ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

鹿島台神社/志田郡鹿島台町(現:大崎市)

2008年10月01日 13時38分41秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)

鹿嶋臺神社




軍馬神碑 いつの間にこんなものが・・・何十年も来てなかったから・・
実家もそうだったのですが、馬を飼育してました。このあたりでは、多かったようです。 日清、日露、太平洋戦争で戦死した馬の御霊を供養しているようです。




狛ちゃん登場 かなり御歳のようで・・・


まるで河童 前足が・・・可哀想



おっ! だんぶり! だんぶりは、秋田弁ですね。 



新しいのは、いたってノーマルでした。






本殿

御 由 緒 

当時の村長・鎌田三之助は、明治42年8月4日、及び9月30日、内務省の趣旨に応じ
旧6ヶ村にあった十四社を合祀し、一村一社とし社名を鹿島台神社としたそうです。  
鎌田三之助さんは、わらじ村長で有名です。
親父の話では、遠い遠い親戚だとか? あまり当てになりませんが・・・


御 祭 神 

武 甕 槌 命 (タケミカヅチノミコト)

伊弉諾命(イザナギノミコト) 素戔嗚命(スサノオノミコト) 倉稲魂尊(ウガノミタマノミコト)

火産霊命(ホムスビニミコト) 大己貴命(オオナムチノミコト) 建御名方神(タケミナカタノミコト)

応神天皇(オウジンテンオウ) 安閑天皇(アンカンテンノウ)           
  
夏になると、ここで肝試しをしたものです。



鐘楼ですね。


追記:2012年1月20日
鹿島台町誌から・・・
由緒のところに一部記載していますが、当時貧乏のどん底にあった村の建て直しの為、一、学校統合
二、神社の合祀 三、部落有財産の統一 という三大構想の実現を断行した。

 1、出雲神社(牛頭天王社)素戔嗚命
 2、黄金神社  応神天皇
 3、諏訪神社  建御名方神
 4、小田嶋神社 大己貴命
 5、愛宕神社  火産霊命 伊弉諾命
 6、三嶽神社  安閑天皇
 7、小堤神社  倉稲魂尊
 8、八幡神社  応神天皇 (平渡字西要宮) 
 9、品川神社  伊弉那岐尊
11、鹿島神社  武甕槌命
12、八幡神社  応神天皇 (広長字山谷)
13、鹿島神社  武甕槌命 (深谷字宮ノ沢)
14、富神社   宇迦之御魂命 



この近くに畑があって、小学5年生の夏休みに、この畑から、沢山の「やじり」を拾いました。

夏休みの自由研究でこの「やじり」を綿を詰めた箱の中に入れ、学校に提出したら先生が驚いてました。
探しましたが、もうどこに行ったかわかりません。

そして、今回この看板を見てびっくり

鹿島遺跡として、平成14年に看板が立ったようです。
やはり遺跡でしたか~ 俺が最初に見つけたのに・・・・





『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« D51 宮城DC号 東北本線を走... | トップ | 真極流柔術師範の祖父 »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
勿体ない事をしたね (モコ)
2008-10-01 14:29:57
興味の無い方にとってはやっぱり希少価値が分からないから紛失したんだろうねぇ~
勿体ないね
それを見て型など覚えられ手かもしれないね
あのねぇ~
モコも割りばしで目で突く事は出来るよ・・
でも~食事中で無い場合困るね
悪い奴の為に持っていた方が無難かしら?
悪い奴でも目を突くって勇気が要るよね
本当に自分の身が危なくなった時に使うよ
割りばしで身を守る事事態知らなかったから
役に立ったよ
使わない事にこしたことはないけどねぇ~
狛ちゃん (維真尽(^.^))
2008-10-01 16:54:49
かなり劣化してますね (^^ゞ
やはり~来待石製だったかもですね
つくり易いから~かなりのシェア~を持っていたようです (^_-)-☆
モコさんへ (ひー)
2008-10-01 17:23:35
ホントに突く勇気は必要だね。
自分の命が危ない時しか使えませんね。
維真尽(^_^)さんへ (ひー)
2008-10-01 17:29:26
それってやはり柔くてもろい欠点があったのですね。
屋内で保存ならいいんだろうけど。
そうもいかないか?
Unknown (桃源児)
2008-10-01 20:42:09
独特の拳の握り方、興味あしますね。
狛様、推定?百歳でしょうか。
惜しいですね。矢じり、取っておいたら、ひーさん、遺跡の発見者として教科書に名前が載っていたかも。
Unknown (虎龍)
2008-10-01 20:50:02
免許皆伝・・・
何が書いてあったんでしょうね。
残ってなくて残念です。

なんか写真がいい感じでした。
なんと (あーさん)
2008-10-01 21:36:15
師範に惣が付いているではありませんか!
お祖父様 凄かったんですねぇ♪


鹿島台には二度ばかり行きましたが、婚礼関係だったので、観光旅行じゃなく、界隈の探索せずでした。

相当風化していて神社守護のお役目は、若いのにお任せですね ww
え(・▽・) (みっちゃん)
2008-10-01 23:04:14
捨てちゃったのぉ~~~!!!!
∑( ̄□ ̄;)免許皆伝の書・・・・

(T_T)ショック・・・

もしかして、その矢じりにも・・・ひーさんの名前がついたかも♪ ね 
桃源児さんへ (ひー)
2008-10-02 00:41:44
昨日、今日と2連泊してたので、時間がなくて、ちゃんと読んでからコメントしようと後回しにしてました。
明日お伺いします。
虎龍さんへ (ひー)
2008-10-02 00:51:57
生きてるうちに、色々聞いておくべきべきでした。
家系図も父に聞き知ってる限り書きましたが。
本家との交流もほとんどありませんでしたからね。
後悔先にたたずですね。
あーさんへ (ひー)
2008-10-02 05:45:56
鹿島台では、年に2回 互市があります。
昔からのイベントとしては、唯一の最大イベントではないでしょうか?
ご存知の通り、観光といっても山と田んぼしかなく、只のどかなだけです。
意外な繋がりに驚きですね。
出雲国の有難うございました。
調べる手前が省けました。
全国一宮のUP待ってます。
みっちゃんへ (ひー)
2008-10-02 06:11:48
なんか探して貰ったのですが……
葬儀の時、持って来れば良かった。
東北歴史博物館にも、同じような矢尻が展示してあります。小さな借家から引っ越す時に捨てられたのかも…(x。x)゜゜゜
あの駅舎は松島でしょう (クロンシュタット)
2008-10-02 06:46:48
軍馬といえば「愛馬行進曲」ですね。
兵隊は倒れても放置していたのに、馬が倒れたらなんとしてでも連れ帰っていた時代です。

昔は、多賀城の遺跡でも、土器とか屋根瓦が、うじゃうじゃ放置してありました。
え?何で知っているかって・・・
まだ、知らぬ所です。 (ミモザ)
2008-10-02 06:56:55
お早う御座います~♪
鹿島台は、まだ行った事がなく興味を持って
見させて頂いています。
鹿島台神社も歴史があり、遺跡もあるのですね。
それにしても、家系図どこからで出てくると
良いですね
クロンシュタットさんへ (ひー)
2008-10-02 08:31:23
きっと、クロンシュタットさんは1200才位なのでしょう。
やはり松島ですか!
前方からは良く見ているのですが、裏側からは見る機会がありませんでした。
自分の中でも、松島の記憶が強いです。
群馬の碑には、2才の馬から20才の老馬まで戦地で頑張った。君達はよく頑張った! みたいな文が書いてありました。
ミモザさんへ (ひー)
2008-10-02 08:46:10
ここでは、春と秋に互市があり、賑わいを見せます。
元々物々交換から始めまった互市は、県内でも数カ所で行われているようです。昔昔は小さなサーカスも来てましたよ。
残念 (meme)
2008-10-02 09:48:57
免許皆伝、見てみたかったですね~。
どこかに、コピー的なものでも残っていると
いいのですが・・・。
河童の石造?にプププッ!(≧m≦)
もったいない (ほでなすいっく)
2008-10-02 10:28:24
でも、全く興味のない人には価値が分からないからねぇ
処分する前に相談とかしてほしかったですね

鹿島台神社って鹿島台にあるんだよね?
近いようで滅多に行かない町ですね

memeさんへ (ひー)
2008-10-02 12:12:28
コピーね~
この町には、コピーはありません。
ガリ版刷りです。



ウソです。  でも昔は無かったからね・・
ほでなすいっくさんへ (ひー)
2008-10-02 12:18:55
何も無いからね・・・
互市ぐらいはブラブラしてみて下さい。
行列の出来る鯛焼き屋さんの露天商が・・
食い物無いと、いっくさんは来ないでしょうから・・・バナナにトッピングしたヤツもあるぞ・・屋台が沢山・・本場韓国のチジミやたこ焼きにお好み焼きだぞ。。
少しは行くきになったかな?
神社を見ると (酔漢です )
2008-10-02 13:32:48
まず、どんな「神さん」がいるか気になるところです。
鹿島台神社は一度尋ねたことがありますが、おじい様がいらっしゃった?のですね。
おじい様、すごいです!
さて、吉田浜貝塚が荒らされておりますが、酔漢も一役買いました。白状します。
土器の破片のでかいのが出たんです。
お宝が眠っているかも・・
ひー様の大発見ですね。子供の頃だしたらなお更うれしかったと思います。先生に知識がありますれば・・
酔漢さんへ (ひー)
2008-10-02 14:40:17
それはそれは、貴重なお宝・・・
まぁ、他の土地ならまだいいけど、自分の土地から出てきたら、安易に届けないほうがいいかも?
今の浮島の多賀城跡の近くの友人宅は我が家なのに、勝手に改築も増築も出来なくて、トイレもまだ昔のままです。
史跡の近くも大変ですね。
互市!! (ほでなすいっく)
2008-10-02 15:45:39
ちゃっけぇ時に1回だけ連れて行かれたことがあるよ

金魚が欲しいって言ったら、とーちゃんが「後で」って言ったくせに買ってくれなくて、むつけだ覚えが…

鹿島台は・・・ (丹治)
2008-10-02 17:18:19
小牛田や古川、岩出山なんかに行く時によく通過してましたす。下りたことは、残念ながらまだありません。

でも「わらじ村長」の話は、小学校で習いました。確か四年生の時だったと思います。そして今でも忘れてはおりません。

鹿島台神社には、まだ行ったことがありません。十六の神社を合祀したのですか。

合祀された神社がどのような由来を持つものだったかも、興味があります。

応神天皇ならば、八幡宮。タケミナカタならば、諏訪大社。オオナムチならば、出雲大社ですね。どれも超有名な神社ですから、その末社であった可能性は小さくないのではないでしょうか。

ドイツなどとバタ臭いことで糊口をしのいでおりますが、郷土の歴史には興味が尽きません。

ほでなすいっくさんへ (ひー)
2008-10-02 18:08:29
ハハハハ・・・父ちゃんにだまされたが~
んでも、金魚は食えねよ!
丹治さんへ (ひー)
2008-10-02 18:16:14
子供の頃って、広く感じた庭や境内は、今行って見ると、こんなもんだった?
と思いませんか?
小さい頃、ロクモンスした庭がこんなに狭かった?と感じることが・・・
鐘楼は後から造ったようです。
ほんとです (丹治)
2008-10-03 10:59:39
この間、思い立って三小に行ってみました。あんなに広かったはずの校庭が「こんなに狭かったのか」って思いましたよ。

学校までの道のりも、「こんなに短かったのか」って・・・

『小さな恋のメロディ』の挿入歌『若葉の頃』に、こんな歌詞がありましたね。ダニエル君とメロディちゃんが墓地でデートする場面でバックに流れる歌です。

「ぼくが小さくて、クリスマスツリーが高かった頃・・・今、ぼくは大きくなって、クリスマスツリーは小さくなった・・・」

誰もいない三小の校庭でブランコを漕ぎながら、あの歌を思い出しました。
丹治さんへ (ひー)
2008-10-03 11:25:47
よくその歌詩を覚えてますね。
私は、知らないかったです。小さかったから?
小さな恋のメロディーは、ギターを持もったら誰もが最初に弾いていたような。
Unknown (Oh!紙…!!!)
2008-10-05 07:08:49
はじめまして

ぱるえさんの所から来ました

鹿島台神社は子供の頃よく遊んでました
縁の下にアリジゴクが居て
よく捕まえましたね

あそこの遺跡も、よくやじりとか
土器のかけらのようなものを発見して
古美術商に持っていって小遣い稼ぎをしてましたよw
Oh!紙!!さんへ (ひー)
2008-10-05 08:21:29
ぱるえさんの所でよく見かけてました。そうですか~
あの辺のお生まれですか?
今出勤中なので、帰ったらお邪魔します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。