ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

御神馬:鹽竈神社

2009年02月10日 19時04分18秒 | 塩竈の散歩道
 鹽竈神社の御神馬

御神馬とは 

御神馬とは神のお使いであり幸福をもたらす瑞相の馬とされ、神の乗用に共する馬です。
神社に奉納した馬を総称します。
鹽竈神社の御神馬の歴史は古く、多賀城が開府した頃からと伝えられます。
何度か鹽竃神社について書いていますが、その起源はハッキリしていません。
歴史的な考察からすると、多賀城との絡みがあり密接な関係にあると思います。
まぁ、私の説ですが・・・・
御神馬に関する記録がハッキリ現れるのは、文和5年の古文書とあります。
・・・・文和5年はたぶん延文元年では無いかと?
そうであれば、1356年になります。


鹽竈神社の御神馬には、条件があります。
白の七文の瑞相をもち乗馬、挽馬に使用したことのない、清浄な馬で、二歳馬の時奉納されるとあります。
この習わしは、仙台藩四代藩主伊達綱村公が、古例を復して御神馬を奉納してから習わしとなったようです。




近づいて見て見ると・・・・



遅かった・・・・
金龍号は、昨年12月14日馬齢28歳(人間にすれば112歳)を以ってその役目を終えたようです。

昔は、御神馬も年を取りますと、老後の余生は、馬放島に放され最期を迎えたのです。
昔は、馬が沢山居ましたから、そのように出来たのでしょう。
今は代わりの馬が・・・それも条件付きですからね。


多門山から見た馬放島
枝で見難いのですが、ご了承下さい。 七ヶ浜町の代ヶ崎浜からは、目の前に見えるのですが、撮り合えず、以前撮ったもので・・・・


さて、金龍号・・・実は、元気な頃の写真があります。

携帯で撮ったものですがご了承下さい。

この金龍号、昭和54年5月11日、宮城県鳴子町川渡、高橋幸雄氏生産。
鼻筋・下唇・尾尻・計、七白文があったそうです。








去年の写真ですが、この頃は人参を喜んで食べていたのに・・・

アルバムを見ていたら1981年の写真が出てきました。昭和56年になりますから、塩釜神社に来て翌年になりますね。





娘と・・・





『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 笹かまぼこのアレンジ料理 | トップ | Christian The Lion 日本語... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (桃源児)
2009-02-10 19:55:43
金龍号、112歳ですか、長生きしましたね。
最後は自由に生きさせたかったのでしょうけれど、代わりの馬がいないとそういうことも出来ない。可哀想な気もしてしまいます。
それにしても、美味しそうな団子の写真です。
桃源児さんへ (ひー)
2009-02-10 20:15:01
早々お出まし、ありがとうございます。
御神馬の話しをしようと思いながら、1年が経ちました。
もう一つ、この神社の天然記念物の桜を採り上げてません。
今年の春ですね。
あの~ (モコ)
2009-02-10 20:38:28
手に持っている
三色の団子の方が気になりますねん
あんこにゴマと醤油のあんかけ・・
Unknown (ほでなすいっく)
2009-02-10 20:46:26
団子が超気になるんですけど
絵に描いた餅ならぬ団子…

御神馬28歳なら長生きですよね
条件に合うお馬さんが誕生するまで、厩は空いたままなんでしょうね

モコさんへ (ひー)
2009-02-10 20:50:07
ひーは、醤油・・みたらしが好きですねん。

ゴマも・・・
いっくさんへ (ひー)
2009-02-10 20:53:40
んだっちゃね~
空家は寂しいね。
普通の馬にペンキで白く七つの文をつけっぺが?
お晩です (あーさん)
2009-02-10 20:54:19
神馬の条件、納得できます。

狛様、戦闘タイプですね。
東北本部長はん、エエ仕事したはりまっせぇ♪
あーさんへ (ひー)
2009-02-10 21:01:39
お恥ずかしゅうございます。
これからは、チェックしながら写真撮ります。
面白いのが見つかればと思いますが・・・
お~ (維真尽(^^))
2009-02-10 22:12:41
狛犬ロ~ド 始まりましたね (^^♪
ひ~さん風 
期待してま~す (^_-)~☆
いーさんへ (ひー)
2009-02-10 23:46:54
お挽です。
まぁ、慌てないでのんびりやります。
たまに覗いてください。
我が家に神主さんの掛け軸があるぞー (クロンシュタット)
2009-02-11 06:32:12
団子はあそこのお茶屋さんのですねー。

金龍号には人参(100円でしたっけ?)をあげました。その前の代(前の前?)の御神馬にも。
そういえば「神龍社」があまりに立派な建物なので、拝殿と間違えてお参りしたところ、御神馬がぬっと顔を出してきて腰を抜かした観光客を、少なくとも3人は見たことがあります。

多門山からの景色は、三小の遠足以来です。ちょっとばかし登りがきつかったような記憶があります。

里心が深まり、たまらんぞー。
クロンシュタットさんへ (ひー)
2009-02-11 08:35:05
確かに観光客は驚くかも・・
新しい御神馬は見つかるのか・・・心配です。
塩釜は逃げませんから・・・いつでも帰ってきてください。
おだんご~ (ぱるえ)
2009-02-11 12:41:24
三色だんごにはふられっ放しで~す。
塩竈さまに行く度に売り切れてたり、お店が閉まってたり…
次回はご縁がありますように♪

狛ちゃん 楽しみにしてます
私もめんこいのに出逢ったら写真撮っておきますね!
ぱるえさんへ (ひー)
2009-02-11 18:46:03
寒い時期は、閉まってますね。
団子の写真は、以前のものです。
次は桜が咲いてからですね。
金龍号最後の夏に (酔漢です )
2009-02-12 08:35:06
息子二人を連れて塩竈神社へ散歩をしました。
おりました!久しぶりに生馬?が見えましたので、早速行って見ました。
側に人参などおいてあって、木のヘラで餌をやるようになってました。
こわごわした手で、次男が餌をやろうとしていると金龍号が喜んで(だように見えました)食べていました。
馬がいないのは、さみしいものです。
ところで、代ケ崎へは、投げ釣に行きました。
丁度、馬放島の正面はいいポイントで、場所の取り合いになってました。
一度、石ガレイの36cmを上げました。
外道かもしれませんが、赤エイも釣ったことがあります。これには本当にビビリました。
そうだ「おさんこ茶屋」です。夏に帰省しますと「ずんだ餅」を食べに行きます。
神社内の「三色だんご」もいいのですが、笹かまぼこつきこんにゃく味噌おでんにそそられるのでした。
酔漢さんへ (ひー)
2009-02-12 10:21:56
昨日古いアルバムを見てたら、金龍号の写真がボロボロ…

写真を追加しました。
おさんこ茶屋の団子をはずしてしまいました。

代ヶ崎のあのポイントは、釣りに行ったことがあります。
馬放し島との間を船が行き来してました。
投げたらぶつかりそうな感じでしたね。
思い出はつのるばかりです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。