ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

第66回 塩竃みなと祭

2013年07月16日 13時37分42秒 | 塩竈の散歩道
今年は、仕事の都合でちょっと遅れまして、表参道の202段を御輿が降りる姿を見れませんでした。

その様子は、2010年の記事をご覧ください。  鹽竈みなと祭/表参道編





 

 



 

 

塩竃みなと祭

5DMark3で初めて動画を撮ってみました。手持ちでしたのでブレがありますがこれから少しずつ勉強します。


だんだんキツクなってきたようです。担ぎ手とそうでない人の顔が特徴的です。



佐浦酒造さんの蔵をバックに・・・


休憩・・・その間に港に先回りです。






 
仙石線のマンガッタン号が後ろを走っています。



震災の爪痕がまだ残っています。大地は揺れ海はこの壁を越え溢れました。



マリンゲートの中では、こんな人が踊ってました。

 



まずは、一礼して、お御輿の乗船です。









TVで見かけるTBCのアナウンサーの林さんですね。





 






出航の時間です。













雨が強くなり退散しました。午後の部もと思いましたが、夜勤明けで身体が悲鳴を上げていましたので終了。


『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白虎隊と鶴ヶ城 | トップ | 出雲の国譲りの真相、出雲か... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
祭りができることの幸せ (粋狂)
2013-07-20 10:23:54
去年は炎天下のもと、神輿が御座船にのる処をみました。漁師町のお祭りとしては拍子抜けするほどおとなしい
という印象でした。やはり安全優先なのでしょうか。

担ぎ手とそうでない人の顔が対照的なのは面白いですね。神輿の重さが伝わります。
粋狂さんへ (ひー)
2013-07-20 18:26:14
昔は、暴れ神輿で塩竃の町を練り歩いたものですが、やはり安全優先になったようです。
子供の頃は、親に危ないからと端っこに引っ張られたと記憶しています。右に左に揺さぶっていましたよ。
祭というより神事としての考え方が強いような気がします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。