ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

鹽竈神社:写真

2007年12月02日 16時49分28秒 | 塩竈の散歩道

記事で紹介できなかった写真をアップしておこうと思います。
境内図です。


楼門





「鹽竃」の名の由来は、境外末社の御釜神社の御神竈。
鹽土老翁神が、当地で塩の作り方を教えたという。
左右宮に祀られる武甕槌命・経津主命は、鹽土老翁神が先導して当地へ迎えたもの。
とすると、主祭神は鹽土老翁神と考えられるわけだが、
これらの祭神は、四代藩主伊達綱村公が元禄六年(1633)、
家臣の識者に命じて撰述した『鹽竈神社縁起』によるもの。
本来の祭神であるかどうかは、不明ということらしい。
御釜神社(おかまじんじゃ)は、近いうちにご紹介します。
塩釜神社の創建は、はっきりしていない、多分私の想像であるが、多賀城に国府が築かれた頃だと思う。
その近くに総社の宮がある、歴史的には、重要な役割をしているはずです。
塩釜神社と国府の間を取り持っているようなことも聞いている。
以前は、奏社宮と記していたとも・・・つまり国府に申し出る役目なのか?
人から聞いた話なので確証は無い・・・・
いずれ調べたいと思います。

左宮右宮









普段、略字を使いますが、本当はこの字です。




別宮








志波彦神社



カテゴリー「塩釜の散歩道」に鹽竈神社の記事が多数あります。

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 着陸を試みます・・・・2 香港 | トップ | 松島青龍山瑞巌円福禅寺/松... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
鹽竈神社の狛犬達 その1 (狛犬さんの散歩道)
第1回は、身近な鹽竈神社の特集です