ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

江戸時代/1日何キロ歩くの?

2008年01月18日 15時55分24秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
江戸時代の旅人は、1日に何キロ歩いたのだろう。

私は、最初こんな歌を思い出しました。

『♪お江戸日本橋七つ立ち 初上り アアコリャコリャ 行列揃えて あれわいさのさ こちゃ高輪 夜明けの提灯消す こちゃえ~ こちゃえ~♪』
最初の、疑問は七ツって何時? でした。

きっと暗いうちに出発して、高輪に着いた頃夜が明け、提灯の火を消したのだろうと想像がつきます。

調べているうちにいろんな事がわかって来ました。

まず七ツは明け六ツの2時間前で季節によりますが4時頃を指すようです。

じゃあ明け六ツはと言うと太陽が上がる20分前だそうです。

暮れ六はというと太陽が沈んでから20分後らしいです。

ちょっと脱線しますが、仙台ではこの時刻だけ呼び名が違います。
それは、仙台藩主は代々陸奥の守(むつのかみ)だったので『むつ』という言葉は使われなかったようです。
変わりに、明半時、暮半時と言ったいたそうです。



戻ります。


江戸時代は各所の木戸が閉められ、夜中の往来は制限されていたようです。

それで『寅の刻、七ツ』になると木戸が開けられ通行を許されたようです。

ですから早く出発しても、木戸の前で行列を作り七ツの鐘を待っていたのですね。


「初上り」は京都に向かう事ですね。

今は東京ですが、よくお上りさんしてましたよ。

それでは、1日にどの位歩いたのでしょうか?

松尾芭蕉は岩出山から一関まで1日で歩いたと言う記録があります。現在の距離で58キロです。

今の人は驚きますが、当時は不可能な距離でも無さそうです。確かに芭蕉は健脚ではあったようですが……忍者説もでましたねぇ


それでは、参勤交代はどうだったのでしょう。

仙台藩では、800人~1000人のおともがいたようです。

江戸までの距離は93里 (1里=3.927)約365キロです。

そこを8泊9日で歩いたようです。

つまり1日に歩いた距離は40キロになるわけですね。
(^_^)b


参勤交代には、食料を持って行き、宿泊地(本陣)で自炊したそうです。

面白いのは、お風呂まで持って行ったそうですよ。


ちなみに、秋田の佐竹藩は、約600名のお供で江戸まで2週間かかったそうです。


そこで、経費なのですが、仙台藩ては約5千両と考えられてます。

1石=1両=6.000文として1石は150kg

米10キロを借りに3.000円とすると、1両45.000円

5千両だと2億2千5百万円です。

最近、米が安いので、10キロ4000円で計算すると3億円になります。


仙台藩は62万石でありながら、100万石以上の力を持っていた…と言うか、収益があったようです。

ですから幕府は仙台藩を恐れていました。

そこで、他の藩より多く参勤交代をさせて、お金を遣わせたと聞いたことがあります。


江戸に行く度に3億では、気の毒ですね。


『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大崎八幡宮 (宮城県:仙台市) | トップ | 野蒜築港跡 打ち砕かれた夢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。