ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

伊達政宗の健康への気配り

2008年06月03日 21時34分38秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
写真は、以前にも述べましたが、生前の遺言により両眼が描かれています。

政宗が宛てた手紙の中から、健康に関する話しを紹介したいと思います。

仙台藩お抱えの医師は、高屋家で快庵(かいあん)とその甥の松庵(しょうあん)が政宗に使えました。

政宗が二人に宛てた手紙は、44通確認されていて、その半数は自分が使う薬を求めたようです。

こんな手紙があったようです。

『白鳥を肴に強めの焼酎4、5杯を飲んだら、熱が出た』

といった体調を知らせる内容の手紙です。

政宗は、焼酎を好んで飲んでいたのでしょうか?

つまみは、白鳥(・_・;) ??

でも当時の様子がよくわかりますね。


残りの手紙の17通は、身辺に仕える女性が使用する薬を求めたもののようです。

その内容は実に細かく記されていて、脈や発熱状態、以前の薬の効き目など…

まるで薬剤師に指示をする医者のようです。

政宗は、自らの健康を気遣うだけじゃなく、身近な女性の体調へも日常から気を配っていたのですね。

人柄を感じますね。
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スケッチ:曲屋のある田園 | トップ | 政宗は鷹狩り好き… »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あーさん)
2008-06-03 21:52:17
医心方の出る幕はなかったんでしょうね ww
できれば~ (維真尽(^^))
2008-06-03 21:58:26
チャングム~みたいな女性が
御傍にいたのではないでしょ~か (^_-)-☆

Unknown (桃源児)
2008-06-03 22:47:38
白鳥を食べていたんですね。そういえば、当時は鶴も食べていたとか聞いたことがあります。
今だったら、日本野鳥の会に怒られそうですね。
健康への気配り、徳川家康にも同じような所があったようですね。
え(・▽・) (みっちゃん)
2008-06-03 22:57:25
肴に・・・って
(T_T)ただ、眺めてるだけぢゃなくて・・・?
ひーさん!(・_・)
強めの焼酎4、5杯って・・・・
健康気配り?の正宗も無謀だけど・・・
( ̄□ ̄)ひーさんも無謀なことしちゃダメよ!
入院中ですからねっ!
あーさんへ (ひー)
2008-06-04 06:22:25
どうなんでしょうねぇ~
腑に落ちないのは、どこから手紙を出したかです。
城内なら文は必要ないような?
後程、政宗が居た所の統計を書きます。
維真尽(^_^)さんへ (ひー)
2008-06-04 06:26:06
政宗には金髪の女性も居たと聞いております。
廟所からはロザリオや鉛筆も出てきてますからねぇ
桃源児さんへ (ひー)
2008-06-04 06:31:53
名高い武将なら当然病も身辺警護もしっかりいたでしょうね。
狩りも相当していたようで、その様子も手紙にあるようです。
みっちゃんへ (ひー)
2008-06-04 06:38:04
おちょこで4~5杯かも知れないし…

退院するまでに慣らして置かないと…

ハイm(..)m すみません、言い訳です。
Unknown (ミモザ)
2008-06-04 07:56:10
白鳥を肴に強めの焼酎4、5杯を飲んだら、熱が出た>鳥の白鳥

ビックリ! (ミモザ)
2008-06-04 08:00:21
間違って投稿を押しました
鳥の白鳥
焼酎でには聞いただけでもお腹を
壊しそうですね
気配りの政宗さんは、カッコイイですね
ミモザさんへ (ひー)
2008-06-04 09:24:24
途中で押してしまったのですね。
前の記事のコメにも書いたのですが、携帯からコメントが入りません。
あと一週間ですから規制しているならそのままで結構です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。