ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

住吉神社/仙台市泉区西田中

2010年01月06日 21時59分27秒 | 仙台市内の散歩道
住吉神社

鎮座地:仙台市泉区西田中下田中15
祭 神:底筒男命・中筒男命・表筒男命
例 祭:11月第1日曜日
境内社:萱場神社(祭神・大山祀命、大巳貴神)・愛宕神社(祭神・火産霊神、軻遇土神)・法量神社(祭神・神少彦名命)・熊野神社・八幡神社・稲荷社(祭神・宇迦霊之命)・白狐社(稲倉魂命)・神明社(祭神・天照皇大神、豊受大神)・龍神社(祭神・素戔鳴尊)社名の最初の文字は正確には三水に大を書きますが文字がありません。文字を作ったのですがブログでは使えないようです。

さて住吉神社ですが、 ここ西田中の鎮守として祀られたのですが、明治42年に朴木山の愛宕神社、松下の萱場神社(稲荷)、上河原西の法量神社、杉下の稲荷神社を合祀しました。
境内社に其々の神殿を造り、祀ったのでこのような形になったのですね。

地名の由来に意外な多賀城との結びつきがありました。
昔、宮城郡と言っていた頃、田中村が2つありました。
ここと、現在の多賀城です。これは混同して間違いやすいと言うことで、明治6年(1873年)に、東田中村(現在の多賀城市東田中)と西田中村(泉区)とに区別されたということです。

西田中村についての記述はあまり残されていないようです。
「風土記御用書出書」には住吉神社が田中村の鎮守として祀られたと記述されていることから、昔から地元の人に親しまれていたのでしょう。






いましたいました。今回は古株さんですよ。


向かって右、吽形    左が阿形ですが、通常の反対に位置しています。





出生日 明治十三年辰年 九月十九日
 


垂れ耳の後ろにストレートヘアーが筋になっています。 これも見かけませんね。
頭頂部は巻き毛が玉になっています。






オッと・・・・ここにも居ましたよ。ひーさんは、ワクワクでしたよ。



どうも陶器製のようで、阿吽の並びは、先ほどと同じです。 両方に角らしきものが・・・









中には、御神体のような、置物が並んでいました。



石碑が並んでいますが、宮城には多い、古峯神社や月山・湯殿山・羽黒山の出羽三山、金華山などでした。


定義如来の取材で見つけた神社でした。

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 緑のイスキア/Pizzer... | トップ | 小さな都会の夜 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
風土記に (維真尽(^^))
2010-01-06 22:30:58
出ていたとなると~
そうとう
由緒ありそうですね 

鄙びた感じがいいですね (^_-)~☆
Unknown (桃源児)
2010-01-07 00:15:17
明治生まれの狛犬様、わらを付けているのが、ちょっとおしゃれにも見えてしまいます。
陶器製、割れないかと不安になります。
維真尽さんへ (ひー)
2010-01-07 07:55:30
風土記といっても、出雲のように古いものではないと思います。

でも村の集落が町となり市になり変化していく様子がわかりますね。
桃源児さんへ (ひー)
2010-01-07 07:57:41
大きな神社の狛犬もいいですが、小さい神社でも味のある狛犬が見れるのが嬉しいです。
Unknown (ミー太郎)
2010-01-07 16:08:53
古い狛犬様なんですね。ストレートヘアというのが面白い。狛犬もよ~く見ると歯並びイロイロなんですね。^^
狛ちゃんカッコイイですね。 (ミモザ)
2010-01-07 17:45:19
こんにちは~♪
住吉神社は歴史のある神社ですね。
それに狛ちゃんの事も細かく観察していて
説明も分かりやすいですよ。
陶器の狛犬はまだ、見た事がないので
見たいですね(^_-)-☆
ミー太郎さんへ (ひー)
2010-01-07 19:18:48
歯並びも作者の自由ですからね。
でも、高齢になると歯は欠けてしまうのですね。
ミモザさんへ (ひー)
2010-01-07 19:30:14
実は観察の票があります。
次回に公開しますかね。

偶然見つけた神社に神殿の狛犬は驚きでした。
お晩です (あーさん)
2010-01-07 20:45:11
Oh 立派に東北本部長の職責を果たされましたね ♪

2物件とも珍しいタイプ。
ひーさんならずともワクワクします ♪
Unknown (ほでなすいっく)
2010-01-07 21:24:52
古株の狛ちゃん
たれた耳(?)がおかっぱ頭みたいでかわいいです
陶器の狛犬があるんだ!
狛犬道も深いのね
Unknown (はー)
2010-01-07 21:36:34
鎌倉で~
観光客の少ない神社に初詣
いろいろと新発見あり~で
楽しくなりました (^^)/
ちょっと~ ひーさんの
真似をしているような(^^)v
あーさんへ (ひー)
2010-01-07 22:23:00
定義の取材でたまたま見つけて、チェックして置きました。
狛犬が見えていたので、落ち着いたらと思い行ったわけですが、神殿の両脇に居るとは
以外でしたね。
カミさんは昔からここを田中と呼んでいたそうです。
多賀城にも今でも東田中が存在し、ここで結びつくとは思っていませんでした。
調べるとは、面白いものですね。
いっくさんへ (ひー)
2010-01-07 22:25:50
この陶器製のオトボケ顔! なんともたまりませんね~

どっかで狛犬見つけたら教えてくださいね。
はーさんへ (ひー)
2010-01-07 22:29:52
鎌倉だったら、古い狛犬いそうですね。

奉献の年月が刻まれていなくて残念な時があります。
小さくとともそこには歴史があるのですね。
ありゃぁ~? (ぐずら)
2010-01-07 23:41:33
西田中っつたら、泉ヶ岳の登りっ口だいっちゃ!
あんな山ん中さ住吉さんあったのすかぁ~?
住吉さんつったら海神さんだいっちゃねぇ…

ここの近く流れてる花輪川のも少し上流の方にゲンジボタルの群生してる沢があって
以前は何度も見に行ってたんだけど、住吉神社には気付かねがったやぁ~~~
早くも仕事疲れが・・・ (クロンシュタット)
2010-01-08 05:39:31
いろんな神社が合祀されています。
今の世の中の「縄張り主義」「他人排除の風潮」と比べると、おおらかですねー。

元日は明治神宮でしたが、2日は地元の井の頭弁財天に。
そこの「銭洗い」で50円玉を100円玉にすり替え、「お!倍になった!」。
次男は見事にだまされ「すげー!いいなー」。
さっそく小遣いでまねしてましたが・・・
ぐずらさんへ (ひー)
2010-01-08 07:47:38
この住吉は地名からかも?
住吉団地もあるし・・・そこのヤマザワに行く時見つけました。蛍を捕まえて、蚊帳の中に離して遊んだのは何十年も前の話です。
源氏蛍みっさいぎでね。
クロさんへ (ひー)
2010-01-08 07:51:04
井の頭も銭洗い弁天なのですか?

それを信じる息子は、まだけがれていないようですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。