ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

政岡墓所:三沢初子の墓

2009年05月12日 15時43分39秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
 実は、ここを訪れたのは、以前記事にした榴ヶ岡天満宮に向かう時、たまたまこの前を通ったので写真に収めて置いたものです。
向かいに事務所があり、お願いすれば中を見せてくれると思います。
時間が無かったので、表からのみ写真を撮りました。




三沢初子の墓 
三沢初子は尼子氏(あまごし:いーさんのお国出雲でも活躍?)の重臣三沢清長の娘で後に、三代藩主綱宗の側室となり、亀千代(四代藩主綱村)を産む。
以前にも記しているが三代綱宗は正室を持たなかったので、実質正室に近い扱いだった。
貞享三年(1686)四十八歳で没す。 
  法名 浄眼院殿了岳日嚴大姉

下記にリンクして置きましたが、寛文事件(伊達騒動)の時には、十二年にわたり幼君亀千代を守って辛労した。
伽羅千代萩に登場する政岡は、三沢初子をモデルにしたものです。

明治初期までは本殿、唐門、拝殿があったが、伊達家の祭祀が神式に改められて撤去されたようです。

伊達騒動(寛文事件)及び政岡の記事はこちら
陸奥三沢氏 wikiから抜粋
三沢為虎の息子・三沢為基が長府藩を出奔して、仙台藩伊達家に仕えた。為基の息子三沢清長は娘・初子が藩主伊達綱宗の側室(伊達綱村生母・綱宗には正室はいなかった) となった事から重臣の待遇を受けた。伊達綱村、伊達村和、伊達宗贇は、伊達綱村と三沢初子との間にできた子である。

三沢氏の血は亀田藩岩城家、宇和島藩伊達家にも流れており、出雲三沢氏の母系の子孫は奥州でも繁栄した。




石には、伊達家の紋が刻まれてますね



徳川振姫の墓


徳川振子の墓と刻んであります。

徳川振姫は姫路城主池田輝政の娘で、家康は慶長十六年(1611)四月に養女として迎え後忠宗に許嫁することにしていたが、元和二年(1616)四月に家康は亡くなったので、夫人は秀忠の養女となり、翌元和三年(1617)三月十三日忠宗に嫁いだ。 この時夫人は十一歳であった。
彼女の発言は、つまり将軍家の言葉になるわけでかなり権威を持っていたのだろうと思います。
万治二年(1659)五十三歳で没す。
  法名 孝勝院殿秀岸日訊大姉




稲葉氏仙姫の墓
稲葉氏仙姫は小田原城主稲葉正則の妹で、後に四代藩主綱村の正室となる。

宝永三年(1706)四十八歳没す。

  法名  万寿寺殿宝蓮浄晃尼大姉

仙台市指定史跡      昭和47年2月1日指定  本山孝勝寺

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 我が家の藤 | トップ | 竹駒神社:岩沼市  その一 »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (桃源児)
2009-05-12 18:20:44
地図で見ると、周辺は結構な市街地でしょうか。
烈婦と石に刻まれているのが、何だかすごいです。
だいぶ前に… (ぱるえ)
2009-05-12 18:25:25
政岡の墓と孝勝寺に行ったことあります。
たしか仕事がらみで…
でも、全然何も覚えてませんっ
事務所のおじいさんぐらいかな~ 記憶にあるのは。
あの界隈は静かな感じで好きでした。今は賑やかになっちゃいました?
お晩です (あーさん)
2009-05-12 21:22:37
山陰あたりから東北へ来て言葉が通じるものかと一瞬思いましたが三代も仙台在住だったんですね ww  早とちりでした。

尼子と言えば山中鹿之助を想起します。
尼子家重臣亀井家の物語も読みましたヨ
(関係ないか ww)

伊達家関係 いくらでもネタが出て来そう♪
Unknown (はー)
2009-05-12 22:29:19
>伊達家の祭祀が神式に改められて
 撤去されたようです。
明治の神仏分離は 神社仏閣 皇室
だけでなく 伊達家のような名家の
祭祀も変えたのですね~大変なこと
でしたね~今また大きな変革期に~
まわり~ (維真尽(^^))
2009-05-12 22:50:01
街中なんですか? 

ここで~尼子が出てくるなんて
おもいもしませんでした (^_-)~☆
桃源児さんへ (ひー)
2009-05-12 22:59:10
この辺りは仙台駅の東側で、昔は駅裏と言われてましたが、現在急速に発展している地区です。
烈婦・・・その通りですね。
伊達藩に忠義を尽くした立派な女性です。
歌舞伎の名場面と重なり、政岡は大きな勢力に屈せず4代綱村を守ったのです。
ぱるえさんへ (ひー)
2009-05-12 23:03:29
行ったことありますか~
まぁ、仕事じゃなくても、テリトリーな範囲ですね。
表は賑やかですが、路地裏ですからまだいいかも・・?
サンプラザは、歌手が来ると大変ですがね。
あーさんへ (ひー)
2009-05-12 23:14:34
実は、尼子氏については、あまり気にしてなくて、今回ちょっと勉強になりました。
最近政宗関係が遠ざかっていたので、保存していたものをUPしました。
あーさんの読破力(&記憶力)には驚くばかりです。
脳みそ半分臓器提供して欲しい。
あまり、政宗勉強しないで下さい。
はーさんへ (ひー)
2009-05-12 23:21:03
歴史は繰り返す・・・ですかね。
最近の世の中・・腹が立つことばかりです。

良い事も、悪いことも全部含めて歴史なのですね。

後悔先に立たず・・・よく見極めて欲しいものです。
いーさんへ (ひー)
2009-05-12 23:30:45
出雲尼子あれば、陸奥尼子ありです。

隣にはコンサートなどがよく行なわれる、仙台サンプラザがあります。
歌手が来ると騒がしいかも・・・
最近では、おばさんが多いな?と思ったら、・・・ズン・ズン・ズン・ズンドコきよし!!でした。
Unknown (ミモザ)
2009-05-13 07:22:01
お早う御座います~♪
三沢初子のお墓の近くを通った事がありますが
管理事務所に話すと中に入れるのですね。
今度、行ってみます。
しゃねがった (ほでなすいっく)
2009-05-13 12:41:06
こんな街なかにあったんですね

私も数年前までは、サンプラザで『キャーキャー』やってました
Unknown (ミー太郎)
2009-05-13 13:19:52
仙台・・せっかく行ったのにあまり真面目に観光しなかった事が悔やまれます。(もう随分昔の事ですが・・^^;) 当時の権力を思わせるような立派な佇まいですね。
仙台駅周辺でひたすら食べ歩きしてました。(笑) 何を食べても美味しかったんです~
初めて知りました (papiee)
2009-05-13 17:05:46
広い墓所ですね~。

仙台の街中にあるの初めて知りました。

あまり東口方面は行かないので

分からなかったのは当たり前か(恥)

あちらへは森ビルとサンプラザぐらいかな~。
区画整理でしょうね (酔漢です )
2009-05-13 19:28:57
道路が広くなっているように思えます。
以前はもっと道路の幅が狭く、結構入り組んでいたような気がします。
お寺の多い辺りでした。門前が見えにくかったのを覚えています。
区画整理もいいのですが、古い町並みも懐かしくなってまいります。
ミモザさんへ (ひー)
2009-05-13 19:33:05
ここは、ミモザさんのテリトリーですね。
多分見せてくれると思いましたよ。
いっくさんへ (ひー)
2009-05-13 19:35:28
まさか、氷川きよしのコンサートじゃないっちゃね。
ミー太郎さんへ (ひー)
2009-05-13 19:40:13
多分隣に住んでる人も、この人誰?って思ってるかも?ww
観光のガイドブックにも書いてないと思いますよ。
旨い物食べて方がいいかもww
papieeさんへ (ひー)
2009-05-13 19:59:36
普通の人は、三沢初子も政岡も知らないと思いますよ。
政宗を知っていても、二代目以降は名前も出てこないのが普通でしょうね。
ですから訪れる人も少ないことでしょう。
お晩です (あーさん)
2009-05-13 20:00:13
また来ますネ
酔漢さんへ (ひー)
2009-05-13 20:03:54
狭けりゃ狭いで文句も出ますが、無くなると寂しくなりますね。
天満宮も新しい狛犬がどうも違和感があります。
東口の仙石線のクネクネがなつかし (クロンシュタット)
2009-05-14 06:02:29
あの周辺の墓地はどこへ移転したのか前から気になっておりました。
だいたい、宮城県営球場(私にとってはこの表現のままです)まで、東口からストーンと行けるなんて・・・

小田原の稲葉家といえば、春日の局ではないですか。
まったく大名家の姻戚関係は、複雑ですね。
まあ、徳川宗家の覚えよろしき稲葉家の姫。
「お家安泰」への努力が伝わってきますね。
クロンシュタットさんへ (ひー)
2009-05-14 10:43:12
最近は、逆に道に迷います。
古い街並みは、消えつつありますね。

大名の家系図は、やたらと幅広くなります。
嫁ぐ…養子…家を守り、また人質的な意味合いもあったのでしょう。

嫌いなタイプとの結婚はキツイものがあったことでしょう。クロンシュタットさんは耐えられますか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL