ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

蒲生:日和山 あれから2年・・・

2013年05月09日 20時28分08秒 | 東日本大震災
久しぶりに、蒲生に行きました。

震災後何度か来ていますが、今までお袋は連れて来ませんでした。 それは・・・
お袋からすれば、母の実家があり親戚も多く、この震災でその親戚や友人を亡くしてしまっていたからです。

母の目には涙が溢れていました。

手を合わせる母でした。









消えた蒲生干潟/憎き3.11
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岩手護国神社 (盛岡八幡神... | トップ | 多賀神社/多賀城市市川 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
また、お願いごとですが。 (酔漢です)
2013-05-12 10:40:50
この記事を多くの友人達n知って頂きたいのです。
またお借りしてもよろしいでしょうか?

蒲生の「養鯉場」が懐かしいです。
酔漢さんへ (ひー)
2013-05-12 21:57:04
いいですよ~

周囲には、堤防が作られているようです。

ここまで伸びて来るのだろうか?

今後、時々様子を見てます。
日和山 (ジュリーママ)
2013-05-14 18:27:45
酔漢さんから教えていただきました。
以前にもコメントさせていただきました。
日和山看板のたくさんのメッセージ、胸が詰まります。仙台に住んでいた頃は、調査や観察会のため、ほぼ毎月のように通っていましたから。まして、暮らしていらっしゃったお母様の思いはいかほどでしょう。

干潟の生態系は、いずれ再生することでしょうが、人の営みがどうなっていくのか。少しでもよい方向へ向かうよう祈るのみです。
ジュリーママさんへ (ひー)
2013-05-15 10:58:43
コメントありがとうございました。

震災後、こうして見に行くと、必ず誰かしら見に来ています。
ため息しか出ませんが・・・・

震災前に記事を書いていて良かったと思いました。
以前の姿を記録して置けたので。

田老町の記事は震災直後一日3万件のアクセスがあり多くのコメントを頂きました。
あの時は驚きました。

また、新たに野鳥達が集まってくれる事を願っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。