ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

小太郎/紅蓮尼「比翼塚」と三聖堂

2010年01月12日 14時37分45秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
松島「瑞巌寺」を正面に見て、左(西側)に行くと、円通院があり、そのほぼ向かいに、小太郎と紅蓮尼の「比翼塚」がある。

この写真をまだUPしていなかったので、ここで採用しようかと。

また、その隣に「三聖堂」がありますので、軽くご紹介いたします。

この小太郎と紅蓮の悲劇の物語は、以前の記事でご紹介しましたので、未読の方で興味があればご覧下さい。
「象潟/蚶満寺と紅蓮尼の松島こうれん」(悲劇の物語 紅蓮尼の話)




比翼塚   ストーリーを簡単に・・・

小太郎が15歳の春でした、父は西国観音参りの旅の途中で象潟の商人と親しくなり、小太郎と商人の娘の結婚を約束したのです。
ところが、帰国した父は小太郎が病死したことを知るのです。
象潟の商人はこのことをを知らず娘を嫁がせてきました。
掃部は娘に象潟に帰るよう勧めましたが、娘は嫁として松島に残り、 掃部夫妻につくし、義父母亡き後は髪をおろして紅蓮尼となったのです。
二人のお墓碑は、別々の場所にありましたが、昭和43年生前はおろか640余年を過ぎても一緒になれない二人をせめて墓碑だけでも同じ場所に並べてあげたいと紅蓮尼に縁深い瑞巌寺境内観音堂水月庵跡に、紅蓮尼と小太郎の比翼塚が建てられたのです。





三聖堂




33年に一度の御開帳です。
前回は平成18年8月18日でした。


後の杉並が瑞巌寺の参道です。

最近時間が無くて・・・・
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デジタル一眼レフ買ってしま... | トップ | 加瀬沼/利府町・多賀城市・... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (桃源児)
2010-01-12 23:22:07
比翼塚、昭和になってから作られた物なんですね。
せめて墓だけでも一緒に、優しい人が多いのですね。
お晩です (あーさん)
2010-01-13 01:03:34
松島こうれん  誰かの土産で頂いたことが
ありますヨ ♪

記事が見つかったらT.Bさせて貰います。
松島こうれんのお店見たような・・・記憶力が! (クロンシュタット)
2010-01-13 05:53:05
いい年になってくると、自分の墓はどうすんべ、と思い始めますよね。
東京の墓地は高額すぎるし、近所のカミさんの実家の墓地の隅っこにでも・・・
それが無理なら庭の隅の金魚のお墓にお邪魔しようかな・・・

今頃は雪の松島でしょうかね。人出は途絶えますが、それがかえって景色を引き締めてくれます。
昨日の東京の初雪は、見逃してしまいました。
暖かくなったら松島行ってみよ~ (ぐずら)
2010-01-13 20:24:53
松島のこうれん屋ずいぶんきれいになったんだごだぁ~
45号線の鈎の手になってる突き当りん処だよなぁ?
そいやぁ仙台にも本町に仙台こうれんの店があったっけね…
その関係はどうなんだべが…?
行って見ます! (ミモザ)
2010-01-13 22:06:12
こんばんは~♪
松島こうれんのおせんべいは食べた事があります。
紅蓮さんの話は以前、ひーさんのブログで
読んだ事がありました。
今度、松島に行く時には比翼塚と三聖堂を
見に行きたいと思っています。
Unknown (ほでなすいっく)
2010-01-13 22:29:38
松島こうれん食べたい
試食に焼きたてを出してくれたんだよね~
三聖堂はチラッと見たくらいだな…
紅蓮尼~ (維真尽(^^))
2010-01-13 23:08:26
どんな気持ちだったんでしょう~ね
現代では
ありうるんでしょう~か?
桃源児さんへ (ひー)
2010-01-14 07:26:49
この話は、以外に知らない人が多いのです。
この通りも観光客は、少ないのが現状です。
地元の人が、気を使ってあげたのでしょうね。
あーさんへ (ひー)
2010-01-14 07:30:57
最近出かけていないので、以前のアップしてない写真を使いました。
近くにいても買わないものですね。
何十年も食べていないような?
クロンシュタットさんへ (ひー)
2010-01-14 07:37:35
やはり、墓はお参りしやすい場所が・・・
そうすると、コインロッカーの様な具合になるのでしょうか?

東京・・・九州が雪ですね~新潟あたりも凄かったようですが、昨日は、多賀城・塩竃は午前中は青空の天気でした。

地球は狂い始めてますね。
ぐずらさんへ (ひー)
2010-01-14 07:40:56
仙台の店舗・・・・支店だべが?

松島に連れでいがいん。ぱるえさんも連れて行かれたことが無いと・・・・
ただ、瑞巌寺は工事中・・
来週は暖かくなるらしいからいいかもね。
ミモザさんへ (ひー)
2010-01-14 07:42:54
なかなか、裏手の方には行く機会がありませんよね。
天気のいい時でもぶらぶらいかがでしょうか?
いっくさんへ (ひー)
2010-01-14 07:45:18
やはり、匂いにつられて・・・

松島の裏道もなかなか面白いですね。
維真尽さんへ (ひー)
2010-01-14 07:49:23
今はありえないでしょうね。
結婚したばかりで、旦那さんが事故や病気で亡くなった例が身近に在りましたが、子供が居ないのだから、籍を抜いて、新しい人生を歩みなさいと、旦那さんの両親がいいましたね。
昭和だったんですね (酔漢です )
2010-01-14 11:50:16
三聖堂の言われに詳しくなかったのですが、勉強になりました。
瑞巌寺までは自転車での散歩道でしたが、現在改修中だとか聞きました。
三聖堂の御開帳はないものとばかり思ってました。33年毎だったのですね。
こんな事も知らず、建物の雰囲気だけで尋ねておりました。
もっと深く見ませんと・・・以前の鳥居の三角もそうでしたけれども。
散歩道の視点。大事にしなくてはなりませんね。
ひー様のブログで、それを知りました。

Unknown (ミー太郎)
2010-01-14 12:35:36
その話は以前にも書かれていましたよね?
夫亡きあとも義両親に尽くした女性の話。。
何度聞いても感動してしまいます。^^
酔漢さんへ (ひー)
2010-01-14 23:27:30
さもない、茅葺きのお堂で名所として特に取り上げられるけとも無く、ひっそりと建っていますからね。

自分も調べてわかったのです。気になったものは調べたり、話に聞いた物は見に行ったり…
自分が気づいたことを記事にしているだけです。まぁ、自分も勉強しながらということですね。
ミー太郎さんへ (ひー)
2010-01-14 23:31:33
そうです。ミー太郎さんもコメントしてくれてましたよね。
この石碑と店の写真をアップしていなかったので再度登場してもらいました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
松島こうれん (雨漏り書斎)
♪エンヤトット、エンヤトット 松島の サアヨー 瑞巌寺ほどの寺もない♪ でお馴染み、日本三景の一つ、宮城県松島の 松島こうれんです。 このお菓子が創製された背景として、「軒端の梅 心月庵 紅蓮尼物語」というのが伝えられています。今のギャルが聞けば”エ...