ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

片倉家廟所

2008年10月18日 16時34分00秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
戦いが終わって穏やかになった日本は、元和となり景綱は59歳でこの世を去った。
数名の家臣も殉死を遂げたといいます。

その後、片倉家は《1代景綱ー2代重長ー3代景長》と続き、伊達騒動の時には、3代景長が4代藩主、伊達綱村をよく補佐したとききます。

片倉家代々が「伊達の功臣」と言われる由縁なのです。

明治維新の頃、新政府軍に反抗したため賊軍となった伊達家は所領を大幅に削減され、また片倉家も所領を失い、片倉家中は北海道に開拓団として移り住み、その移住地が札幌市白石区です。

※2代景綱は後に重長と改名し、その才能と武勇は父、景綱に勝るとも劣らなかった。



マイクロバスが街を巡ってくれます。どこで間違ったかモノクロになってました。



           
奥羽越列藩同盟の軍旗です。この白石城で列藩会議が行われました。
人形は、白石のキャラクターこじゅうろう君です。(写真はほでなすいっくさんからジッテきました。















長々とお付き合いありがとうございました。 
そろそろ現代に戻りたいと思います。
後は、小出しに触れて行きたいと思います。
今、伊達騒動について、振り返り勉強中です。いずれまた・・・
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊達政宗と片倉小十郎 | トップ | フィギュアスケート発祥の地 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
白石市民の心意気 (ぐずら)
2008-10-18 18:22:08
片倉家では、北海道に入植する費用に当てるために城を陸軍省に売却、
所管が大蔵省に移った明治7年には民間に払い下げられ、
その後お城は解体されてしまったんだと・・・
それからおよそ120年たった平成7年、
市民の念願かなって天守三階櫓と大手門の再建がなった!
それも、ぜんぶ昔からの工法で・・・
いい話じゃないの
ぐずらさんへ (ひー)
2008-10-18 19:12:01
それに比べ仙台は…大手門再建なるかと思いきや、今は手が加えられなくなったんですよね。
情けない!
維持困難で城を解体したのも如何かと。残念でなりませぬ。
こじゅうろうくん遂に登場 (ほでなすいっく)
2008-10-18 20:18:33
白石城は再建になったのに、青葉城は石垣だけってつまんないね

お城は他に名古屋城と弘前城に行った事があるよ
名古屋城のでかさにビックリ


いっくさんへ (ひー)
2008-10-18 21:19:55
どうもう~
チョコっと使わしてもらいました。
弘前城も確か櫓(やぐら)だったと思いますよ。
仙台は天守閣を持ちませんから、瑞巌寺を大きくした感じです。
でも、もったいなかったですね。
今作れば、何十億かかりますよ。
ジッテきました (あーさん)
2008-10-18 21:21:42
って、ガメて来たという意味ですか?


しかし白石区とはっ!
あーさんへ (ひー)
2008-10-18 21:49:05
そうそう
がめてきたとゆうことです。www
Unknown (桃源児)
2008-10-18 22:46:48
モノクロ写真も味わいがありますね。
こじゅうろう君、彦根のひこにゃんにも似ているような。
桃源児さんへ (ひー)
2008-10-18 23:34:03
やはり…
私もそう思いました。
薩長は今でも仇敵じゃー (クロンシュタット)
2008-10-19 06:20:36
札幌市白石区も成実の末裔の入植地の伊達市も、本家よりも大きな自治体になっていますね。
確か、亘理町と伊達市の交流が、現在でも盛んであると記憶しています。
ご維新の際の「外様の蝦夷地入植」では、仙台藩の実例は、数少ない成功例でしたからね。

「賊軍」と区分されても、奥州諸藩は時代の流れに疎く、ただの「反薩長」でしかなかったのにねー。
会津藩なんかは「勤皇」の権化の藩であったのに、まったく薩長の横暴には怒り心頭です。
斗南藩の地の下北半島北端を歩き回ったことがありますが、恐山を筆頭に奥州の怨嗟の情念が満ちているようで、びびりまくりでした。
クロンシュタットさんへ (ひー)
2008-10-19 06:41:50
斗南に行った会津藩の人達は大変だったことでしょう。
あそこの卑は、会津を向き、その台座の石垣は鶴ヶ城の石を使ったとか…
蝦夷地に開拓で入った伊達家とその人々の苦労も察するおもいです。
先日テレビで伊達市の伊達家の当主がでてましたよ。

コメントを投稿

仙台藩と伊達家のお話し」カテゴリの最新記事