ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

平泉 (中尊寺・金色堂)

2008年02月10日 21時18分49秒 | 岩手県の散歩道
参道を登って行くと沢山のお堂があります。

八幡堂・弁慶堂・薬師堂・地蔵堂・峰薬師堂・不動堂・大日堂・鐘堂・阿弥陀堂・弁財天堂・
釈迦堂・経蔵・旧覆堂など

代表して今回は弁慶堂を




右手の木立が開けると 展望台になっている。
束稲山(たばしねやま)を見ていただきたい。



聞きもせず 束稲山の櫻花 吉野のほかに かかるべしとは
                                                  西行

束稲山に桜の木を一万本植えたといわれる桜の名所でした。
藤原三代のころは、見事な花が山々を彩っていたことでしょう。
後に焼けてしまいました。
吉野の山の桜は有名ですが、まさかこのみちのくにもあるとは思いもしなかったことでしょう。




チョット拡大しました。  お気づきでしょうか
大文字焼きのところに残雪があり、大の字が見やすくなってます。

藤原の時代は人口10万を越していたといいます。
きっと京の都につぐ人口では

それと同時に、都への憧れもあったのだと思います。

毛越寺や観自在王院の他に、無量光院(10円玉の宇治の平等院と瓜二つです。ちょっと小さめ)、柳之御所、伽羅御所などの跡地があり貴重な考古資料が出土してます。

これだけ見ても、京の都をまねた街づくりが創造できます。

前九年・後三年の役・衣川の古戦場跡




弁慶は写真右よりで、幾本もの矢を受けて立ち往生した所です。


中尊寺本堂
意外と観光客は、金色堂は見ても本堂を参拝しない人が多いのです。
天台宗の総本山です。
瀬戸内寂聴さんは、今東光和尚の導きにより、ここ中尊寺で得度(剃髪し出家)してますね。







良くパンフに載る『金色堂』の覆い堂です。
写真はいずれ不可ですので中に入りませんでした。何度も見てますので。
次の機会に詳しい話をしたいと思います。
藤原三代のミイラと四代の頭が安置されています。
金箔に覆われ貝などで装飾されています。補修工事は大変だったようです。

現在の覆い堂



旧覆い堂




さあ、雪でここまでしか見れないので、暖かくなったらまた来ましょう。
おや芭蕉さんが・・・



三代の栄耀一睡の中にして、大門の跡は一里こなたに有。秀衡が跡は田野に成て、金鶏山のみ形を残す。先高館にのぼれば、北上川南部より流るゝ大河也。(中略)「国破れて山河あり、城春にして草青みたり」と笠打敷て時のうつるまで泪を落し待りぬ。
 
 夏草や  兵共が 夢の跡 
芭蕉は高館(たかだち)にて呼んだものです。
高館とは、義経の住んでた家があったところです。 今は義経堂(ぎけいどう)があります。


弁財天堂




隣の町は前沢です。
そうです前沢と言えば、前沢牛です。
うっかりステーキ(200g)を注文しようとしたら・・・¥15.000でした。
なので、牛刺¥1.500にしました。   量は少ないですが・・・ 地元でしか食べれませんからね。    満足満足・・・・








『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平 泉(毛越寺・観自在王院跡) | トップ | コレクション・PLAYIN... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。