ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

江の島・・・・児玉神社

2010年05月18日 07時30分24秒 | 神社仏閣狛犬(地域がある場合は各地域)
児玉神社

イタズラとんびが空中散歩




ここは江島神社とは別の神社です。








ここで目を奪われたのは、狛犬です。
まぁ、いつも目を奪われるわけですが今回は特別でした。
最初、顔の形がさっぱりわかりませんでしたが、良く見るとあれ? 見たことあるぞ??
あーさんが横浜でUPしていた狛犬・・・・
銭を持っています。 顔立ちもそっくり!



右手が人の手みたい・・・




台湾総督 石塚英蔵
なるほど、これでわかりました。中華民国の狛犬ですね。





所謂、子取りですか・・・



不謹慎ですが、後から・・・・どうみても♂です。
石材は台湾台北州観音山と書いてありますね。

下は、♀のようですね。


大変失礼しました。

児玉神社は日露戦争の満州軍総参謀長として、文部大臣、内務大臣、台湾総督、南満鉄道経営委員長などを務めた児玉源太郎大将(1853~1906)を祭った神社だそうです。
軍人としてばかりではなく、教育家としても学校法人成城学校を設立。
校長として中国、朝鮮からの留学生の教育に力を尽くすなどの功績があります。

今は、ほとんど参拝者は居ないような雰囲気でした。
この神社に行く途中は山が崩れかかり危険区域になっていました。

これトイレです。






何を慌てていたのか「岩屋」を見ずに江の島を去ることに・・・・きっとまた来なさいと神のお導きなのでしょう。
今度は、熱海や伊豆に向う時に立ち寄りますかね?。
本当はここに車を置いて江ノ電で鎌倉に行こうと思いましたが、疲れたので車で向うことになりました。ここを出発したのは8:30頃でした。






いざ鎌倉!
『神奈川県』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月と金星&我が家の藤 | トップ | 長谷寺と鎌倉大仏 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お~ (維真尽(^.^))
2010-05-18 17:12:57
微細な?!
観察~レポ~ト だんだんで~す (^_-)~☆
いーさんへ (ひー)
2010-05-18 19:35:48
学術的な観察ということでお許し下さい。
最後の写真の橋が車と人で埋め尽くされます (クロンシュタット)
2010-05-19 05:33:46
なんだかやっぱり次回は「道案内」いたしますよ。
ひーさんなら興味津々の場所が江ノ島にはもっとあるような気がします。
児玉神社はエスカー乗り場の裏手ですね。大概の人は訪れない場所ですが、さすがです。
児玉源太郎はあまりに有名な存在ですが石塚英蔵の存在は初めて知りました。会津の出身だそうです。
歴代の台湾総督は比較的に善政を敷いたので、現在に至るまで親日的な雰囲気が残っていますね。

父親は幾分持ち直してきました。一時は少々危ない状態でした。ご心配頂きありがとうございます。

さすがです (酔漢です)
2010-05-19 11:33:08
あまり知られていない神社です。くだまきに登場します元矢矧艦長、原さんですが、ご自宅が鵠沼です。江ノ島神社、児玉神社をよく訪れたそうです。次男はライフセーバークラブにおりまして、練習の際、鳶と格闘する事があるそうです。
クロさんへ (ひー)
2010-05-19 13:55:10
ここは、地震の影響なのか、路肩は崩れかかり「危険区域」になっていました。
しかし、いつも後で後悔するので奥まで進む事にしたのです。
もう参拝をしている人が居ないのを感じました。結局後悔したわけですがね。
お父上の状態が良くなったとのこと何よりです。
酔漢さんへ (ひー)
2010-05-19 14:18:58
そうでしたか、それにしてもここの鳶はしたたかものですね。
あんな飛びかたをする鳶は珍しいです。
捕捉です・・・ (酔漢です)
2010-05-19 21:25:47
あのとんびに弁当取られた次男でした。
弁当箱まるごと・・。
どこかの猿より始末が悪いです。
ものの見事な急降下爆撃です。
片瀬の海岸に対空砲を用意しませんことには。
ヒッチコックを見ているようです。
酔漢さんへ (ひー)
2010-05-19 22:23:34
確かにあのトンビは零戦の如く・・・
鮮やかな飛行をしてましたよ。
特に滑空は早かったですね。

確か注意書きがあったかと思います。
坂の上の雲…幸せってどんな感じ (タカ3)
2011-12-27 11:34:43
もう直ぐ
過日、児玉神社に行ってきました。その前日丁度、坂の上の雲203高地攻略のところを見たところだった。そして、ここに爾霊山の石が祭ってあった。そんなこともあり、お賽銭に初めて札を入れさせていただく。合掌
タカ3へ (ひー)
2011-12-28 12:18:05
生憎拝聴することができませんでした。

この時は、神社については掘り下げないで軽く流してしまいました。
近代の歴史がつまった神社でしたね。
児玉神社 (iina)
2015-03-30 09:00:22
2年前、児玉神社に立ち寄った後に、 ひーさん宅の♂♀の話を知りました。
ほぼ江の島を知り尽くしたと思い始めて、確認すべく登って確かめて参りました。


お礼に、おそらく次のような富士山を見るのは難しいと思いお報せします。 m( __)m
「相州江之嶋岩屋ノ口」 歌川広重
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/f55d37ea795b7c9ccab54b9719e8f010

「相州江の島」(富嶽三十六景)葛飾北斎
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/fdb84c994a85234cf9317e85976ed2f7

「神奈川沖浪裏」(富嶽三十六景)葛飾北斎
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/a3f684e71942dfe2ecbfb38a39b3b8e6

iinaさんへ (ひー)
2015-03-30 15:25:24
コメントありがとうございます。
地元のようですね。うらやましい限りです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。