ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

鹽竃神社の狛犬さん その1

2009年03月13日 08時00分00秒 | 塩竈の散歩道
第1回は、身近な鹽竈神社の特集です



鹽竈神社に関する記事 

御釜神社・・・そして、しおがまさま
しおがまさま 神々の月灯り その一
しおがまさま 神々の月灯り その二
鹽竃神社:写真
鹽竃神社の桜
鹽竃神社の桜 その2
鹽竃神社の「おまけ」記事
しおがまさま
鹽竃神社
奥州一ノ宮・鹽竃神社

表参道(男坂)に構える狛犬













狛犬メモ

狛犬の魅力は、やはり2体と同じ物が無い、というところではないでしょうか。
石工の手によって、角材から彫りだされる姿や表情、そして大きさや尾や体毛の文様も其々違うのです。

その威風堂々とした姿や躍動感・質感も、魅力の一つでしょう。
苔に被われ、風化し欠けてしまっても、その姿に惹かれてしまうものです。
おとぼけ顔も、勇ましい顔も、その表情に笑ったり、感動さえ覚えます。


その2

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧本塩釜駅/仙石線 | トップ | 鹽竃神社の狛犬さん その2 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良くなったのですね。 (ミモザ)
2009-03-13 20:59:37
こんばんは~♪
良くなって良かったです。
狛ちゃんシリーズ楽しみですよ。
塩竃神社には何度も行っていますのに
狛ちゃんをじっくり見てなかったようです。

明日ブログUPして早めの新幹線で
東京&神奈川に行って来ます。

お体を大事になさって下さいね
ミモザさんへ (ひー)
2009-03-14 08:41:55
また
おでかけですか・・・
まるで、フーテンの寅さんのようですねww
お晩です (あーさん)
2009-03-15 01:09:22
なかなか力強い狛さま♪


奉納は江戸末期~明治?
あーさんへ (ひー)
2009-03-15 08:51:10
たぶん江戸時代だと思いますね~
狛犬が現れたのは、平安あたりなのでしょうか? 一般的に普及し石工さんが増えるのは、やはり江戸時代なのでしょうね。
白状します (酔漢です )
2009-03-19 19:38:33
最初の写真の狛犬様のお口に
「カバヤジューシー」を突っ込んだのは酔漢でございます。
酔漢さんへ (ひー)
2009-03-19 21:11:47
バチアタリ~

今度・・何かくわえさせて撮りますか。ww

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。