ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

七ヶ浜(菖蒲田・汐見台)画像 /東北地方大平洋沖地震

2011年03月17日 08時20分12秒 | 東日本大震災
この画像は同級生のぐずら君からの提供です。

一枚目は、汐見台の東側の画像だと思います。
どの写真も瓦礫の山です。
報道では、七ヶ浜や塩釜そして多賀城又は野蒜・松島・などの 映像が出てきません。
TV見ているとわかるのですが、千体の死体が出てきても流石にゴロゴロ転がる死体をTVに流すわけはいかないのでしょう。



二枚目の写真は、菖蒲田地区のようです。
私の親戚も2軒あるのですが、流されてしまいました。
消息が分かりませんでしたが。避難が間に合い生存が昨日確認されました。
しかし、 大代に住んでる叔母さんは、どこかに避難のため連れて行かれたようで、消息不明です。




菖蒲田海水浴場です。
海の家じゃありませんよ。 引き波で持っていかれたのでしょうか?
子供の頃から、この海で遊んできたのです。
勿論子供達も連れていったものです。
昔の海に戻って欲しいものです。






汐見台の様子です。
並木が見えるのでここは、道路でしょう。
これを、一個一個片付けるのは気の遠くなる作業ですね。







これは菖蒲田地区から流れてきた家のようです。

たぶん、松ヶ浜・菖蒲田・花渕・代ヶ崎などは、壊滅的な被害でしょう。

被害に遭われた方にお見舞いなど申し上げます。

明日私も退院しますが、自宅の光ケーブルは復旧しておりません。

近くの川にはあるはずもない舟等が流れついています。










『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 避難所に限らす閉ざされる民... | トップ | 東北石油コンビナート炎上と... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
頑張れ!!東北 (しばてん)
2011-03-17 12:37:41
東北地方の皆さんへ!日本中いや、世界中の誰もが経験もしなかった巨大地震とそれに伴う巨大な津波に遭われた皆様方にお見舞いを申し上げます。
不幸にもお亡くなりになられた多くの皆様のご冥福とお悔やみを申し上げます。
あの、悲惨な戦後の復興を成し遂げた日本です、必ずや立ち直る事が出来ますので希望と勇気を持って明日に向かって頑張って下さい。
一億三千万の国民があなた方を見捨てはしません。
しばてんさんへ (ひー )
2011-03-17 15:16:42
温かいコメントありがとうございます。

先日外出した時、 人々は放浪者のようにさまよって ました。
それは、食料や水を探して歩き回っているようです。
皆様の温かい声援が被災された方々に届くはずです。
東北人はじっと長い冬を 耐え、いざと言う時には 爆発する 根性を持っています。
きっと復興します。
見ていて下さい。
励ましのお言葉ありがとうございました。
連日の… (おゆん)
2011-03-17 18:20:07
報道で言葉も出ない毎日です。

さりとて私達に出来るのは節電と買い物を控える事くらいで歯がゆくも感じます。


被災された方々は住み慣れた地を離れるというのはお辛いでしょうが、可能ならば極力安全な首都圏から西に疎開してくるという選択肢もこれから視野に入れた方が衛生面から見ても良いのかもしれません。
そんな要請がこちらの市町村からあれば名乗り出るつもりです。

現状ではなかなかそういう体制を取る段階にないのでしょうが、上手く対応出来るようになると良いと思います。

原発などの不具合に落ち着かず報道も責め立てる内容が多いですが、世間知らずの私は許す心と感謝の気持ちがこれからの日本を更に豊かにする為に必要なのではと考えている所です。
お晩です (あーさん)
2011-03-17 22:04:45
TVで見る以上の惨状ですねぇ

僅かですが、色んな募金に応じています。

こちらでも生活物資が入手し難くなってますが、大方が被災地に行ってると思いたいです。

貴兄の病状や如何に?
自分の (維真尽(^^))
2011-03-17 22:55:10
遊んだ海の
惨状~
見るに耐えないと思います

少しづつ
前向きにあきらめず
必ず復興します

体調に気をつけて
無理をされませんように
あーさんへ (ひー)
2011-03-17 23:10:16
明日、朝食後退院します。その足で娘も退院し鶴岡へ転院します。
宮城県内は無理です。薬も底をついてきました。
病院食もそこをよるはご飯と肉団子2個にワカメだけです。
肉団子のおかずが3日続いています。
大学病院はおかずも無い状況です。
ガソリンは片道分は間に合いそうなので,帰りの分かは山形県で補給します。
店が開いているのはわずかで3時間ならんでもお菓子くらいしか買えません。
トイレの水は雨水をためました。

もう少しね辛抱ですね。
千葉も被害を受けていますが、あまり取り上げられませんね。
みんな辛いのに。
唖然!茫然自失! (酔漢です )
2011-03-18 06:11:21
報道されず、「一体どうなったんだろう」と思っておりました。
言葉がでません。
ここまでとは想像してませんでした。この写真が酔漢が得た最初の情報なのです。
菖蒲田海岸近くには知人がおりますし、ひーさま御存知のように花渕には本家他、多くの親類が在住です。
知りませんでした。遠縁ですが、亡くなられた親類一名の話は聞きましたが、はたしてどうでしょう。
4月末に予定していた父の一周忌法要も、中止いたします。
あまりの惨状です。
親父だったら何ていうのか。
「知らないでよかった」のかと、ふと思いました。
Unknown (ミー太郎)
2011-03-18 13:16:14
しばてん様に同感です。
何があっても、希望を捨てず頑張りましょう!
Unknown (桃源児)
2011-03-18 16:15:41
見ているだけでも胸が傷む光景です。
被害の甚大さ、復旧の大変さを思うと、言葉もありません。
酔漢さんへ (ひー)
2011-03-19 18:49:17
そうなんです。
一切報道の無い七ヶ浜です。

多賀城の八幡・・ジャスコ付近は500台以上も車が流れ着いていると聞きました。
明日行ければ、歩いて行ってみようかと・・・
ミー太郎さんへ (ひー)
2011-03-19 18:53:21
入って来る情報は悲惨な話ばかりです。

待つということは、大変です。

忍耐ですね
お晩です (あーさん)
2011-03-19 22:38:57
日曜日に退院ですか。
取り敢えずはヨカッタ ♪

でも、お嬢さんを連れて鶴岡へ。
ご無理されませぬやうに願います。
記事掲載の画像について (はちのき)
2016-03-11 08:31:28
はじめましてこんにちは。
私は東海地方で暮らしている者です。
私の知人が同じく東海地方で建設業を営んでおりまして、
七ヶ浜町に土地を借り受けて建設機材置いておりました。
七ヶ浜町が津波の被害を受けたことをテレビやネット確認できたものの、
具体的な報道はなされず、知人は機材がどうなったのかを確認することが出来ずにおりました。
そんな中、私がインターネット上にアップロードされた
画像から罹災状況を確認しようと試み、いち早く状況を
紹介されておりましたひー様のこの記事をお見かけし、知人にも確認してもらいました。
私と知人共々、菖蒲田浜の惨憺たる景象に言葉を失いましたが、
その中に機材の一部が映されていたことを発見し、
お陰さまで機材の回収着手への足がかりとなったようです。
長らくお礼を申し上げようと思っていたのですが、
人的被害甚大なる折、被災間もなくにこの様な私事を申し上げるのも憚られ、長らくの間ためらいを感じておりました。
誠に申し訳ございません。
知人はパソコンに不慣れでありますため、
知人の分も私より厚く御礼申し上げますとともに、
爾来幾度の窮状を乗り越えてこられました皆様におかれましては
幸多からん事を深くお祈り申し上げる次第でございます。
ぐずら様にも左様お伝えいただきますと幸いでございます。

長文失礼致しました。
はちのきさんへ (ひー)
2016-03-11 17:02:38
御丁寧にありがとうございます。
大変でしたね。この辺はなかなか足を踏み入れるのが大変で海岸沿いの家はすべて流されました。現在は高い堤防と新しい道路ができて菖蒲田周辺はすっかり変わってしまいました。
東海地方も将来が心配ですね。何も無ければ一番いいのですが。
五年前のことは詳細に記憶しております。ライフラインが生きるためにどれだけ大事か身に染みて感じました。
備えあれば・・・・です。難しいですけど。
ぐずら君にも伝えておきます。
どうぞお元気で・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。