ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

塩釜水産物仲卸市場

2008年12月30日 16時53分22秒 | 塩竈の散歩道
港には漁船が長旅の疲れを癒していた・・・




これは水産庁の船


バスストップ  昭和33年頃
右側のバス停の表示を見ていただきたい。
「塩釜交通のりば」らしい、これは1962年、塩釜交通・仙台鉄道・古川交通が合併して出来た「宮城バス」今の宮城交通の前進です。
「魚市場前」の標識に右が尾島町、左が警察署前と書いてありますね。


PS:丹治さんの前回の記事で気づいたのですが、実はこの写真を見て不思議に思ってました。地元の人ならわかると思うのですが、バス停に表示している、警察署と尾島町の方角が対称にあると言うことは、今の市場では方角がおかしいのです。
このバス停を今のマリンゲートに置けば尾島町と警察署の方角が一致します。
丹治さんのおかげです。ありがとうございます。




現在の仲卸市場に一番近いバス亭です。

それでは、中に入りましょう。
気分は、築地を見学する外国人!
「かぁちゃん!おいでいがねでけろ~」


なんだもねぇ人だかり・・・


中には367店舗が入ってます。
「ほれ、かぁちゃん! マグロだ!」



「お~さばいった~」

塩釜港は生マグロ日本一の水揚げです。
お寿司屋さんも人口に対する店舗の数が日本一だったかと

「なめた」は、仙台のお正月には欠かせません。
当然、今は値が上がってますので、我が家では、安いうちに買って冷凍してます。普通は午前中ですが、今は30日まで無休で午後3時までやってます。
店が閉まり頃は、がっちり値引きするのがコツです。










魚だけだと思うでしょ



「かぁちゃん!牡蠣買ってかえっぺ!」



いつも写真多くてすみません。 「ありがとうございました」



『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 塩竈湾:千賀の浦/昭和22... | トップ | 皆さんの家の餅は? そして... »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (桃源児)
2008-12-30 17:00:48
わかりにくいバス停ですね。旅行者は迷ったかもしれません。
市場に人が多いのは、年末だからでしょうか?それともいつもなのかなあ。
なめた、これはどういう魚でしょう。ヒラメみたいな魚でしょうか。
桃源児さんへ (ひー)
2008-12-30 17:34:14
お早いですね。明日は仕事でいつもの泊まりですから、年末の年始の記事を書き終えたところです。
なめた鰈=ひらめですね。
この市場は、これほどまでではありませんが、いつも混んでますよ。
普通は結構まけてくれます。
バス停ももう少しハッキリ見えればわかるのですが、ゴタゴタとしていてホントにわかりにくいですね。
まぁ、この頃は観光客はいなかったでしょうから。
昭和40年代の始めまで (ぐずら)
2008-12-30 19:35:34
塩竈警察署は今の七十七銀行のところ、石造りでアールデコ調の建物だったっけ、
残しとけば名所になったかも・・・
魚市場は、丹治さんのいうとおりマリンゲートのところ
だから、昭和33年の「魚市場前」は今の「観光桟橋入口」、
「警察署前」は「商工会議所前」のことだね

ちなみに昭和の始め頃には稲荷山から東は尾島ヶ崎という岬で、
今の尾島町通りのところに隧道が通ってて、
隧道を南に抜けたR45の辺りが砂浜だったそうだ。
んだがら、45号線て
尾島町ばぐるっと巡ってるんだっちゃなぁ~
ぐずらさんへ (ひー)
2008-12-30 20:10:08
あっ!んだんだ!思い出した。
七十七の前は警察署だったかも・・・うっすら記憶があります。
隧道はわがんねけど。塩竃の図書館は市民だけだっちゃね。県の図書館に行って調べでみっかな。
江戸時代の絵図は、東北歴史博物館で鳥瞰図をゲットしてます。
でも塩竃神社や松島のだけですが。
行ってみた~いっ (ぱるえ)
2008-12-30 20:38:05
まだ行ったことないです!
お肉も売ってるんですね~ 意外だっ
やっぱり年の瀬、賑わってますね
ぱるえさんへ (ひー)
2008-12-30 20:44:06
え! 行ったことないんですか?
それは、宮城郡の中では、非国民と言われますよ。
あのお肉やさんで肉まん蒸かしてました。帰りに食いながら帰ったよ。
普通は午前中だけです。
明日は休みだから、来年落ち着いたら言ってみてください。
Unknown (はー)
2008-12-30 22:00:06
UP待ってました!
塩釜港は生マグロ日本一の水揚げ!
出羽三山の次の東北旅行~
これで決まりで~す!
つれあいはマグロ大好き~
「なめた」
仙台ではお正月どのようにして
召し上がるのでしょう?
はーさんへ (ひー)
2008-12-30 22:09:28
煮付けですよ・・・我が家は・・・
はーさん、出羽三山も東北の一部ですよ。
息子もマグロ好きで寿司屋ではマグロしか食べません。
早くお雑煮食べたいです。
仙台は、ハゼを出汁にするのが一般的ですが、家は違うと思います。
誰もが思うのでしょうが我が家の雑煮が一番美味しいと感じます。
不思議ですね。
こんご~ (維真尽(^^))
2008-12-30 22:28:14
まぐろ~
庶民の口に入るんでしょ~かね (^^ゞ

世界各地で人気になっちゃって...(^_-)-☆
維真尽さんへ (ひー)
2008-12-30 22:40:28
最近マグロの養殖に成功したとか・・・
でもどう考えても足りないですよね。
お金を気にせず、大トロを食って見たいです。
お晩です (あーさん)
2008-12-31 00:36:22
golden pig きゃわゆいぃ ですね♪
なんだか豚肉食べるの 気が引ける ww
語りますれば長くなります故 (酔漢です )
2008-12-31 00:42:35
バス停はおそらく今の「しらはた」(お鮨屋さん→すし哲のお兄さんの方)の前。ですから市場へは、その道路正面のバス停から出ました。
このバス停あkらは花渕方面へ行きもありまして、(仙台行きもありました)本当に良く使いました。バスが発車しますとすぐ踏み切り。
ボンネットバスから蒸気機関車をみておりました幼年時の酔漢です。
仲卸市場。近海ものなら「遠藤水産」(以前自身のブログで写真を掲載しております)魚卵なら「佐藤さんち」今幼稚園の同窓生が主です。
塩鮭は酔漢父の従兄弟のところで買います。

母と買い物。台車がひっきりなしに往来してました。夏、帰省しますと必ず立ち寄りますが、あやしいお店があるのも事実です。
そしてもう一つ、地方卸売市場法なる法律がございまして、この仲卸市場も例外ではございません。消費目的の売買は原則禁止されております。が、そこは文化。仙台の初売りが、独占禁止法に触れる?というお上には、「頭かてぇのっしゃ」で笑ってやりませう!塩竈市場もそうでしょうネ!
それにしても、船の数が少ないです。
さんま船が岩壁に付けず、順番待ち。
あおの頃の風景が忘れられません。
Unknown (ミモザ)
2008-12-31 07:29:38
お早う御座います~♪
塩釜水産物仲卸市場にはまだ入った事がありませんが、
さすが、中に入るといろいろ売られていますね。
豚肉があるのにはビックリしました。
今年1年ブログ友として、いろいろ教えて頂き有難う御座いました
あーさんへ (ひー)
2008-12-31 08:37:08
金豚! やはり、魚の中に豚は目立ちますね。
この店で、肉まん買いました。
まさか中国製だったりしてwww
酔漢さんへ (ひー)
2008-12-31 08:48:48
すし哲さんか~
つじつまあいますね。
今出勤中なので、帰ったら検証してみます。
続きは後程!
ミモザさんへ (ひー)
2008-12-31 11:16:44
こちらこそ、ありがとうございます。
来年もお世話になります。
この市場には観光客も来ます。毎年暮れにはニュースにも流れますが、昨日も流れていたようです。
いえいえ、どういたしまして・・・ (丹治)
2008-12-31 15:02:10
ひーさんへ

本人はまったく気づいておりませんでした。
それよりも遊覧船発着所の白黒写真です。きっちりと貼り紙がしてありますね。「代ヶ崎花渕吉田浜行き乗り場」って。小学校にはるか入らないかの頃、伯母に連れられて代ヶ崎から船に乗った記憶があるのです。当時のことですから、もちろん木造でキャビンは一階だけでした。

いつの頃からか七ヶ浜方面の航路がなくなってしまい、その航路があったかどうかさえ定かでなくなってしまいました。それが前回の写真で「確かにあったのだ」という確信を得ることができました。ひーさん、有難うございます。

小生の何年か上まで、三小の五年だか六年の春の遠足(秋だったでしょうか)は代ヶ崎の火力発電所見学だったと思います(クロンシュタットさんの時はいかがでしたか?)。

さて、魚市場に限らず、市場は冷やかすだけでも楽しいですね。仕事が早く終る時は、贖罪の買出しを兼ねて仙台朝市に行きます。「市場」にはスーパーにはない何かがありますよね(すいかんさん、ごめんなさい)。

塩竈の魚市場は、港を挟んで対岸。行くとなると、ちょっとした決心が必要です。東京に射る弟夫婦が帰省すると買い物に行きます。今度、一回行ってみようかな・・・鯨なんか、あるといいんだけど・・・

ところでひーさん、魚市場の中(だか近く)に安くてウマイ寿司屋があるということを耳にするのですが、ご存じありませんか?
丹治さんへ (ひー)
2008-12-31 17:29:10
寿司屋ですか~
私が塩釜の人に連れて行かれたのは「大入」さんだったかなぁ…? 最近「すし哲」さんの方が人気なようで、TV番組にも出ていたような。
船の話しですが、やはり地元の人は足としと利用していたのですね。
あの建物はボンヤリと覚えています。
っていうか、マリンゲートが建つまであったような…
なかなか、塩竈の古い写真が無く、探してます。
仙石の踏切の写真は見ましたよね?
ウニちゃん最高! (クロンシュタット)
2008-12-31 21:52:01
市場のすぐそばにある寿司屋は、えーと店名を失念してしまいましたが、確か不定期に休むお店ですよね。父親がなじみでして、帰省すると必ずそこから出前を取って宴会です。やたらとうまい寿司でして、東京に戻ると、当分お刺身は買いたくなくなります。ウニちゃん最高す!

仲卸市場にしろ魚市場にしろ、TVの取材があると、出たがりの父親が必ず映りこんでいました。メインの取材対象のバックに回り込むのが得意なようでして。でも、とうとう父親一人でもって全国放送されたことがあります。徳光さんの時代のズームイン朝でした。ノリノリで「ズームイン!」もやらかしてくれました。

仲卸市場に移りそこなった?水産業者の「闇市場」は健在なのでしょうか?宮城バスの時代の昔の塩竃のにおいが残っていた場所です。薄汚れていて荒々しくて、でも活気に満ちていた塩竃です。魚屋の店頭で串刺しにして魚を焼いておりました。大きなカレイが程よく焼け、10円とか30円とかの値段で買うことが出来ました。

三小の遠足は春がバスで秋が歩きだったでしたっけ?代ヶ崎までの往復を歩くのは本当に辛くて、今の時代では考えられない距離ですよね。
クロンシュタットさんへ (ひー)
2008-12-31 23:56:23
ミーハーな親父さんだったんですかねぇ……
闇市やってますよう~
今度取材に行ってきますよう。
あけましておめでとうございます (酔漢です )
2009-01-01 18:58:45
「市場」「築港」「本塩釜駅前」「お鮨屋さん」「さんま」「まぐろ」「くせぇぇぇ」
「船」「どぶ川?」「神社」「祭」
・・・・・・
「千賀浦」「磯山」「女郎山」


しおがま

今年も宜しくお願い申し上げます。
              酔漢拝
酔漢さんへ (ひー)
2009-01-01 19:21:47
今年もこの辺ウロウロしますよ。
まだまだ、紹介するところがありますので。

本年も宜しくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。