ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

陸前高田の一本松

2012年08月26日 21時32分06秒 | 東日本大震災
先日、田老町の帰り海岸線の国道45号線を帰ってきた。
気仙沼から殆どの車が本吉方面に抜ける道を通っている。昔は私もわりとその道を抜け道として走っていたが、今は抜け道では無く主要道路になっているようだった。
私は敢えて45号線を南下した、大型が迂回する理由がわかった、一部海沿いの道路は破壊されその迂回路は大型がスライドできない道幅だった。

高田の町は平地が広い為、高台に避難するのに時間を要する。それが大きい被害を出すことになった。
国道の両側は、何と海水が抜けず沼のようになっていた、地盤も下がったのだろう。

写真は撮らなかったが、以前の国道はこんな感じだったが、勿論今は何も無い。

                      



東日本大震災の津波を耐えた「奇跡の一本松」と言われる松が岩手県陸前高田市にある。

海岸沿いに佇む樹齢250年の一本松。

かつては約2キロにわたって6万本以上の松の木が防風林として植えられ、名勝「高田松原」として名高い場所だったが、一本松を除くほぼ全てが津波で流された。



一本松の奥に見えるのは「キャピタルホテル1000」です。 1000=千 ですね。

千と言えば、陸前高田出身の千昌夫・・・・そうです一時ホテル王(チョット言いすぎですが)と言われた千昌夫さんが建てたホテルですが、随分昔に売却されています。

そういえば香港に行った時も千さんのホテルが香港島にあって泊はしませんでしたが見た記憶があります。

どこの湾で撮ったか忘れてしまったのですが、綺麗な海と瓦礫のの山です。
写真から切れてしまいましたが、瓦礫の山は長く続いていました。
当然瓦礫の山は陸中から宮城まで街にはおびただしい数のガレキの山と建設機械が見られます。




防波堤の橋に人が居ます。大きさを比べて下さい。

コンクリートに模様が・・・ズームイン



お祭りの様子ですね。

周りは綺麗な海が・・・・穏やかな海は時に悪魔の表情を見せるのですね。



撮影場所ですが、橋の防護策といいますかフェンスはご覧の通です。




釜石大観音です。 
太平洋を向いていて魚を抱いています。 是非海を守っていただきたいのですが・・・・
昔は、よく行きました。



地震関連の記事はこちらに纏めています。


『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 移りゆく塩竈の風景 | トップ | 485系国鉄カラー「仙台・平泉... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自転車の思い出 (酔漢です)
2012-08-26 21:49:55
釜石は唐丹の友人から葉書。
漁業組合にも参加しております。
復興進まず。
昨年から冒頭は変わっておりません。
豊かな海が戻るまでここに住みつづける。
この言葉も変わっておりません。
彼からの葉書の言葉が変わるのはいつになるのでしょうか。
酔漢さんへ (ひー)
2012-08-27 07:30:03
釜石は、相当のの瓦礫でした。
道路は高架になっていますが道路の両側に高く積んであります。
あれを片付けないことには前に進めませんね。
がれき (維真尽(^^))
2012-08-28 12:46:47
すごいことになってますね
どう処理すればいいのか
大変なことですね
維真尽さんへ (ひー)
2012-08-28 21:49:37
一個一個運ばないと片付かないんですね。
気が遠くなります。

手品のように消せればいいのですが・・・
お晩なりした (雨漏り書斎主人)
2012-08-28 22:42:23
復興も遅々として進まない・・・状況でせうか?

一本松  TVでも流してましたが、ヤバイことになってるとか?    なんとか生き長らえて貰いたいですね
あーさんへ (ひー)
2012-08-29 21:57:02
幹の周りに何やら巻かれていますね。
塩害で枯れるかも知れませんね。
樹齢270年・・・ (ぐずら)
2012-08-29 22:55:39
だそうだ
奇跡の一本松すげぇ~
んでも、とうとうと云うか、やっぱりと云うか
ついに枯死が確定して、来月から永久保存処置が始まるらしいよ。
一度切り倒して5分割にしてから、それぞれ防腐処置して
心棒入れてもっかい繋いで、人工の松葉付けてモニュメント化するんだと。
ぐずらさんへ (ひー)
2012-08-30 10:58:44
昨日、NHKだったかのニュースで見ました。
まぁ、全部無くなり奇跡に残ったこの松を守りたくなる気持ちはわかりますね。
でも、加工は・・・と思いましたが仕方が無いですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。