雨の記号

エッセイと小説のページです。
諫早日出緒

「SIGNAL」もチャートを席巻(TWICE)

2017-05-17 21:17:53 | 「TWICE」
<script type="text/javascript">
function googleTranslateElementInit() {
new google.translate.TranslateElement({pageLanguage: 'ja', layout: google.translate.TranslateElement.InlineLayout.HORIZONTAL, gaTrack: true, gaId: 'UA-78908602-1'}, 'google_translate_element');
}
</script><script type="text/javascript" src="//translate.google.com/translate_a/element.js?cb=googleTranslateElementInit"></script>





TWICE、新曲「SIGNAL」のMV再生回数が1000万回を突破!止まらない人気を証明




 TWICEは進化が続いている。ガールズグループではもう完全に一歩抜け出してしまった。
 新曲「SIGNAL」のMVがそれを証明している。

 音楽として「SIGNAL」は「KNOCK KNOCK」と対になってる感じがする。
 「KNOCK KNOCK」では子供っぽいTWICEたちが見られた。「SIGNAL」では逆に大人っぽいTWICEたちがいる。
 「KNOCK KNOCK」から「SIGNAL」制作までに流れた時間は精々数ヶ月。ところが「KNOCK KNOCK」と「SIGNAL」で動き回る彼女たちはずいぶん隔たった年齢世界を遊んでいる。
 演出が見事なのか、パク・チニョンの音楽マジックかは分からない。だが、変幻自在の世界を行き来するTWICEたちはすでに単なるアイドルではなくなってしまっている。
 「SIGNAL」のMVがラストに来た時、TWICEメンバーたちは全員がスター女優のようなオーラを放ちだしていた。
 
 このMVはTWICEたち主演のドラマ(映画)であり、アルバムタイトル曲「SIGNAL」は、むしろOSTの趣きと言ってよいだろう。あえてリズミカルな楽曲としないで、TWICEメンバーたちを引き立てる映像工夫が凝らされているのも心憎いばかりだ。

 童話、ファンタジーなど、あらゆる文芸カテゴリーを音楽として取り込み、昇華してしまうガールズグループ。
 今や彼女らは今までどのグループも歩まなかった音楽世界へ分け入っている。

 「SIGNAL」も各チャートを席巻しそうである。




<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','https://www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

ga('create', 'UA-78908602-1', 'auto');
ga('send', 'pageview');
ga('create', 'UA-XXXX-X');
ga('require', 'linkid');
ga('send', 'pageview');

</script>
google-site-verification: google3493cdb2db9edecf.html


『その他』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チョアとソリョンのAOA | トップ | 5月17日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (名無し)
2017-05-17 23:30:13
予想を外しまくったので、まず謝ります。

普通の男に恋をする→宇宙人でした。
横綱相撲→思いっきり立ち合いに変化しました。
ダンスは簡単になる→一番激しいダンスでした。

次に楽曲評価ですが、とにかくMVの力が大きくて正常な判断が下せない。
「TWICEは本当に可愛い」というのをまざまざと思い知らされる結果になりました。
耳と目が相反する印象を覚えながら、TWICE特有のいつもの多幸感は十分得られました。
「多分、三塁打」というとりあえずの結論は出しましたが、
これはランニングホームランやエンタイトルツーベースに変わるかも知れない含みを持たせて。
少なくともノクノク見終わった時の完全勝利(「やってやった」)感は得られなかったです。
しかし「三塁打も見たかった」という雰囲気にはなりました(笑)。
多分、アルバム曲の「eye・eye・eyes」の方が既成路線でメンバー作詞の話題性含めて八方丸く収まったと思うんですが。
JYPは自分の仕事しただけなのに、ちょっと叩かれて可哀相ですね。
Unknown (諫早)
2017-05-19 05:23:28
 「三塁打」というのは妥当な表現かも…(笑)
 記録はいろいろあった方がいいです。サイクル安打やるのにキーとなるのは「三塁打」ですからね。イメージは大切、これでTWICEは「すばしっこさ」も証明した(ステージにも出てる→笑)。)
 こじつけはさておき、「KNOCK KNOCK」に比べ、ステージパフォーマンスはちょっと弱い、というのが自分の感想です。
 「KNOCK KNOCK」は楽曲とステージパフォーマンスの相性がすごくよかった。ピタッと決まってた。
 その点、「Signal は物足りない。忙しいダンスなので、MVにあった少しの間合いを導入しライブステージでも何かほしかったですね。
 その間合いでメンバーたちのゆったりめパフォーマンスが入ってくれればよかったかな~と…ファンはステージのTWICEたちをただ見ていたい、ってくらいに今はなってます。(ゆったりめパフォーマンスで、個々が能力(スタンド)使う場面など入れたりしたらユーモラスでほっこり感が出たりしたかと”笑”)
 「Signal」につながる付録パフォーマンスというようなもの…一例ですが、指先と指先を触れ合わす”ETパフォーマンス”みたいな何かですね(笑)。
 このステージだと「エンタイトル二塁打」になってしまうかもしれませんねえ~…。杞憂であってほしいものです。
Unknown (名無し)
2017-05-19 17:35:26
確かに振り付けに超能力設定は全く反映されてませんね(笑)。
TWICEのそこら辺の頓着の無さは、ウワハゲの「この子達ゾンビ怖がってないのに何でゾンビ設定にしたの?」以来、変わってないです。
振り付けのアドリブ余地については確かにノクノクは有りまくりで楽しかったですね。
究極的にはBigBangの「きちんと踊るのはダンス練習動画のみで、あとは一切自由」みたいになるのがグループダンスの理想なんでしょうか。

signalに関しては意外にサビの4段階ハートがやってみると面白い(やりましたよ、ええ)のとサビが日本語に馴染みやすい気がして、
今、ボールがどんどん外野最深部にまで転がってる状況なので、ひょっとしたらランニングホームランな気もしてきました。
「シグナルそしーん、シグナルそしーん、ピッピッピッピッ。シグナルじゅしーん、シグナルじゅしーん、しーてーくーれーなーいー」
とか勝手に訳付けて「うん。歌いやすい」と一人悦に入ってます。アホか(笑)。
ただやっぱりラストがちょっとクールダウンして終わるのが気になるんですよね。
わりとのっぺりした作りなので最後は跳ねて終わって欲しかったのが正直な所。
Unknown (諫早)
2017-05-19 19:51:56
★BigBangの「きちんと踊るのはダンス練習動画のみで、あとは一切自由」みたいになるのがグループダンスの理想なんでしょうか。
 手作り重視で役の上がりを競うか、勝負の早いありありルールか…マージャンだと好みは分かれますね…。自分はどっちも好きだけど、そのせいか弱くて投資だけで終わってしまいましたが…やっぱり中途半端はいけません…(笑)。
 BigBangはダンスを自由にやって人気取った感はありますね。彼らは「ダンス下手」という人がいるけど、人気出ちゃってるんだからどうしようもありません。
 TWICEもそのうち自分たちで曲をつくり、ダンスを振り付けし、自前で演出が出来るようになれば、ダンスの崩しもやれるようになるかもしれません。1から10まで教えをほどこされた楽曲やダンスでそれはできないでしょうから…。
 ダヒョン(作曲)、ジヒョ(作詞)、モモ(ダンス振り付け)あたりで何とか1曲期待したいもんです(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL