ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

貞山運河(貞山掘)

2010年02月02日 19時30分57秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
貞山運河(貞山掘)

私が子供の頃は、伊達政宗の名前より、この貞山掘の方を先に知っていたような気がします。
勿論、由来も意味も知ることはありませんでした。 ただこの川は貞山掘なんだというだけのものでした。

この掘りは人工の掘りです。栗原や登米などで生産された米などは北上川を下り石巻から舟に載せ替え仙台に運ばれました。
江戸時代仙台藩にとっては、大切な水路だったのです。
それまでと言えば、民謡の「遠島甚句」の歌詞に『三十五反の 帆を巻き上げて 行くよ仙台 石巻』とあります。
つまり、海路を使っていたようです。 となれば、海が荒れた時は、出港できないわけですね。
そこで、伊達政宗の発案でこの堀を作る計画ができたのです。
運河が出来れば海は荒れても、資材や米を運ぶことが出来ますからね。

貞山掘は、塩竃の牛生(ぎゅう)を起点に、七ヶ浜、多賀城、名取、岩沼を通過し阿武隈川河口までの全長33.38kmの大規模な運河です。



石巻の北上川から松島湾までは、現在北上運河ですが、東名運河や野蒜運河とも呼ばれ、広義の意味で貞山運河の一部と言えるでしょう。

北上運河:石巻工業港付近


この流れが松島湾~塩竃湾を経由し貞山運河が始まります。

伊達政宗の晩年から二代忠宗の時代に開削されたものと推定されるのが、荒浜から名取川河口の閖上までの16キロで木挽掘と呼ばれる。
正保年間(1644~48)に作成された「奥州仙台領絵図」に描かれています。
また、寛文10年(1670)四代綱村の時に牛生~蒲生間が着工され1673年春に全長8kmの船入新堀が完成します。

閖上から蒲生間の10kmは、明治5年に知行のない卒族が原野を開削し既成水路を利用し短期間で完成させた。
さらに野蒜築港にともなう6大工事の一つとして、既成運河の拡大と新運河の開削が行われ1885年に塩竃~荒浜が全通したのです。
伊達政宗の法名(贈名)の貞山が命名されたわけです。

城下町仙台に運ばれるルートは、御舟入掘(大代ー蒲生)と御舟曳掘(蒲生ー苦竹)の二つの水路がありました。
蒲生で荷が降ろされ、小さい曳き舟で苦竹に運ばれたといわれています。

それでは工事をやった人は誰でしょう??
鹽竃神社に工事が無事終了するように「願文」が挙げられていました。
寛文年間の綱村時代ですが、「和田織部房長・佐々木伊兵衛」の名があります。

塩竃港はここからスタート
     

鉄道用の可動橋があったのですね。 知らなかった?


運河の方はこんな感じ・・・


貞山橋の下です。                  大代方面・・  ここから御船入堀ですね。
    



大代橋・・・      この紋は?・・・・・多賀城の瓦?
         



私が中学の頃はこんな感じでした。



ここから、二つに分かれています。 右は多賀城を流れる砂押川へ合流し、左が仙台港へ注いでいます。



仙台空港付近北釜大橋

     



右側に見えるのが仙台空港ですね。 この後あの飛行機を撮ったわけです。
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴールデンスランバーを観て... | トップ | 仙台東照宮 »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いまでは (維真尽(^^))
2010-02-02 21:18:36
なんでもない景色でも
昔の苦労のあとを辿るのは 
素晴らしいことです (^^)v
いーさんへ (ひー)
2010-02-02 21:48:46
今のようにショベルカーなどの建設機械があったわけでも無く、大変な労力ですね。
雪掻き1時間もがんばりました! (クロンシュタット)
2010-02-03 06:24:04
可動橋は実際に動く姿も何度か見ました。
ってかわざわざ見に行った少年クロンシュタットでした。
ところで可動橋記念碑?の看板のイラストは、C57にも見えちゃうんですが・・・
まさかね!


クロンシュタットさんへ (ひー)
2010-02-03 07:08:15
C57…詳しくないので判断つきません?
最近、本屋に行くと蒸気機関車の本や鉄道の本が気になって、立ち読みしたりします。
新幹線車両基地に古い列車が展示しています。
ちょっと見てきますかね。
よくあの橋を知ってて見に行きましたね。鉄は伊達じゃないですね。
Unknown (ミー太郎)
2010-02-03 11:44:52
可動橋、珍しいですね~
良いなぁ、海があって。。
水のある風景は羨ましいです。
いいなぁ~
ミー太郎さんへ (ひー)
2010-02-03 13:48:28
そうかぁ~
海かぁ~ ナミはナミでもあるのは山ナミだもんね~海は命の源ですからね。
お晩です (あーさん)
2010-02-03 20:35:58
賢い先人の恩恵を受けられる皆さんは幸せですね♪

民主党の諸君は?
北上運河 (ほでなすいっく)
2010-02-03 20:40:44
貞山堀っても呼びますよ
野蒜運河、東名運河は初めて聞きました(地元なのに…)
貞山が伊達政宗の法名だとは知りませんでした
石巻に貞山って地名があります
石巻工業高校の付近です
あーさんへ (ひー)
2010-02-03 21:07:46
昔の人は、偉いな~と思います。

空港の辺りは、波も流れも穏やかなので、ボートの練習に使われています。
いっくさんへ (ひー)
2010-02-03 21:15:41
その地名は貞山ならば政宗公に関わる場所なのかも?
又は、多賀城には、塩竃高校の定時制の学校として貞山高校がありました。
意外なところで、貞山の名前が使われていますね。
それだけ、政宗は地元の人に愛されていたのですね。
Unknown (桃源児)
2010-02-03 23:45:24
これだけの運河、かなりの大工事だったことでしょうね。貞山、政宗公の法名からですか。
写真の丸太もこのまま運河を流されていたのでしょうね。
桃源児さんへ (ひー)
2010-02-04 09:18:12
このマルタのイメージが非常に強いです。

北上川沿いは山林が多いですからねぇ。
きっとそうでしょう。
なつかしいです (丹治)
2010-02-04 13:21:45
私が小学校の頃まで、中の島の貯木場には丸太が何本も(というよりは筏ですね)が浮いてました。

それと思い出すのがあのメタンガスの臭い。
あれが強いと、「あ、今日は雨だな」なんて・・・
余りにもローカルな天気予報でした。

あの貯木場、「あぶないから行ってはダメ」の地域でした。
でもしっかり行ってましたけどね。

私も、覚えたのは「伊達政宗」よりも「貞山運河」の方が先でした。
ほでなすいっく」さんも書いてらっしゃいますが・・・
石巻にも「貞山」っていう町名がありますね。
塩竈には「貞山通」があります。
興味深いですね。

逆光で撮った写真、
水面に光が反射するのは綺麗ですよね。

陸前山王から分れた貨物線には、転車台がありませんでした。
ですからテンダ式の蒸気機関車は走っていなかったと思います。
石巻線の駅にも転車台はありません(小牛田には現在でもあります。イベント列車でC58やD51を仕える所以です)。

石巻線ではC11が走ってました(私が小5か小6の頃まで)。
貨物線も可能性としては、バック運転の可能なタンク式。
C11かC12だったと思います。
確かC12だtったような気が・・・

クロンシュタットさんへ

C56は山岳鉄道用に作られた機関車でしたね。
テンダしきなのにバック運転が可能なことが特長だったとか。
戦時中は泰緬鉄道で使用されたですし(遊就館に展示されている所以かと)、
国内では小海線を走ってたと思います。
遊就館のC56の運転台に乗ると、後方視界が利くことが本当によく分りますね。


話せば・・切が無いのですが (酔漢です )
2010-02-04 18:46:18
最初の写真のあるあたりに叔父のクルーザーがありました。一級船舶を持っておりました。
「酔漢ちゃん4級持ったら貸してやっから」の一言で奮起。
ですが、忘れてましたが、「船酔い持ち」だったのです。ですが、松島湾クルージング(叔父の操縦)は忘れません。父の弟は一級機関士。二人が組めば・・世界一周だっちゃ・・とは、正月で呑みますと、必ず話しておりました。

中学の頃。旧制二高から続く、東北大学ボート部の詰め所がありまして、丹治氏とよく探検に行きました。

貞山橋。今後語りますが、祖父の空の遺骨箱は、ここから受け取ります。そして同性寺まで、酔漢叔父、酔漢祖母は花渕まで歩くのでした。

この風景。夕陽になびくなぎの時間が好きでした。一人、橋の麓でたたずんでおりました。
丁度、恋で(そんな時期もあったのですよ・・)悩んでおりました時期でした。

思い出一杯の風景です。
架動橋は、「くだまきの風景」です。
丹治さんへ (ひー)
2010-02-04 23:09:10
やはり、この光景に反応してしまいますよね。
あの辺には大きな材木やさんがありますね。
きっと、代々受け継がれた仕事なのでしょう。

あ~あの匂いはメタンガスか~ 風向きでによって最悪でした。

遊就館にも機関車がありましたっけ?
いつかまた、ゆっくり見たいと思っています。
酔漢さんへ (ひー)
2010-02-04 23:31:34
やはり、浜の男は船舶の免許が必要ですから特に長男は持っているのですね。
従兄弟も1級を持っていたかと・・・
貞山橋は、想い出の橋でしたか~
切ない思い出でしたねぇ。
ひーさん スミマセン (クロンシュタット)
2010-02-05 06:17:26
丹治さんへ

さすがによくお分かりですね。
転車台(ターンテーブル)の模型がありまして実際に回転するのですが、あまりに高額で・・・
C56のテンダーは後方視界確保のため斜めに切り取られています。
本来は軸重が重い機関車が入れない地方路線用に開発されました。C10やC11も同じような理由で開発されました。
小海線では「キャベツ運搬列車」として活躍しました。
C56からテンダーをはずしタンク式に改造したのがC12です。
そういえばバック運転が得意、というよりも、バック運転がメインの4110型やE10なんて機関車もあり、奥羽本線の板谷峠などに投入されました。

ひーさんスミイマセン。勝手に伝言板にしてしまいました。
ほーれ 鉄の世界においでおいで~



クロンシュタットさんへ (ひー)
2010-02-05 07:33:48
Nゲージは子供の頃から欲しくて、でもこれに手を出したら限がなくなりそうで、見ないようにしてました。
転車台は高いのですね。転轍機も欲しいですし・・・・少しずつ揃えますかね?
ひーさんへ (クロンシュタット)
2010-02-06 06:28:26
私も子供の頃は憧れでした。
息子が生まれて、とうとう手を出してしまいました。
昨今はずいぶん専門店が増え、私は「中古品コーナー」に入り浸っております。
海外では「趣味の王様」と呼ばれていますよね。
おじいさんになっても続けれれそうです・・・
クロンシュタットさんへ (ひー)
2010-02-06 11:06:26
なるほど、中古品と言う手がありましたか。

ショップの検索して見ましょうかね。
地デジを買ってからじゃないと大蔵大臣から許可がもらえないかも?

何から揃えれば?
まずは線路ですね。
ひーが鉄に入門かぁ~? (ぐずら)
2010-02-07 22:43:13
ご無沙汰でした。
貞山運河(阿武隈河口~北上河口)は日本最長の運河だし、工期も最長だけど
このおかげで胆沢郡から伊具郡まで伊達領の南北を船で繋いで
江戸で消費するコメの大部分が仙台米ってぐらい運べたんだっ茶ねぇ~
んでも、貞山運河が掘られてから砂押川の流路が分断されて
河口が深川沼(弁天沼)を残して砂で埋まってしまい
仙台港ができるまで200年以上河口の無い川だったんだよなぁ~
ぐずらさんへ (ひー)
2010-02-08 07:32:04
鉄・・・・どうすっぺ?
線路と電車以外は手作りするしかないか?
まず場所も確保しないと・・・

昔の仙台新港の前が思い出せない?
追分や蒲生の方には行ってましたが、そう言えば砂押川の河口は?????
多賀城橋辺りで筏をつくり川遊びしました。
ところが大代で敢え無く沈没・・・
6年生です。 (陽)
2010-10-19 14:31:04
野蒜築港についてくわしく教えてくれませんか?
Unknown (陽)
2010-10-19 14:31:58
よろしくです。
陽さんへ (ひー )
2010-10-19 23:44:38
遅くなりました。
6年生ですか? 驚きました。

野蒜築港については簡単ですが、2008年2月18日の記事に書いています。

左のサイドバーのカレンダーから検索できます。

もし開発が進んでいたら、横浜のような大きな街が出来ていたかも知れませんよ。

コメント頂きありがとうございます。

見つからないときは、カテゴリーの仙台と宮城県の散歩道に入ってます。
陽さんへ (ひー )
2010-10-19 23:51:42
この記事にリンクしていました。
野蒜築港の文字をクリックすればジャンプします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。