雨の記号

エッセイと小説のページです。
諫早日出緒

第二の”スジ”に向かってチェヨン(DIA)

2016-10-16 20:39:15 | DIA
<script type="text/javascript">
function googleTranslateElementInit() {
new google.translate.TranslateElement({pageLanguage: 'ja', layout: google.translate.TranslateElement.InlineLayout.HORIZONTAL, gaTrack: true, gaId: 'UA-78908602-1'}, 'google_translate_element');
}
</script><script type="text/javascript" src="//translate.google.com/translate_a/element.js?cb=googleTranslateElementInit"></script>






“3ヶ月で16kg減量”DIA チェヨン、ダイエットで手に入れた美貌をアピール




チェヨンは「プロデュース101」最終11人の一人に選ばれた。7番目だった。
 厳しい競争を最後まで勝ち抜いてその座を射止めた。大したものなのだが、目はどうしても上位メンバーたちに行きがちとなる。
 当初、自分が注目してたのは上位3人、すなわち1位のチョン・ソミ、2位のキム・セジョン、3位のチョ・ユジョンといったところだった。
 特に歌の上手なセジョンに注目していた。
 ところがIOIとしてデビューしてきてステージなど見ていたら、パフォーマンス全体はそんなにそろって感じられなかったが、メンバーひとりひとりが強い魅力を放っていた。さすがだと思った。
 セジョン、ユジョン、チョンハ、ミナ、ヨンジョンなんかはすぐ人気出してきそうに見えた。
 ソミ、ソヒョ、チェヨンのパフォーマンスは目につかなかったわけではないが、まだピンときてなかったわけだった。

 IOIのデビューステージが終わり、セジョン、ミナが所属事務所からガールズグループ(GU9UDAN)を立ち上げた頃、ガールズグループDIAの路上パフォーマンスの動画がユーチューブに上がっていた。
 それを見始めたらチェヨンの姿があり、「On the road」のパフォーマンスが登場した。チェヨンがセンタービジュアルを務めていた。
 このパフォーマンスでのチェヨンの清潔感といったらなかった。すばらしかった。
 「プロデュース101」で最終メンバーに選ばれたのは当然だと思った。というか、この娘が上位にこなかったのはどうしてだったろう(?)、とさえ感じた。
 この日以降、ガールズグループ”DIA”とチームのセンターを務めるチェヨンは目が離せない存在となった。
 しかし、“第2のmiss A スジ”の評価まで出てきてるのは知らなかった。
 
 「プロデュース101」では7番目に過ぎなかったが、そこから出て今年もっともホットな存在となったのはチェヨンだったのだ。




<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-78908602-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');
ga('create', 'UA-XXXX-X');
ga('require', 'linkid');
ga('send', 'pageview');

</script>
google-site-verification: google3493cdb2db9edecf.html

『その他』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JYはKARAのあのジヨン(知英) | トップ |  最終ステージに向かう「I.O.I」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL