ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

伊達小次郎の墓と伊達秀雄

2009年01月28日 17時35分16秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
 宮城県本吉郡津山町横山 国道45号線から県道64号線に右折すると間も無く伊達小次郎の墓があります。

小次郎とは伊達政宗公の唯一の弟である。
しかし、実の弟小次郎を政宗は自らの手で殺さなくてはいけなくなるのです。
何故政宗は、弟を斬らなければいけなかったのでしょう。

以前の記事にそこにいたる理由を簡単に説明しています。
片倉小十郎影綱と独眼竜政宗/小田原参陣と毒殺未遂事件



墓まで約135段の階段と坂道が待ってました。

いや~こえ~ がおった~ 詳しい説明を読みたい方は
画像をクリックで大きくなります。 左の「お気に入り」を隠すとフル画面で見やすいです。

画像

























伊達小次郎の墓所



毒殺未遂事件は、自白した者によると、政宗公を殺害し、弟小十郎を伊達家の家督に据えようとする母義姫の計画だった。

秀吉の怒りに触れている政宗が小田原に行けば、公は処刑され「先祖墳墓ノ地」も没収されてしまう。
すでに兄最上義光は天正17年(1589)5月に、寒河江光俊を名代として上洛させているから、義光の口添えで秀吉に許しを乞えば、伊達家は安泰であると考えたのだというのです。
一説には、この政宗暗殺計画は伊達家の実権を握ろうとする兄義光に唆されたものだともいいます。

元禄十六年(1703)に田辺希賢と遊佐木斎が編纂した「貞山公治家記録」には、小次郎処刑の模様が生々しく記されています。

事件の二日後・・・四月七日、夕方から小雨が振り出しました。
主席守役の小原縫殿助の屋敷には、政宗公と屋代景頼、牛越円膳が座っていました。
公は屋代に「小次郎を斬れ」と耳打ちします。
屋代は再三辞退して再考を願っていました。
そこに小次郎が入室し、公の前に正座しました。
近くに呼んだ公が扇子を渡します。
つまり、切腹せよとの指示です。
いぶかる小次郎を見て立ち上がりざまに脇差二太刀で斬り倒し、屋代にとどめを命じました。
さらに守役の小原を殺害して公は小原邸をでました。
小次郎この時13歳とも17歳ともいわれています。

「小次郎には罪が無い。しかし母を害することが出来ないから小次郎を討ったのだ」と公は涙を流しました。

小次郎の死を知ったはは義姫は、七日夜実家の山形城へ走りました。

小原家の伝えによると、小次郎と縫殿助はすぐに死なず黒川城を脱走しました。
やがて絶命した小次郎の遺骸を背負い、本吉郡津山町横山、つまりこの地に運びました。
文禄元年(1593)二月八日に恂氏したとあります。

小次郎生存説もあります。 文末に記載します。

この後ろの墓石の台座は、当初のものでしょう。新しくなってますから。


    小さくしたら読めない


小原縫殿助の墓
南斜面に降りていきます。



帰りは、又登ってきた坂を下ります。
気をつけて降りましょう。



追記ありhttp://blog.goo.ne.jp/hi-sann_001/e/183767ceeacc3e5e3e0c2756aba358cf

元和八年(1622)八月、56歳になった政宗公は鮎漁の遊びで五日市秋川(東京都あきる野市)に行きました。
その時、五日市横沢の真言宗大悲願寺を訪れたのです。
当時の住職は十三代海誉上人でした。
法弟子に秀雄法印がおりました。
海誉は徳川将軍に重用された天海や崇伝と並ぶ人物でもありました。
大悲願寺の庭には見事な白い萩が咲いており、江戸屋敷に帰った公は「一株欲しい」と手紙に書きました。
この手紙は「白萩所望文書」と呼ばれ、今も大悲願寺に保存されています。

その包み紙にはこのように記されています。
秀雄法印はのちに同寺の十五代住職になり、晩年現東京都中央区の曹洞宗宝泉寺(原文は真言宗「宝仙寺」)に移住して、「寛永十九年(1642)七月二十六日寂」と記されています。

また、この秀雄法印は実は伊達輝宗の末子で「鶴若」という名であったといいます。
政宗公の弟だといいます。(「五日市町史」)

公が黒川城を退去した後、天正十八年(1590)九月から蒲生氏郷が会津の領主になり、文禄二年(1593)七月、氏郷は七層の天守閣を持った城を造営しました。

そして「鶴ヶ城」と命名したのです。
この時黒川の地名も「若松」と改めました。

秀雄の幼名「鶴若」は黒川城を意味しているのでしょうか。

小次郎は生存していて「秀雄」となったのでしょうか。???
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北仙台駅:仙山線と市電 | トップ | 落語のCDと古い地図 »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お晩です (あーさん)
2009-01-28 18:27:12
よく知られた話ですが、懇切な貴・記事で再確認できました ♪

慌て者は、小次郎君を、コジロウ・クンと読むかも?

んなことないか ww
弟小次郎 (モコ)
2009-01-28 20:05:16
義姫が小次郎を愛するあまりの成り行きだったんですね。
なんかぁ~
切ないですね
正宗も義姫さんに御馳走に誘われてうれしかったのでしょうね!
義姫は正宗と小次郎の母親なんでしょ?
あ~さん (維真尽(^^))
2009-01-28 21:16:15
ご明察~のとおり
まさに~あわてもので~す (^_-)-☆

それにしても~
真実は~何処でしょう~か (^^♪
あーさんへ (ひー)
2009-01-28 21:34:58
確かに、解っていても読みたくなります。
同じこと考えましたよwww
モコさんへ (ひー)
2009-01-28 21:43:28
すみません退屈な歴史にお付き合いいただきまして。
そうです。二人とも実の子です。
実の弟を殺すなんて、誰でも出来ることではありません。
かといって、毒を盛った母でも母は母・・・
戦国武将として父から家督を継いだ政宗には、苦しい決断だったことでしょう。
維真尽さんへ (ひー)
2009-01-28 21:53:13
あらら・・・
慌てもの第一号でしたか・・・ww
真実は・・・・亡くなったのでしょうが、生きていても、政宗は密かに応援したでしょうね。
問題は、母が小次郎を家督にするのを諦めさせることですから。
死んだことにして、母に諦めさせることも一つの手かも?
Unknown (桃源児)
2009-01-28 22:36:29
小次郎生存説、もしかしたらと思わせるところがありますね。
立派な墓所です。やはり政宗公も母の代わりに殺さざるを得なくなった弟を哀れに思ったのでしょうね。
急な階段、気を付けないと本当に転げ落ちそうです。
そそのかし (クロンシュタット)
2009-01-29 06:36:53
「最上義光のそそのかし」。
義光にとっては格下の小僧っこの政宗が、見る間に勇躍していった過程は、歯軋りする思いだったのでしょうね。
特に最上家にとっては、富裕な米沢領は欲しくてたまらなかったと思います。
一時は大大名にまで上り詰めた最上家も、やがては没落していった歴史は、伊達家にとってはビクビクもんだったと思います。

鮎釣りは秋川。鷹狩りは三鷹。井の頭(井戸のカシラ)でお茶飲んでと。
桃源児さんへ (ひー)
2009-01-29 07:39:54
政宗も含め母も弟も、生まれてきた時代が悪かったのか、良かったのか?
可哀想といえばかわいそうですね。
死んで名を残す。
それだけの価値はありましたが。
クロンシュタットさんへ (ひー)
2009-01-29 07:42:46
そうかぁ~ 三鷹・井の頭ねぇ~
クロンシュタットさんの領土でしたね。
可哀相な弟でしたね。 (ミモザ)
2009-01-29 07:49:31
お早う御座います~♪
かなり前に放映された伊達政宗の大河ドラマだけは見ていて、毒殺事件はよく記憶に残っていました。
多分、母親が息子を手にかけるというシーンが
印象に残っているのかも知れませんね。
小次郎さんのお墓も立派で、遠い所にあるのですね。
機会があれば、行ってみたい所です。
申し訳ありませんでした (丹治)
2009-01-29 09:00:29
ひー様

階段のこと、
わざと伏せておったわけではござりませぬ。
嘘や偽りではござりませぬ。
誠でござる。
御許しあれ、何とぞ御許しあれ~~~

何を言っても言い訳にしかなりませんね。
本当に申し訳ありませんでした。

大河ドラマでは、政宗暗殺未遂については
最上義光陰謀説でしたね。
原田芳雄がいい味(ということは非常にオドロオドロシイ雰囲気)を出してました。

あのような事件が起きたということは、
小田原参陣のすぐ前になっても政宗の家督相続を快く思わぬ勢力が伊達家内部にあったのでしょうね。

伊達家も一枚岩ではなかった(どこの大名家でもそうでしょうが)・・・本当に存亡の危機だったのだと思います。

それだけに、犠牲となった小次郎が哀れですね。

「七代にわたる勘当が解けた時、
藩主が名代を遣わして小次郎の供養をした・・・」

説明板を読んで知った時、「あぁ、よかったなぁ」としみじみ思いました。

宮城の歴史、東北の歴史、これからも楽しみにしてます。


自転車での旅の途中 (酔漢です )
2009-01-29 09:05:31
この看板、案内が目に入りまして、当時、そう言った知識がなかった私は「誰なんだべか?」
と思い、「んで行ってみっぺ!」となりました。が、途中の坂道で挫折。(自転車は降りてましたが・・)
後から「小次郎さんってあの小次郎さんっだったのすかや!」と大河ドラマを見て知った次第です。
その運命を考えますと、「世が世、なんだなぁ」と思いますと共に、生存説があったとは、つい3分前に知ったのでした。
「しゃねぇかったなやぁ」でした。
小次郎生存説 (ほでなすいっく)
2009-01-29 11:24:37
なるほどね~、生きてて欲しいですね
いくら家督争いとはいえ、2人だけの兄弟だもの

135段… そりゃがおったすぺ?
ミモザさんへ (ひー)
2009-01-29 16:39:09
以前から気になってまして、念願果たしました。
ここは、体力いりますよwww
見学なら、次の二つの記事のお寺がいいかも…?
丹治さんへ (ひー)
2009-01-29 16:52:36
www冗談ですよ。
家内は、翌日筋肉痛になってました。
小生は無事安泰です。
ここ何十年も運動することが無く、だからと言って自ら体を動かす事も無く…
ブログのおかげで、塩竈神社を男坂から上り下り、山寺行ったり羽黒山に行ったり市内をブラブラしたり、歩く機会が出来ました。
この度も背中を押して頂き、念願がかないました。
ついでに、岩手に回りお寺を二つ程…
次回アップします。
酔漢さんへ (ひー)
2009-01-29 17:08:29
やっぱり目的がないと途中で挫折するんですね。
でもあそこまで自転車とは…スゴイ!

生存説の秀雄は、小生も良くわかりませんが、もう一人弟がいたりして?
まぁ、そんな話しがあるから、面白いのかもしれませんね。
いっくさんへ (ひー)
2009-01-29 17:14:19
いやいや、たまげでキツイとこです。
あそこ2往復もすればケーキ1個分になんねべか?

モクモクハウスはリニューアルしたんですね。
知ってました (丹治)
2009-01-29 17:28:54
こっちもついつい乗っちゃいましてネ・・・
でもあの階段は正直言ってきつかったデス。
小原縫殿助のお墓の方に下りていったら、
そのもっと下に人家らしきもの・・・
「あっちに下りて行ったら、山すそ伝いに
駐車場か?」
なんて思ったんですけど、
「この先私有地、入るな」。
で、結局もと来た道を逆戻り。
しんどかったですよ。
そういえば
「こごみ取るな」
なんて立看板もありましたね。
山菜、出るんだろうなぁ・・・
丹治さんへ (ひー)
2009-01-29 17:47:38
そうそう、あの看板を写真に撮るのを忘れました。
シドケもありました。
向こう側に降りられ無いのはショックでしたね。
へ~~~!! (papiee)
2009-01-29 19:35:45
小次郎・・生存説の真相!知りたいですね。
もし、生存していたとすれば
その後の暮らしなども・・・。
昔にタイムスリップして覗きに行きたいな!

そしたら、織田信長は生きていたという説の
真相も知りたいっス!!

あ。。そういえば先日のテレビで
”伊達政宗はスペイン人だった?”という噂が。
今、番組クルーが調査中で後に放送されるようです。
ほんまかいな!ってな話ですよね。
papieeさんへ (ひー)
2009-01-29 23:40:00
ブロ友さんから聞きました。
そして、反論の記事をと…
スペイン人の側室は居たとしても、スペイン人ではありませんね。
DNA鑑定もされてるし、事があればもっと昔に騒がれているでしょう。
自分は見なかったのですが、どの番組でした?
おはようござんす (あーさん)
2009-01-30 11:36:10
出直し奉行です ww
あーさんへ (ひー)
2009-01-30 13:10:20
昼間から、PCでウロウロしてるな・・・
拙もです。www
先週の・・・ (papiee)
2009-01-30 22:17:56
1月18日(日)TBCテレビ放送の
新説日本ミステリー歴史を変えた陰謀SP
という番組です。

そうなんですね~?
DNA鑑定もしてるんですか?
と言う事は、そういう噂は前からあったのですね。
因みにスペイン人の側室は誰の?ですか?
何処かで聞いた事があるような無いような・・。
papieeさんへ (ひー)
2009-01-30 22:52:34
ありがとうございます。
日曜ね!
僕は曜日が関係ないから見たい時は録画しないとダメなんです。
スペイン人かどうかはわかりませんが、金髪の女性がいたという噂は耳にしたことがあります。
しかし、話しだけで文献では見たことありません。
いずれ面白い話し教えます。
伊達小次郎生存説 (清水沼住人)
2013-12-03 10:55:40
伊達小次郎生存説
河北新報2013年12月3日朝刊16面に
元仙台市博物館長 佐藤憲一氏講演内容が
詳しく書かれています
それによれば、伊達小次郎は後に
大悲願寺(あきるの市)第第十五世住職秀雄(しゅうゆう)となったそうです。
http://www.city.akiruno.tokyo.jp/cmsfiles/contents/0000001/1225/sono2.pdf
http://blog.goo.ne.jp/hi-sann_001/e/c790e32686e4b5c2617a6a0750fe54d5

清水沼住人さんへ (ひー)
2013-12-07 15:19:36
コメントありがとうございました。
返事遅れました。
また貴重な資料勉強になりました。
やはり小次郎=秀雄説が有力のようですね。
以前気になって調べました。
河北の記事は見逃しました。
ありがとうございます。
小次郎暗殺に関して (棟方)
2016-05-05 11:23:27
はじめまして、小次郎生存説については、漫画花の慶次が分かり易く描写されています、自分も小次郎=秀雄の説を支持しております、ただ政宗毒殺説の黒幕が義姫については否定させていただきます、理由は確たる証拠が無い、という所でしょうか。
棟方さんへ (ひー)
2016-05-05 23:17:17
コメントありがとうございます。
自分の一般的な記事は、客観的に書いています。
俗説もありますでしょうし、史実を追及していない記事もあります。この事件について私も治家記録や伊達治家記録を確認していませんでした。時間があったとき図書館で確認しています。
ここの場所は義姫に与えられた化粧領地です。
記事の中では計画とか書いてありますが、義姫からすればどちらも我が子ですし、時代背景としても長男が家督を継ぐのは当然であったことでしょう。
伊達家の治家記録もなのですが、意外と家臣などの古文書などから事件などの詳細がわかる場合もあります。一般的に言われている事件なので否定も肯定も今のところできませんね。
意外と山形の最上家の文書で確認が取れるかもしれませんね。お墓は対面上作られるケースはありますからね。支倉常長のように宮城に三か所もお墓があります。 わからないから歴史は面白いのかもしれませんね。いつもタイムマシンがあったらと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。