ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

山神社/小牛田町(現:美里町)

2009年10月04日 07時04分23秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
山神社やまのかみしゃ

この社も雨漏り書斎主人あ~さんから戴いた全国神社名鑑に掲載されております。
由緒については、社の案内板を省略し転記します。
山神社は県内にかなりの信仰を持ち、山神講として参拝者は昔から多いようです。
平家の落人の里である大倉の人々もこの講を作り参拝しているようです。
これについては現在まとめています。
参拝の帰りには、饅頭を土産に帰る人が多く、山神饅頭または小牛田饅頭としても有名です。
この日も饅頭屋さんが、店を出していましたが横目に後ろ髪を引かれる思いで帰ってきました。


御祭神   木花佐久夜比賣命
合祀神  大山咋命・天照大御神・誉田別命(応神天皇)

御由緒
崇徳天皇の永冶元年(1141年)摂津国の住人(修験)現宮司家の祖小山田清寧始めて家の神として勧請したと伝えられています。
その後裔浄円元亀二年(1571年)神霊(御神体)を奉じて、小牛田村旧屋敷に来て住み、天正三年(1575年)祠を建てこれを鎮め奉る。・・・割愛・・・・
明治41年8月町内大火の時全焼するが仮社殿を設けると共に、同年無格社・日枝神社(下小牛田鎮座)42年村社・八幡神社(西原鎮座)無格社・神明社(山崎鎮座)郷社・日枝神社(町屋敷鎮座)を合祀するにより無格社山神社郷社に昇格する。
42年3月神饌幣帛料共進社に指定され、現在地に本殿、幣殿を新築、拝殿、社務所を仮説し大正6年12月26日遷宮祭を執り行う。

御神徳
御祭神は山の女神であり、山を守り、山より物を生み給う神であると共に御祭神の御事蹟により良縁・子授・安産・子育等の諸願成就に霊験あらたかな神であります。
江戸初期には、伊達家一門の奥方達が御産をなさる時、家臣を代参させた。
尚、火伏の神、造酒の祖神としても極めて尊崇されております。

二の鳥居 

                                          ここは、平地ですが紅葉が始まってました。
     

                                        平成4年に手水屋を造営。なかなかの彫物です。
       



向拝の彫り物も立派です。

     

細身ですが、表情がイキイキしています。 阿形ですが大きく口を開けておらず、どちらかと言うと猫科の豹のような感じがします。巻き毛もありませんね。


                                    大正十年三月
     

左吽形


右阿形 耳は垂耳で歯もしっかり彫られています。ガッチリ型で頭も大きいですね。
足も珍しくリアル感がありますね~ 爪もしっかりと彫られています。


     
                                      笑うな!! おや? 口の中に何かが

左吽形




     

千木は内削ぎでした。
     

境内社


涌谷あたりの鳥瞰図にしっかりと山ノ神神社が描かれています。
下の街は石巻で日和山が見えますね。


『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌枕殺人事件 | トップ | 秋の便りが舞い込んだ・・・... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (桃源児)
2009-10-04 16:49:11
もう、紅葉が始まっているんですね。
木の香がしそうな手水舎、本当にまだ新しいですね。
細身の狛犬とは珍しいです。
桃源児さんへ (ひー)
2009-10-04 18:34:10
お晩です。
訪問出来ずにいました。何かと忙しく失礼しておりまそ。
今しばらくお待ち下さい。
Unknown (ほでなすいっく)
2009-10-04 21:31:07
ホントだ、豹みたいな狛ちゃんですね
山神饅頭って子宝うんぬんでねがったっけか?
いっくさんへ (ひー)
2009-10-04 21:46:48
いっくさんもいっぺ食っていっぱい「なさいん」
今日も疲れてダメです寝ます。
訪問出来ずにすみません。
山の神様 (維真尽(^^))
2009-10-04 22:29:33
シンプルのお名前 (^^)v

やはり
女神でしたね (^_-)~☆
超大型台風ですか・・・ (クロンシュタット)
2009-10-05 05:59:48
もう平地でも紅葉が始まったのでしょうか。

残暑がなかった今年。東京も朝晩は冷え込みを感じるようになりました。
最近の東京の木々は、紅葉する前に枯れて落葉してしまいます。
木々の種類にもよるのでしょうが、やっぱり温暖化が進んでいるのでしょうかね。

台風が関東に最接近する日が次男の遠足の日です。
いーさんへ (ひー)
2009-10-05 07:46:27
おはようございます。
女性の講もおおいようです。
山関係の仕事の方も多いようですね。
クロンシュタットさんへ (ひー)
2009-10-05 07:50:20
去年なんかもそうでした。
この木は特別早いようです。
10日まで休みが無くて、出かけることも出来ない状態です。
今年は綺麗に紅葉して欲しいものです。
Unknown (ミー太郎)
2009-10-05 11:30:10
立派な建物ですね!狛様方も堂々としていて立派! ウチの方でも山の方は紅葉スタートです。

先日の多賀城ドラマ、見損ねてしまいました。
(T_T)
母が「キングコング」を見ると言ってきかないんです。(T_T) 母は強し!
ミー太郎さんへ (ひー)
2009-10-05 12:01:54
wwwキングコングは録画してて昨日半分くらい見ましたよ。
まぁ、TVですから…
是非映画は見て下さい。最近忙しくてUPも訪問も休止していました。
テレビ見ました。 (ミモザ)
2009-10-05 15:21:10
こんにちは~♪
歌枕殺人事件見ましたよ。
和歌がテーマとは知らず楽しく見ました。
多賀城の景色も知らない所が出ていましたね。
山の神饅頭は戴いた事があるのですが
その神社がこんなに立派で大きいとは
知りませんでした。
狛ちゃんたちも可愛いですね。
いつの日か行って見たくなりました。
ミモザさんへ (ひー)
2009-10-05 21:02:13
饅頭を食べたことありましたか。
記事は作り置きをアップしたのですが、なかなか訪問出来ませんで…
すみません。
お晩です (あーさん)
2009-10-05 23:33:05
流石、東北本部長 良い仕事をされました♪

狛犬aの歯が白いのが印象に残ります。
コレは昭和かな?
あーさんへ (ひー)
2009-10-06 06:08:22
身にあまるお言葉…ォホホ
歯は他のにもついてますが白く塗ってあるのは初めてですね。

古いのが大正なので、これは明らかに昭和ですね寄進の年月がないのが残念です。
石塔に小牛田山神の文字 (romi)
2010-11-09 16:19:24
はじめましてm(_”_)m
日本の永遠のふるさとを標榜する『遠野物語』の里からです。

地元の石塔に小牛田の山神の文字を見つけこちらに飛んできました。

歴史には疎いですが江戸末期に講を組んで参拝した記念かと思われます。
エントリーの中でこちらのサイトをリンクさせていただきました。ご了承ねがいます。
BY imahiro
romiさんへ (ひー )
2010-11-09 21:27:52
はじめまして、コメントありがとうございます。

山神社の講は、宮城県内におよばず広かったのですね。
藩制時代なら、仙台藩にも遠くはありませんからね。

遠野は大好きで、記事にもしています。
カテゴリーから岩手県から見れますよ 。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。