ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

八幡の地蔵

2015年04月03日 21時55分08秒 | 多賀城の散歩道
TVでは、もっぱら桜の話題で賑わってますね。
暖かくなったり、冷え込んだり・・・服装に迷うこの頃です。

再度、このブログをメインに書き込むことにしました。
よろしくお願いします。

あったかいんだから~~!!
というわけで、先日スマホの裏蓋が壊れて、カミさんのスマホと一緒に機種変更しました。
その帰り、ぶらぶらと歩きながら自宅まで帰りました。

八幡(やわた)を通り・・・そうそうここの石仏はまだ紹介した事が無かったのでカメラに収めて着ました。



いつからあるのが私には不明ですが、多賀城の市史には辻に並ぶ石仏と紹介されています。
江戸時代からこの通りは仙台方面の福田町から笠神・鹽竈に向かう通りがあったのでしょう。

末の松山(歌枕の地)も近くにありますからね。 昔の街道は狭かったですからね。
奥の細道と言いますが、本当に細い道だったことでしょう。
東海道にしてもやはり広いわけではなかったようです。 当時の参勤交代に使われた道も広かったわけではありません。
山も川も苦労して旅をしたはずです。







ここに集まった石仏は、それぞれ開発か何かで集められたものでしょう。

ここを後に、多賀城駅の方へ・・・

砂押川です。



震災の時はこの川を隔てて、海側は地獄でした。 津波もこの川を遡上しました。
河口付近にあったと思われる。ボートはこの川上まで流され、自衛隊付近では堤防が決壊し付近は水害に遭いました。

子供の頃は、この先で船を漕ぎ遊んだものです。



こちらは多賀城駅が左に見えます。 現在マンションの工事が進んでいます。 駅前にマンションですか?
住む人には便利ですが、駅前の一等地がマンションとはちょっと残念です。

多賀城市は仙台のベットタウンであるともいえます。 そんな意味では仕方がないんでしょう。
市の財政も頻拍しているようですからね。
この多賀城が現代になっても繁華街ができないのは、駅前に川があるからだと昔から思っています。
それでいいのかもしれませんが・・・・

この先に子供の頃から中学まで住んでいました。
土手で釣りをしていて川に落ちたこともありました。 引き潮の時はスコップを持って川でゴカイ(釣りの餌)を取り、近くの釣り具店のおじいさんに一合30円?だったか10円だったか? 買ってもらいました。
土手を歩く釣り人も売ってくれときたものです。 ミミズも堆肥の中から探して売ったものです。
でも楽しかったですよ。


高度成長期、多賀城は桜木にある工場地帯のおかげで財政は豊でした、私の記憶の中では、東北造船(鹽竈市)が衰退したころから影響があったような気がします。 これは私のイメージです。
造船業が衰えると鉄鋼業が大きなダメージを受けます。
将棋倒しのように不況が迫って来たような気がします。

ここ多賀城には海軍工廠がありました。 関係ない話ですが、いずれこれも記事にしたいと思います。
何を造っていたか?? わかりやすいところではゼロ戦の機銃20ミリ砲も造っていたようです。
それはいずれ・・・・。

市役所の駐車場の敷地にこれがあります。





そうです空間放射線量を測定するもです。
あの震災以降に建てられました。 いつも0.03マイクロシーベルトを表示しています。
しかし、これはあくまでも空間です。

近くの公園の枯葉の下にカウンターを入れるととてつもない数値を表します。 
やばいですよ。

このまま北に進むと東北学院大学のキャンパスがあります。
ここの桜も見事に咲きます。
今はまだつぼみでした。


間もなく満開になる事でしょう。長い冬が終わろうとしています。


この消火栓・・・ズーッと昔からありました。僕の人生より長いでしょう。

空には多数の飛行機雲・・・ケムトレイルという言い方もあるようですが・・・



庭の花々も先はじめました。 仙台もやっと開花宣言されたようです。
新年度もはじまりましたね。





『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« のとじま水族館 | トップ | 皆既月食 2015/04/04 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お晩です (雨漏り書斎主人)
2015-04-03 22:19:59
こちらで再開
詢に重畳に「存じます ♪

また ジモティネタ を読ませていただきますネ

家人Tが 一昨年秋 軽井沢で呆れ巣県を断裂して以来
拙ブログも不定更新になっていますぅ

改めまして ヨロピク~です
散歩楽しんでます! (酔漢です)
2015-04-04 04:53:32
朝に時間が作れるので、塩竈様へは、ほぼ毎日通うようになっております。
通勤の途中は寄り道ばかりで、浜周辺をうろついてから仕事に就きます。
首都圏の満員電車に乗っていた時間と同じなのが不思議な感じもいたします。
「くだまき」が「散歩道」になって来ました(^_^;)
アキレス・・・ (雨漏り書斎主人さんへ)
2015-04-04 09:23:32
出先での怪我は大変ですね。
治ったらリハビリも必要なんですかね?
お大事にしてくださいです。
酔漢さんへ (ひー)
2015-04-04 09:31:16
しおがまさまのカンザクラは満開だと先日TVでみました。
ソメイヨシノや鹽竈桜。夜桜も楽しみですね。
満員電車からはしばらく解放されますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。