ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

鹽竈桜(天然記念物):鹽竈神社 2014年

2014年04月29日 20時02分20秒 | 塩竈の散歩道
やっと鹽竈桜が満開になりました。

以前にも紹介済みですが、初めての方にご説明を・・・

時間が無いのでウィキペディアのコピペでご了承ください。

シオガマザクラ(新字体:塩竈桜、正字体:鹽竃櫻、慣用形:鹽竈桜。学名:Prunus leveilleana Koehne cv. Shiogama )

サクラの一種であり、宮城県塩竈市の木でもある。

鹽竈神社境内にある31本が「鹽竈神社の塩竈ザクラ」の名称で国の天然記念物に指定されている。花は八重で花の色は薄桃色。


サトザクラ系のシオガマザクラは花弁が約40片からなる大輪の八重ザクラである。その歴史は古く、堀河天皇の御製に「鹽竃櫻」と見あることから、平安時代には品種として成立していたものと考えられている。古くから著名なサクラとして昭和15年(1940年)には国の天然記念物に指定された。

特徴は花の中心の雌しべが小さな葉に変化します。













































七曲坂・・私のホームページにきさいしています。

鹽竈神社の不思議に書いたと思います。

2011年の鹽竈桜の記事
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花まつり:鹽竈神社 | トップ | 火伏の虎舞〔加美町中新田〕2014 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。