ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

伊達の忍者部隊「黒脛巾組」と摺上原の戦い

2009年01月18日 16時14分23秒 | 仙台藩と伊達家のお話し

戦国大名なら、殆どが諜報活動、謀略の為に忍者を活用していたのは、歴史好きな方で無くともTVの影響でよく知っていることでしょう。
ことに私は、忍者ハットリ君、赤影・・・、忍者部隊月光などなど、小さい頃はおもちゃや手作りのホントに刺さる手裏剣などで遊んだものです。
ドラマでは、やはり水戸黄門ですかね。
ブロ友の雨漏り師匠は、伊賀上野の出身ですからきっと本物の手裏剣で遊んだことでしょう。



さて、伊達政宗ですが、忍者と言うべき諜報部隊を擁していたようです。
「黒脛巾組」と呼ばれるようになったのは、彼らは脛(すね)に黒の革脚絆を巻いていたことから、そう呼ばれるようになりました。
この特殊部隊は地域の農民や町人・職人などのうちから、刀や槍などの武器の腕に覚えがあり、力量の優れた者の30人、50人を一組に組織していました。
商人・山伏・行者などにまぎれているものもいたようです。

政宗は、「黒脛巾組」を利用し、後方攪乱策、つまり敵方に進入し流言蜚語を飛ばし、敵を分裂させたり、混乱させる「情報戦」をよく行なったようです。

黒脛巾組の一人、大林坊俊海は蘆名氏の黒川城下(現:会津若松)に忍び込み、蘆名氏が、諸勢力を結集して政宗を包囲しようとしているという重大情報を入手したという話や、同じく黒脛巾組の太宰金助は、蘆名氏重臣の猪苗代盛国とその子盛胤に争いを起こさせ盛国を内応(裏切り)させることに成功したと言われています。

この活躍は、蘆名氏との戦いの様子なので、摺上原の戦いのことでしょう。

政宗が小田原参陣に迷った際も、太宰金助は小田原に赴いて、北条や秀吉の動向を探っていたといいます。


政宗は、決戦の三日前の夜、刀の鞘の白紙を右巻きから左巻きに変更せよ、と命令しました。
翌朝調べると右巻きの者が八人いました。
たちまち捕らえて、二人ずつ公の前に連れ出されました。
公はあたかも二階堂・石川・岩城・白河の家中のように扱い、「二階堂らの城主たちは蘆名・佐竹を裏切ってくれるそうだから」と、酒を出し引き出物を贈って釈放しました。
この八人は実は蘆名方のスパイでした。
スパイたちは帰国してこのことを報告したので連合軍の間に、疑心暗鬼が横行してしまいました。
スパイと知って、ウソの情報を流したのですね。



摺上原の戦い

1589年(天正17)6月4日、伊達政宗は母成峠を越えて猪苗代に着陣。
その兵力は2万3000。
一方、黒川城・蘆名義広の兵力は1万6000と言われてます。
(兵力はその4分の1程度・・と言う人もいるようです)
6月5日(現在の7月17日)猪苗代湖北岸の摺上原(磨上原とも書きます)で合戦は行われました。
その勝利で政宗は、現在の福島県の殆どと山形県の一部を有する114万石の大大名となったのです。

この時、政宗は23歳です。

しかし、1590年(天正18)6月9日伊達政宗は、小田原参陣に出遅れ、豊臣秀吉と会見する際に死を覚悟して白装束で秀吉の前に現れたのです。
秀吉は、その潔さを気に入り、摺上原で得た蘆名氏の領地を召し上げられるだけですんだのです。

つまり、没収されてしまうのです。 

遅れた理由は、色々と重なりますが、実母による毒殺未遂事件や弟小次郎の斬殺事件が大きく響きます。

この、摺上原の戦いや小田原参陣の事件、毒殺未遂や小次郎の斬殺については気が向いたら折を見てUPしたいと思います。

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 牛タン発祥の地・仙台 | トップ | さんさ時雨とその由来? »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
戦国の人も大変だったんだね (モコ)
2009-01-18 16:48:08
身内のごたごたで領地がなくなったって
戦国の人は厳しい忠誠心が要求されるんだね
やはり~ (維真尽(^^))
2009-01-18 17:21:06
情報戦~大事ですね

いまはさらに~その価値が増していますね
逆に翻弄される
そういう時代ですね 

本物の情報には 昔から 金かけてる訳ですね (^_-)-☆
モコさんへ (ひー)
2009-01-18 19:05:17
まぁ、こんなつまらない記事にいつもありがとうございます。
この時代は、御家断絶と言われれば、死を覚悟ですね。
戦国時代はいい時代では、ありませんね。
維真尽さんへ (ひー)
2009-01-18 19:07:38
そうだ、スパイを見つけた話を書くの忘れた。
今から追加します。
Unknown (桃源児)
2009-01-18 21:51:42
馬が走っている。すごいですね。
23歳で112万石の大大名。信長や秀吉がいなかったら、そのまま天下まで取れたのではないかと思ってしまいますね。
桃源児さんへ (ひー)
2009-01-18 22:02:58
まぁ、家柄もありますけどね。
小田原参陣に早く行けば、蘆名氏の土地は、与えられたと聴いてます。
馬は、みっちゃんのまねっこです。
仮想戦国小説の (ぐずら)
2009-01-19 00:17:27
「政宗もの」には黒脛巾組の暗躍が付きものだっちゃねぇ~
あと騎馬鉄砲隊もな♪

んでも意外と話題になんねーのが朝鮮出兵の時のド派手軍装・・・
関白が気に入って、手近に置いたんで渡海しなくて済んだとか・・・
たしか仙台市博物館にもトンガリ陣笠とか大鉄砲・大長巻なんか展示してあったよなぁ?
こんな感じ? (クロンシュタット)
2009-01-19 06:37:26
「小田原北条氏はもうちっとはもつんじゃないかなー。そうすりゃ奥州勢をまとめ、秀吉軍の背後ついて北条氏と挟み撃ちにすれば・・・」

「あー秀吉軍強すぎーっ!そろそろ挨拶いくべ」

「西国軍は当分がんばるだろうなー。三成はやってくれそうだしねー。そうすりゃその隙に関東あたりまでかすめとって・・・」

「えー家康軍強すぎーっ!一日で終わっちゃったよー」
興味があります。 (ミモザ)
2009-01-19 07:33:17
お早う御座います~♪
画面に馬が走っている姿に眼を奪われました。
そして、伊達の忍者部隊(黒脛巾組)テレビ
などで見るのと違って大変だったのですね。
伊達政宗が天下を取っていたら~
なんて考えると楽しくですね。
ぐずらさんへ (ひー)
2009-01-19 08:15:18
確か、朝鮮出兵の出陣の京都での様子を入院中に書いたな?「伊達じゃ伊達ものじゃ」だったか「京都で」だったか忘れてしまった。
朝鮮出兵の事をもう少し調べたいです。
クロンシュタットさんへ (ひー)
2009-01-19 08:33:06
昨日の日本史ミステリーだったかな?
タイトル忘れた。
三成は生きていたとか、北条氏が鎌倉幕府の実権を握っていたとか……
まぁ、色んな話しがあって面白いんじゃないかな?
ミモザさんへ (ひー)
2009-01-19 09:32:01
テレビにも出てたんですか~
大河ドラマもチラからっとしか見ませんでしたからね。
スケッチ見せていただきました (柳生)
2009-01-19 11:07:48
絵のことは分かりませんが、何か一つの世界を確立されていますね。白川郷、おわらなどなど、風景画から人物がまで素晴らしいの一言です。

政宗、天下盗りに挑んでほしかったですね。大好きな戦国武将の一人ですから、京から離れすぎてはいますが、天下盗りに参戦してほしかったですね。隻眼で、先見の目を持ち、日本で始めて太平洋・大西洋横断(支倉常長をローマ、イスパニアにおくった)など、すごすぎますね。
柳生さんへ (ひー)
2009-01-19 12:39:15
いや~ 恐縮です。
サンファンバウティスタ号については、記事にしてます。
復元された船の写真がありますのでどうぞ。カテゴリーは?宮城の散歩道かも?
間違いなく天下取りの野望はありましたね。
しかし、当時はまだ他の武将と比べれば若すぎたようです。
最後の戦国武将ですね。
こんな話しがありました。
家康が亡くなる時、政宗に後は頼む!と言い残して亡くなったようです。
その時に政宗は、天下取りを諦めたと聞いたことがあります。
他の天下人だったら・・・・ (papiee)
2009-01-19 16:49:11
秀吉だったから領地没収で済んだのかな?
これがもし、信長だったら・・・斬られてた?
家康だったら・・・島流し??

話はそれますが
ひーさんはこの3人の戦国武将の中では
ダレが良いですか???
papieeさんへ (ひー)
2009-01-19 18:59:21
ん~微妙な質問…悩みますね。
「鳴かぬなら、鳴くまでまとう時鳥」

織田信長の「殺してしまえ」
豊臣秀吉の「鳴かしてみしょう」

それぞれ、天下人であり、一長一短ですが、長い平和を維持した、徳川ですかね。
お晩です (雨漏り書斎主人)
2009-01-19 23:14:18
厳密には、伊賀上野の隣、名張です
百地三太夫の隠し砦があったと言われています


1st stageの頃、たまたま上野出身の上司が居ましたが、服部という姓で、よく雲隠れの術を使っていました ww
昔の人って・・・ (みっちゃん)
2009-01-19 23:23:34
ほんとに若いうちから頑張ってますのよね~
人生50年って言ってたけど・・・
(・_・)いまは七掛けですわね。ほんと・・・
23歳か・・・ ってことは・・・今で33くらい??? 笑
あーさんへ (ひー)
2009-01-19 23:35:25
名張りも忍者で名の知れた土地だったような?
なんかの本で目にしてます。
百地三太夫…明日帰ったら調べて見ます。
服部君の友達でしたかぁ~

雲隠れの術、小生も身に覚えが……
みっちゃんへ (ひー)
2009-01-20 00:44:11
みっちゃんもあーさんも年を取らないから羨ましいです。
まぁ、自分も29才で今後固定にしました。
昔の人は、大人だよね~
伊達政宗と忍者 (丹治)
2009-01-21 17:38:31
おお、ひー様、何といふ偶然でござらうか。

ちゃうど清水昇なる御仁の書かれた『戦国忍者は歴史をどう動かしたのか?』(KKベストセラーズのベスト新書、新刊)なる書物を読み終えし所でしたぞ。

戦国の世を勝ち抜くためには、策略謀略は当然のこと。どこの大名でも忍者は使っていたのですね。

「策略謀略の武田信玄VS毘沙門天の化身、正義の味方の上杉謙信」なんて図式が広く行なわれてますが、その謙信にして諜報組織を活用していたというのが『戦国の忍者・・・』を読んだ時の驚きでした。

伊達家で言えば、摺上原の合戦で猪苗代盛国の寝返り工作の実働部隊も、「摺上原では風向きが変る」ということを政宗に知らせたのも黒脛巾組だったそうですね。

「風向きが変るまで持ちこたえれば我が軍の勝ち」と政宗は確信したのではないでしょうか。まったくの遭遇戦というのは実は稀で。野戦のかなりの部分が両軍にとっての予定戦場で戦われていたということを物の本で読んだことがあります。

クロンシュタットさんのコメントにもありましたが、関ヶ原合戦の決着が一日でついたことは、恐らく関ヶ原にいなかった大名の共通の感想だったのではないでしょうか。伊達政宗しかり、上杉景勝、直江兼続しかり・・・

伊達政宗は家康の命令で植えすぎ攻めをやっていますが、同時に南部表で和賀忠親に一機を起させていますね。つまり「中央でスッタモンダやっているうちに、出来るだけ領地を広げておこう」というのが狙いだと思います。

九州の黒田如水も同様なんか、息子の長政が得意満面で「徳川殿はそれがしの右手を取って・・・」と報告するや「その時、その方の左手は何をしておったか」と言ったというエピソードもあります。

歴史に興味は尽きません。



丹治さんへ (ひー)
2009-01-22 00:40:42
本当に奇遇ですね。しばらく前から書こうと思っていたのですが、あまり資料がなくまぁいいか! と書きました。
面白そうな本ですね。
いつもながら、丹治さんの幅広い知識には恐れ入ります。

実際の合戦はどんなものだったのか?
自分もそれほど打ち合わなかったのではと思います。
刀だって刃こぼれで数人とやり合ったら人間の油とかで切れなくなるのではと?
また、勉強させて頂きました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。