ上り中)で15社くらいと契約してるそうですから4億5000万円。
半分はJYPの取り分で残り2億2500万円を9人で割ると1人2500万円。
その他諸々を考えると年収は4000万円くらいでしょうか。
メンバー4人のインタビューによると最初の給料の使い方は、

ナヨン=全部、両親に渡した。
ミナ=親から将来の為に貯金しなさいと言われてるのでほとんど貯金。
チェヨン=大金なので事務所に管理してもらって必要な分だけ分割してもらってる。
モモ=美味しい物たくさん食べた。

だそうです(笑)。
Unknown (諫早)
2017-06-13 17:06:18
 その報酬知って多少ほっとなりました。世界に名轟かせてるのにそれではまだまだ少ないとは思いますけどね。
 使い道についてですが、まったく無邪気なもんです。勉強と部活でへとへとになりながらも、学校へ行くのが楽しい中高生を想起させますね。
  いいですねえ、若いってことは…部活の仲間たちと、
「早く人間になりた~い」
 なんて愚痴をこぼしあってても、けっこう充足感は味わってる(笑)。
 きっとお金なんて視野の外なんでしょう。通帳に振り込まれた数字見ても、0の桁なんて数えてもないかもしれません(笑)。
 自分の周囲じゃお金や宝くじの話ばかりでいやになりますよ。無関心を装いながら、「買わないと当たらないんだな」と時々真剣に考えたりしてますけどね(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

「TWICE」」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL