ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

鹽竈みなと祭/海上編

2010年07月22日 12時02分56秒 | 塩竈の散歩道
神輿渡御
鹽竈神社の神輿を御座船「鳳凰丸」に、志波彦神社の神輿を「龍鳳丸」にそれぞれ奉安し、百数十艘に及ぶ供奉船(ぐぶせん)を従えて松島湾の海上を渡御します。
私は、先回りしてマリンゲートヘ・・・
リュックに入れて置いた水をチビチビ飲みながら、神輿の到着を待ちました。

Oh! いましたいました。 御供船です。







まだ人はまばらですが、次の写真は大勢集まっています。


ちょと写真を飛ばしてみましたが、比べてみました。マリンゲートの屋上にもいっぱいです。



 

神輿がやってきました!



舟に橋を渡し、神輿を乗船させます。



まずは、龍鵬丸に志波彦神社の神輿が乗り込みました。



今度は、鳳凰丸に鹽竃神社の神輿が乗船です。







この人お偉い方のようですね?



いよいよ出発です。







続いて鳳凰丸の出港です。





















4時間棒立ちと徒歩で疲れたよ・・・・おまけに顔はお猿のように・・・真っ赤か

キーッ!! 
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鹽竈みなと祭/表参道編 | トップ | 過密スケジュールにて… »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
みこしを (維真尽(^.^))
2010-07-22 12:44:13
海に奉納する
って感じじゃなくて
行幸ですね 

こちらのは
たしか
みこしごと海に入る 勇壮な感じですよ
たしか 
みこしを (維真尽(^.^))
2010-07-22 12:44:22
海に奉納する
って感じじゃなくて
行幸ですね 

こちらのは
たしか
みこしごと海に入る 勇壮な感じですよ
たしか 
維真尽さんへ (ひー)
2010-07-22 16:50:46
この祭りは、祭神である、塩土老翁神を年に一度海へお連れする祭りなのです。
一トンのお神輿は半端な重さじゃないですね。
まぁ、塩造りを教えたのは、出雲神族の祖先かもしれませんが。
すごいですね~ (sidu-haha)
2010-07-22 17:13:14
素晴らしい祭りの報告ですねえ~^
なんて、豪華で迫力があることか~~
ひーさんの腕の発揮どころでしたね。
日に焼けて~~ピリピリしているのでしょうね。
大丈夫ですか??

偉い人は、サルタヒコですねえ~
神様を先導しているのですね。
素晴らしいですねえ~この祭り~~
来年は是非見たいものです。
sidu‐hanaさんへ (ひー)
2010-07-22 17:35:20
猿田彦が「ににぎの尊」を案内した神話ですね。なるほどそれで水先案内人ということですか。
七ヶ浜の鼻節神社の祭神が猿田彦ですね。あそこも藻塩焼神事や鹽竈神社と切り離せない神社の一つです。
鼻節神社の記事はアニメ「かんなぎ」の影響で今でもアクセスがあるんですよ。
Unknown (桃源児)
2010-07-22 17:41:38
色とりどりの船、美しいですね。見ているだけでも飽きません。
鳳凰丸、一際目立ちます。
Unknown (ほでなすいっく)
2010-07-22 20:52:10
わー、凄い!!
みなと祭りは見たことがないのです
いつか見てみたいです
塩竈神社の階段は登ったことも降りたこともございません
ズルして車ですww
見て居て・・・ (かにちゃん)
2010-07-22 21:08:14
こちらは海の側なのに 海で行う神事が無いですね~ (ー_ー)!!

せめて 秋祭りには 船に大漁旗ぐらい建てて勇壮漁師の心意気の様なものを見せてほしいなぁ!

世話役さんに 提案してみよう・・・(^-^)
ニアミスでぇす (酔漢です)
2010-07-22 21:17:35
写真の中に自分をさがしました。が、ほんの少しの時間差で・・・・。
敢行桟橋が魚市場の時代です。ここから御座船が船出でした。その時の写真の話を前回コメントいたしました。
猿田彦ですね。確か松島の某神社(名前失念。申し訳なし)も猿田彦だと記憶しております。鼻神社です。宮司不在は何時まで続くのでしょうか。気になるところです。
暑さでもう体も頭も壊れそうです (クロンシュタット)
2010-07-23 05:42:24
父親と思われる人物が数カット。
でも病身ゆえ炎天下には出てこないので他人の空似?

「エンヤードット!」の大音響が聞こえてきそうです。
昔の祭りの日には塩竃港駅まで臨時列車が乗り入れて来ました。新駅よりはるかに便利でしたからね。
8/5の時代、港祭りの夜は仙台七夕前夜祭の花火大会でしたよね。
「盆と正月がいっしょに」みたいな感覚でしたっけ。


桃源児さんへ (ひー)
2010-07-23 05:55:25
確か私の世代では二代目の船だと思います。
昔の幼い子供は怖くて泣いたものですが、今の子供は泣くのかな~と思ってました。
いっくさんへ (ひー)
2010-07-23 06:05:23
いつも裏でしたか、裏坂(女坂)もありますが下に駐車場がありませんからね~
表参道を一旦降りて登るのも悪くありませんよ。手ぶらならキツくありませんからどうぞお試しあれ。
かにちゃんへ (ひー)
2010-07-23 06:12:34
高知はどうなんでしょうね? カツオの一本釣りが有名ですが徳島は漁のイメージがありませんね? きっと東北の人間だからだと思いますが…

瀬戸内海側の香川や愛媛は水軍のイメージですね。
酔漢さんへ (ひー)
2010-07-23 06:19:33
七ヶ浜の鼻節神社は宮司不在ですが、観光の目玉的な存在で力を入れてますから大丈夫でしょう。松島の神社は探して見ますよ。
ニアミスでしたか~
惜しい!
クロさんへ (ひー)
2010-07-23 06:36:34
私も何十年ぶりのお祭りです。
いつも仕事優先でした。もし8月だったら、東北6大祭りとして組み込まれたかも?
鹽竈港祭り・さんさ踊り・ねぶた・竿燈・花笠・七夕 ですね。
Unknown (ぱせり)
2010-07-23 08:54:14
 おおー!   勇壮☆!
港祭りは 一度も見た事が無いので…。

あの 緋色の衣装 青海波の袴 鳥? の面をつけたのは…何を表しているんでしょうー???

それにしても 暑そう!!
頑張りましたねー!!
ぽち!
阿波水軍も (かにちゃん)
2010-07-23 17:24:09
活躍していたのですが・・・

昨日、BS見てたら 何と鹽竈神社の様子をしてるじゃないですか~

他人と思えず 一生懸命 画面にくぎ付け!!
ぱせりさんへ (ひー)
2010-07-23 21:01:14
猿田彦のようです。
日本神話で瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)が降臨の際先頭に立って道案内をしていますので、この祭りでも道案内役として先頭に立っているのかも知れません。
創造ですがね・・・ sidu-hahaから猿田彦と教えていただいたので、その関係かなと思いました。
かにちゃんへ (ひー)
2010-07-23 21:04:28
そうでしたか~
嬉しいですね~
阿波水軍もありましたか~ 当然でしょうね。勉強不足でした。
御座船供奉は船頭の誇りなんだでば ♪ (ぐずら)
2010-07-24 23:29:31
オイラが野郎っ子ん頃、南町に住んでた釣り船の船頭のオンちゃんも
普段は毎晩ガード下でベロンベロンになってんのに、
港祭りの前の晩は精進潔斎、年に一度の休肝日だったっけなぁ~
その後も、世の中の景気のいがった20年ぐらい前まで大小とり混ぜて供奉船300・・・
とか云ってたし、実際御座船の廻りをビッシリ囲んで塊になって渡御してたもんなぁ~ ♪
そのころに比べっと、ここ数年船と船の間隔が広く感じる・・・
ぐずらさんへ (ひー)
2010-07-29 20:45:29
300艘とは、凄いですよね。
漁船そのものが減ったことも理由の一つでしょう。
七ヶ浜の親戚もおんちゃんおばちゃんが亡くなり次の代は会社員です。
仕方が無いですね。
おお~見事! (silent-holly)
2010-08-03 09:18:11
さすが、ひーさんですね

写真がとっても綺麗、私も何年か前にマリンゲートへ行って写真撮りましたが、こんなに綺麗に撮れませんでしたよ

ご発船の前に神楽の奉納があって、息子が踊ってるので見に行ったのですが…
今年はお嫁ちゃんのお父様が自分の船でお供してくれました

私は月曜は仕事をぬけられないので、見にいけないんです

こちらで見せていただきました~
silent-hollyさんへ (ひー)
2010-08-03 10:55:20
この日はおかげでがっちり日焼けしました。
泊り明けでしたが、前日にカメラ持参で出勤し塩竃神社に直行しました。
疲れましたが、私より担ぎ手が夜までですから大変だったことでしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。