ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

八幡神社/利府町 「流れ八幡」 「泥八幡」

2009年08月26日 19時00分00秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
八幡神社

「流れ八幡」や「泥八幡」とも呼ばれていました。
この神社は、江戸時代の文献や古文書には記載がないようです。
しかし、その由縁は民間の伝承でわかったようです。
それは、大昔ののこと、
陸奥国に大地震があって、大津波に流されて来た八幡村(現多賀城市)の八幡様の御神体をおまつりしているという。
この大地震は、家にある本の中にあったような気がしますので、見つけたら記事にします。
今の多賀城市の古老の人々は、この宮を「泥八幡」といい、利府では「流れ八幡」といっているそうです。
祭神は、大鞆別命(おおともわけのみこと)とされています。
また、加瀬の小林主膳の遠い先祖の方が先程の大津波の時に加瀬一本杉のあたりで御神体を泥から取り上げ、「流れ八幡」としてお祀りしていましたが、いつの頃からか利府の人々の協同の祭典になったそうです。
この伝承に出てくる八幡様が多賀城の八幡神社であれば、大昔には沖の井八幡宮と呼ばれ、鎌倉時代の建保年間(1213~18)に多賀城市八幡に移されたものです。
現在の宮は江戸時代の文化11年に肝入・検断佐々木春泰によって造られました。
しかし、何時の頃からか「流れ八幡」の御神体は無くなったそうです。


多賀城/八幡神社の記事




石碑と云うのかこの出羽三山の石碑は宮城の街道筋や神社には、必ずと言っていいほどありますね。
三山講は山形の人より宮城県の人の方が多いと聞いたことがあります。





いたよ~立派な狛犬が・・・・   ニッ!!





なかなかいい感じ!


バリバリの昭和生まれです。





前足も後ろ足も太くて強健な感じですね。

拝殿は古い感じですね。まぁ、一般的・・・


『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水車のある街/一迫町 (現:... | トップ | 須賀神社/東松島市(旧矢本町) »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お晩です (あーさん)
2009-08-26 19:53:34
狛犬aが子取り、bが玉取り に分かれているのは珍しいですね♪

東北本部長の良い仕事です♪
あーさんへ (ひー)
2009-08-26 20:21:06
そこを見てましたか~
最近法則が無いように思えて気にしなくなりましたが、今だったら間に合うので、統計を取ることにします。
昨日、茶系に塗られたと思う小さな狛犬を見つけました。シーサーかと思いましたよ。
Unknown (ほでなすいっく)
2009-08-26 21:42:24
石巻にも湯殿山神社と羽黒山神社がありますよ
羽黒山には厄払いで行った翌日にからひどい風邪をひいたって思い出が…

あら
この狛ちゃん、オイと同世代
蝉取りの (維真尽(^^))
2009-08-26 21:46:32
少年がいいです~ね (^^♪

いまでも~
昆虫採集~する子がいるんですね (^_-)~☆
いっくさんへ (ひー)
2009-08-27 00:37:24
出羽三山、昔は女人禁制だったからやきもち焼いたのかも?
確かその湯殿山を祀ってる神社の人と出羽三山講の人達を連れて羽黒山や湯殿山に泊まりました。大変でしたよ。
いーさんへ (ひー)
2009-08-27 00:42:12
子供達がいましたね。
大人になったら、あの神社の境内で遊んだっけ…って思いだすのかも?
Unknown (桃源児)
2009-08-27 12:45:04
流れてきた八幡様ですか。普通は応神天皇、神宮皇后、比売大神が祭神ですが、ここは違うんですね。
狛さま、本当に笑っております。
桃源児さんへ (ひー)
2009-08-27 14:16:48
そのようですね。由緒しかわからず、祀ってある祭神は一神しかわかりません。
普通なら三神程祀られるのが殆どですからね。
もしか、したら普通の八幡様に+大鞆別命かも? 町でも知らないのかも知れません。
不思議です。 (ミモザ)
2009-08-27 15:52:06
こんにちは~♪
八幡宮の事を多賀城と利府では呼び方が
違うのも不思議な気がしました。

狛ちゃんは昭和生まれだったのですね。
子取り、玉取りそれぞれに可愛いですね。
ミモザさんへ (ひー)
2009-08-27 23:19:35
どちらも「はちまん」ですが、多賀城の「やわた」は地名です。
元々は人の名前かも?色んな本を見てるとどれに書いてあったか忘れてしまいます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。