ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

津波防災の町/田老町

2010年07月12日 20時45分47秒 | 岩手県の散歩道
海には霧が立ち込めていました。

ここは田老町です。今は宮古市と合併したようですが・・・ 

津波防災の町としても有名で、津波対策の研修で他県の港町から研修のお客様が勉強に来ます。

何度かそんなお客様を連れて来たことがありました。

記録に残る大きな津波は・・・・

明治三陸津波:明治29年(1897年)6月15日
  最大波高は、14.6mを記録している。
  この時、釜石で8.2m、船越で10.5m、重茂で18.9m、吉浜で22.4m
  綾里で21.0mと大きく10mを越えている。 


昭和三陸津波:昭和8年(1933年)3月3日
  最大波高は10mを記録している。
  この時、気仙郡三陸町(現・大船渡市)綾里で28.7mを記録しています。


壊滅的な津波災害を二度も受けましたが、住民達の力で町を復興しています。
田老町では高さ10メートル、総延長2443メートルの巨大な防潮堤を築きました。

そこで有名な、1960年5月23日に来襲したチリ地震津波の被害を最小限に食い止め
これにより、田老町の巨大防潮堤は全世界に知れ渡ったということです。

これが、10メートルの防波堤です。



門は4.5mですから、中二階の観光バスがくぐれます。
実際に私がバスを運転してくぐったのですから、間違いありません。


研修のお客様を乗せて行ったので、この看板があるところも知っていたわけです。



崖に二つの表示がありますがこれです.






町の路地には避難場所の看板が多数あります。


津波をなめたらあかんぜよ! 


PS:2012年8月にここを訪れました。
東日本大震災後はこのようになっていました。震災から1年5ヵ月後です。

http://blog.goo.ne.jp/hi-sann_001/e/5c9b7c39919be7249499068bf186839e

東日本の関連記事は、左サイドーにリンクしてあります。私が取材したものだけですが。

『岩手県』 ジャンルのランキング
コメント (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤穴洞穴(岩泉町岩泉) | トップ | 黄金の都シカン »
最近の画像もっと見る

58 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お晩です (あーさん)
2010-07-12 22:31:21
田老町  どこかで聞いた町名。

そっか TSUNAMIの町だったかぁ


殆ど完璧な対策なんでせうね
「ここより下に家を作るな」ですね (クロンシュタット)
2010-07-13 05:38:23
塩竃の「昔の写真」には必ず津波被害の場面が出てきますよね。
漁船が街中に乗り上げている写真でしたでしょうか。
それでも湾内の地形が緩やかな松島湾塩竃湾では、まだまだ津波の被害は抑えられてきました。
あの厳しいリアス式の三陸海岸を想う時、逃げても逃げても追いかけてくる津波の威力にうなされそうです。
覚えています (丹治)
2010-07-13 12:05:05
この間中、吉村昭の『三陸海岸大津波』を読み返していました。
著者が執筆のための調査をしたのはチリ地震津波の後。
当時は明治の三陸津波、昭和の三陸津波、チリ地震津波を体験した方が
まだ存命していたそうです。

東北の沿岸に生きる者にとって、津波は忘れることができません。
奥尻島沖の津波も秋田沖の津波もみやぎけんの太平洋岸には被害が出ませんでしたが、
やはり他人事ではありませんね。

母方の親戚が宮古にあった時、田老にも行きました。
万里の長城というか要塞の胸壁というか、
あの高く長大な防潮堤を見た時のショックは今でも覚えています。

丘の上に積んだ自分の稲藁に火をつけて
村の人たちに津波を知らせた村長さんの話も
聞いたことがあります。

最近、さいわいにして太平洋岸に目立った津波の被害はありません。
しかし防潮堤の外に家を建てる人がぼちぼち出始めたと聞きます。
法的に規制するわけにもゆかず、行政もアタマを悩ませているとか。
また二月末の平成チリ地震津波の際、
非難が徹底しなかったり
津波が到達した後で湊を車が走っていたということもあったそうです。

津波の記憶が風化するのは恐ろしいことです。
お~ (維真尽(^.^))
2010-07-13 12:44:08
あのゲ~トを
くぐるんですか?

しかもぎりぎりなんでしょう?
びビリますです (^_-)~☆
人ごとじゃない・・・ (かにちゃん)
2010-07-13 13:54:31
こちらも東南海・南海地震に伴う津波が予想されている所です。

電信柱には 津波予想高さが赤いテープで示されて居ます。

備えあればの気持ちを忘れ無いように心しておきます。
クロさんへ (ひー)
2010-07-13 18:15:50
湾の形でも津波が強く集まることがありますからね。
いずれにしても、天災から免れるには限度がありますね。
丹治さんへ (ひー)
2010-07-13 18:29:35
現代人は、大きな津波を経験した人が少なくなっています。当然私もその現場を見たわけでは、ありませんが、想像すればわかること。
もう二度と来ないとは、絶対言えない訳で、もしきたら・・・

「後悔先に立たず」家族の命も財産も顧みない行動は、後で後悔するだけです。
仰る通り、風化させてはいけない事実ですね。
維真尽さんへ (ひー)
2010-07-13 18:31:33
あの防波堤は住民の命を守る壁ですね。
かにちゃんへ (ひー)
2010-07-13 18:39:18
沿岸の人は、どこも気をつけなくてはいけない大事なことですね。
津波が10センチとか言ってるうちはいいのですが・・・
日本では、身体に感じない地震が一日300回以上起きているそうです。
先日TVでやってました。
三王閣・・ (酔漢です)
2010-07-14 16:49:13
陸中海岸沿いの45号線は久慈まで北上いたしました。自転車です。途中陸前高田と、この田老で一泊しました。そのとき、泊まった宿が国民宿舎の「三王閣」でした。
海の青さと奇岩の数々は、過酷な真夏のツーリングを楽しくさせてくれました。
当時の田老町はうろうろしましたが、堤防の高さとやはり「三陸津波○○メートル」という標識には驚きました。
それと、山火事なのに漁船が燃える被害があることも、陸中ならではなのでしょうね。
二度ほど行きましたが、二度目は田老から早坂高原を経由して岩泉龍泉洞まで。長い登りはきつかったのを覚えております。
酔漢さんへ (ひー)
2010-07-14 17:48:01
やはり自転車逸話がありましたか。
確か三王…?という展望出来る所があり一度行ったことがあります。

それにしても、あそこまで自転車で行っただけでも凄いですよ。
起伏がありますからね。
お願いがございます。 (八鍬 研(やくわ けん))
2010-11-16 18:15:07
突然のコメントで恐縮ですが、
お願いがございまして、コメントを書かせて頂きます。

私は、東京で映像制作をしている株式会社 大日の八鍬(やくわ)と申します。

現在、総務省消防庁さんが企画・監修をしている震災対策DVDビデオを委託され、制作をしているものです。

ビデオのテーマが津波対策でして津波の資料を探しておりましたら、ひーさんのブログを見つけ、コメントを書かせて頂きました。

ブログに記載されております、田老町の津波遡上高(上から4番目)・避難標識など津波に関する写真を是非ともビデオで使わせて頂けないでしょうか

ビデオの使い用途は、都道府県・市町村の消防担当に配布をして、地域住民や学生に上映会をすることです。

一般市民の方々に津波に対して正しい知識を持って頂くための非営利目的の啓蒙ビデオです。

提供が可能であれば、詳しい企画書をお送りさせて頂きます。

お忙しい中、まことに申し訳ありませんが、ご検討のほど宜しくお願い致します。

===================================
八鍬 研
株式会社 大日
東京都中央区築地1-7-10築地オーミビル5F
E-mail)yakuwa@dai-nichi.co.jp
八鍬様へ (ひー )
2010-11-16 18:34:25
お役に立つのであれば構いませんよ。
サイズ的には問題無いでしょうか?

ドライブの途中で撮ったもので、原本の写真が残っていればメールで送りましょうか?

改めて下記にメールさせていただきます。
自宅には明日の帰宅になります。
御了承下さい。
そして堤防だけが残った (実に残念だ)
2011-03-13 16:49:27
田老町の被害が僅かながらも伝えられてきた。
田老町民が防災の念を込めて築き上げた防波堤は、残念ながら津波を防ぐ事が適わず、町は全て押し流されてしまった。

今はまだ何も出来ないと思うが、生き残った人々には、津波に対する絶対的な防災思想を以って再び復興をされて欲しい。

次を防いでこその防波堤で、次に備えてこその田老町民なのだから。
3度目の奇跡を (negai)
2011-03-13 20:53:43
津波直後の状態だそうです。
でも住民の力で奇跡が必ずおこると信じています。
http://www.jiji.com/jc/movie?p=top225-movie02&s=243&rel=y&g=phl
Unknown (とおりすがり)
2011-03-15 02:29:04
テレビで「防災の田老」と紹介されていました。
この堤防は過去に被害のあったここの町の人たちの願いであり、一生懸命作られたものなのですね、
でも町が流されてしまいました。すごく悲しいです。
田老の人たちがまた力強く立ち直ってくれる事を祈ってやみません
わずかながら募金をしたいと思います。どうか田老の町を再びよみがえらせてください
実に残念ださんへ (ひー )
2011-03-17 15:52:55
この命の砦も儚く乗り越えられてしまいましたね。
非常に残念です。

きっとこの町は甦りますよ。
復興のDNAが もっと強堅防潮堤を造り命と街を 護り 先祖からの土地を守るでしょう 。

コメントありがとうございました。
negaiさんへ (ひー )
2011-03-17 16:00:47
コメントありがとうございます。
TVの映像では防潮堤しか残っていないようですね。

まさか、またこれを越す津波が来るとは、誰も思っていなかったでしょう。
一早い復興を祈るばかりです。
とおりすがりさんへ (ひー )
2011-03-17 16:09:16
温かいお言葉は田老町の皆さんに届くはずです。

きっと立派に復興するでしょう。

影ながら私も祈ります。

コメント又は義援金ありがとうございます。

復興の際はまたブログで照会したいと思います。
屈強な町へ (ごりんりん)
2011-03-20 19:49:02
あれから10日。

言葉も失う位の惨事です

でも、倒れても立ち向かう屈強な町へ
再建できます!! 

神戸の震災の時も神戸が元に戻るのか・・?
と 心配でしたが、震災以前の活気があふれています。

東京に居る私には とにかく前を向いて一生懸命働き、東京を活性化させて、募金をして
東北を明るくする事です!

目標ができました!! 

頑張って被災された皆さまの分まで、大事に笑顔で働きます。 

Unknown (きたっち)
2011-03-20 20:25:23
鹿児島生まれ、東京在住の49歳ですが、
小学校時代に三陸海岸はリアス式海岸で
津波の経験から高台に人々は住んでいますと習いました。
宮城より北に行ったことがなかったので、
今回の災害を見た時に、「えっ、どうして」海の近くに住んでいるんだって思いました。
私が習ったことと、被害に遭った地区は、まったく違ってました。
災害は忘れた頃にやってくると昔の人は格言を残しています。

次に住む時は、高台が1番安全です。
私は、今、東京でも海抜200mの位置に住んでいます。

是非、復興頑張って下さい。
少なくも、地震には耐えた (sprite)
2011-03-20 20:51:03
そこは間違ってなかったですね。
胸が痛みます (シフォン)
2011-03-20 22:38:22
地震発生より、毎日胸が締め付けられるような気持ちになります。

田老町は非常に防災意識の高い町だっただけに、歯痒い思いで非常に残念です。

必ず復興出来ます。

亡くなられた方々のご冥福を衷心よりお祈り申し上げます。
ごりんりんさんへ (ひー)
2011-03-20 23:15:06
きっと、復興へのそこ力で見事に再起するでしょう。
お見舞いのお言葉ありがとうございます。
きたっちさんへ (ひー)
2011-03-20 23:22:25
風光明媚なその景色は幾度もの災害を乗り越えてきたところです。
津波が来ることを想定しての生活ですが、その予想をはるかに超えてきました。

今は防潮堤が残るだけと聞きます。
あの防潮堤には地元の子供達の絵が描かれていました。
あの子達は無事なのかと・・・考える次第です。
美しくてなきました (siroG爺)
2011-03-20 23:36:34
ツイッターします
シフォンさんへ (ひー)
2011-03-20 23:44:33
被災地の皆さんは、じっと耐えています。

苦しいことも、悲しいことも・・・

時間が経ちましたが、やっと物流を初め動きだしました。

避難所にいる方も、自宅難民の方も今が耐えるときですね。
私は、電気が来ただけ幸いです。
知らない人同士の助け合いが自然に生まれています。
siroG爺 さんへ (ひー)
2011-03-20 23:51:37
三陸の海は冷たいけれど綺麗です。

自然が創った、この景色はこんな形で仇になるとは・・・

しかし、またこの街は再び立直りますよ。

その時は、もっと綺麗な写真を撮りに来たいと思います。
Unknown (匿名)
2011-03-21 00:00:04
時間はかかるけれども必ず立ち直ると信じています。次回再建するときはは大事を取って25mの堤防を作ればよいじゃないですか。被災者の方の気持ちを考えると胸が痛いです。頑張れ!
匿名さま (ひー)
2011-03-21 00:06:31
コメントありがとうございます。

そうですね。きっと立派な防潮堤を築き安心できる町の復興が期待されます。

私も祈る思いです。

コメントありがとうございました。
Unknown (みー)
2011-03-21 00:42:01
田老の防波堤を検索していてたどり着きました。

こんな立派な堤防も、自然の力には勝てなかったんですね。

きっと立ち直ってくれると信じてます。
みーさんへ (ひー)
2011-03-21 07:11:41
コメントありがとうございます。

田老町でさえあの通りですから、太平洋沿岸の街はどこも被害を受け私の親戚も二軒ほど家が流されました。

もうみんなは少しずつ気持ちを切り替えています。
新たな復興への出発です。
とても残念 (goojuly)
2011-03-21 20:00:38
あの巨大な防潮堤も歯が立たなかった今回の大津波。恐れていたことが現実になって、とても残念です。
復興には、防災計画と都市計画をじっくり練って、災害を防ぐだけではなく、避けるような考えを採り入れて欲しいですね。懐かしい写真ありがとうございます。
Unknown (タケ)
2011-03-21 20:47:27
防潮堤は、田老町の方々のどんな困難があってもこの街で生きていくんだという決意表明の象徴でもあったろうだけに、大変残念です。でもそんな街だけに、今後も力強く立ち直ってくれるであろうことを信じてやみません。
goojulyさんへ (ひー )
2011-03-24 11:12:28
コメントありがとうございます。

新たにできる街はきっと強固で安全な快適な街になって欲しいものです。
タケさんへ (ひー )
2011-03-24 11:30:00
コメントありがとうございます。
その通りですね。
必ずや、この教訓を生かし新たな町ができることでしょう。
田老地区 (名無し)
2011-03-25 23:36:59
ネットで検索して、コチラを知りました。
田老地区の皆様の気合も空しく。
激震災害となり本当に残念です。
地区の皆様も備えて居たにも関わらず。
でも、数度の大津波にも負けず蘇った田老地区の皆様です。
次は負けないぞ!と心も新たに今回の規模にも負けないビッグな堤防を作ると思います。
備えあれば、憂いナシではありますが、
前向きに生きるべきですよね。
頑張って欲しいです。
寄付程度しか出来ませんが、東北の皆様。
ファイトです。
名無しさんへ (ひー)
2011-03-27 07:29:23
コメントありがとうございます。
あまりにも広域に及ぶ津波の被害は膨大ですね。
全く無知だった宮城南部方面の地区はただ流され多くの死者を出しました。
いつまでも泣きべそかいちゃいられませんね。
前進あるのみですね。
Unknown (大仏)
2011-03-30 11:45:27
以前、田老の10mの防潮堤を見たとき、すごい高さの備えだと思いましたが、今回の津波はそれをも超えた。事前の被害想定は、あくまで想定で、学者、行政の一定のシナリオに基づくものであり、限界がある。いつも想定シナリオより「あそび」を持ち、最後は自分の身は自分で守る覚悟と知性が必要と思う。これは、防災だけでなく外交等社会事象にもいえると思う。複眼的対応を忘れてはならない。
大仏さんへ (ひー )
2011-03-30 19:23:07
コメントありがとうございます。
この看板を見ても分かりますが、明治29年に14.6mを記録しており、綾里では21mもの津波受けています。
何故10mで妥協したのか? 住民の方々は悔いを残す事になったのかも知れませんね。
先程のニュースでは、日本産のお茶が海外から受注ををキャンセルされています。
原発の問題は、貿易にも大きなダメージを与えています。
石油の値段は上昇中です。
過去を振り返っても、何も進みません。
ああして置けば良かった・・・と考えても、ここだけの問題でもありません。
宮城・福島・茨 城・ 岩手の各港が被害を受けています。田老町だけが30メートル級の防波堤を作っていたとしても 、どうにもならない地震と津波でした。
高台の無い町や山まで遠いまたは高層ビルが宮城の荒浜地区では、200~300の死体が流れていました。
もう一度、色々な角度から検証し、判断していかなければなりませんね。
今度こそ高台に (tada)
2011-04-12 09:04:35
自然の脅威の前には人間はただ逃げるしかありません。漁業の町としては海辺に住むのが日常生活にはベストなのは理解できますが、もうあきらめてください。三陸の地形図を閲覧していますと、他地方に比べ高地にある集落は非常に少なく低地に密集しております。この文化は捨て去るべきです。現代の土木技術は市街地に隣接する山を住宅地に造成することは容易だと思います。(静岡空港などの造成も参考に)
tadaさんへ (ひー)
2011-04-12 12:20:23
私はこの街に住むものではありませんが、山に住むのも他県に引っ越すのも簡単なことです。
しかし、仕事を探すのは大変かも知れませんがね。
年金を貰っている方はどこに住んでいても年金の収入がありますので、どこでも生活できるでしょう。
でも、そこに達していない方は、働かなければ誰も生活を見てくれません。子供が居れば学校のこともあるでしょう。
数十万、数百万のお金で、家を建て一生生活できるでしょうか。
それ以前に、この街に住む人はここにそれ以上の思いがあるのではないでしょうか。
昨日私の街の役所に電話してみました。
返ってきた答えは、「壊れたところは自分で直してください。市では何も出来ません。」
それだけです。
家が流された人は、仮説住宅に入ったところで2年間です。お年寄りが今から家を建てて生活できると思いますか?
高台に住む・・・されさえ出来ないのです。
お金が無いのですから。




15年前 (春)
2011-04-15 23:05:39
15年前にまだ小さかった子供を連れて浄土ヶ浜に海水浴に行ったついでに、田老港も寄りました。どちらも実家のある荒浜(仙台)の海よりずっとずっときれいだったのを鮮明に覚えております。
正直あの防潮堤を見たときは、なんとおおげさな、と思いましたが。
自然の力は強烈ですね。
静岡に住んで20年になりますが、もう帰る実家も無くなってしまいました。
夜中から並ばされた仙台の初売りが今となってはなつかしい。
春さんへ (ひー )
2011-04-16 07:49:36
コメントありがとうございます。

三陸は水は冷たいですが、仙台付近の浜辺に比べるとダントツに綺麗ですね。

荒浜ですが、残念なことに大きな被害を受けてしまいましたね 。
名取、蒲生、岡田近辺の写真は最近の記事にUPしております。
今は悲しいことばかりですが、泣いてばかりいられないのも事実です。
同僚の仲間も亡くなりました。
その家族もです。
生き延びた人達はきっとその苦難を乗り越え新な人生を歩んで行くでしょう。
想い出が無くなった (んぶ)
2011-04-16 09:43:17
2005年9月、東大地震研の先生と一緒に三陸沿岸の市町村を回りました。
役場の人や漁港の人達から過去の津波被害の話と、今の津波対策の話を聞いたりしました。
私が記録に撮った風景も今は見られなくなったのでしょうね。
http://photo.mixi.jp/view_album.pl?album_id=500000014390161&owner_id=3660646

是非、不死鳥の如く蘇って欲しい。

田老の田中屋(?)さんの「かりんとう」ももう食べられないのかな・・・
んぶさんへ (ひー)
2011-04-17 11:20:25
mixiの画像拝見させていただきました。
必ず、新しい街づくりが始まるでしょう。

この海を愛する住民がいる限り。
見つけるのが遅くて・・・ (鈴木源吉)
2011-05-22 09:53:03
前略
 田老生まれで23歳まで暮らしましたが、兄と育った家と町のすがたも津波と消えては己の記憶の内となってしまいました。
 貴サイトをリンクさせていただいてますのでよろしく。
鈴木様へ (ひー )
2011-05-22 11:53:31
リンクの件了解しました。

田老は私も大好きな町です。
綺麗な風景が戻りましたら、再度田老の良いところUPしたいと考えています。

三陸の景色は綺麗ですが、今回はその形状が仇になってしまいましたね 。

在住24年被災地田老について (鈴木源吉)
2011-05-30 14:01:37
 このたびの津波パワーが1平方あたり20tから40tという調査結果でしたが、高さ10mでもかなりの減衰力であったことがわかるような気がするのは被災後の写真を見ても感じます。
 新旧の防潮堤を比較して見ることができるのも田老ならではと思い、報道画像をホムペに貼り、しみじみ・・・。
鈴木源吉様へ (ひー)
2011-06-01 17:03:10
返事遅くなりました。

津波の力がどれだけかわかりますね。
どうしたらこうなるんだろうと不思議に思うような痕跡を残しています。

田老の防潮堤は決して無駄では無かったなずです。
世界中の誰しもが想像していなかったのですから。
次の津波 (橋爪道郎)
2011-06-18 13:32:45
私はタイの大学で地球物理を教えて居ります。吉村昭の「三陸海岸大津波」を取り寄せて読みました。これで田老町を知ったのです。通常の地球物理の教えるところでは再度今回のような大津波を伴う地震が同じところで発生することは我々の生存中にはまず無いだろうと思います。今回の罹災者の多くは高齢の方でしたが次の津波がやってくる頃は日本の人口はほぼ半減しているでしょう。復興と言っても現状復帰ではありえないとおもいます。三陸海岸国立公園などの考えは良いのでは無いでしょうか。いつか日本を旅するときには田老町に寄って見たいと思います。今ではタイのどなたもTSUMAMIと言う言葉を知っております。
橋爪道郎 様へ (ひー)
2011-06-18 20:00:02
コメントありがとうございます。
TSUNAMIは国際語になっていますね。
今回の津波被害の面積はかなり大きなものになってしまいました。
7~8年前から宮城県沖地震が来ると云われており、心の中では備えておりましたが、あの瞬間は何も出来ないものですね。 
結果は宮城県沖地震ではありませんでしたが、改めて宮城県沖地震がくるものでしょうか??
それとも、今回の地震でその可能性は消えてくれたのでしょうか?
判断は難しいでしょうね。
余震は100日たった今でも起きております。
最近は、福島県沖や茨城県の方での発生が多いようです。
沿岸では、地盤沈下がひどく大潮の時にはまるでイタリヤのベニスのようです。
ベニスも温暖化の影響か? 床上浸水しているようですね。
仙台でも今回の津波で住宅を建てることが制限された地区がありました。
地球の誕生を考えれば今回の出来事は、ほんの一瞬の出来事かも知れませんね。
大自然の中に生きていることを忘れてはいけませんね。
無題 (いっちゃん)
2011-06-30 11:16:48
かりんとうは復活するよ^^
あたしの同級生が復活させるために学校辞めてがんばってる

あたしは今は就職して田老を離れてるけどいずれは戻るつもり

また海の町田老に戻るって信じてる
だって漁業で栄えてる田老が大好きなんだもの

みんな前向いてるよ\^^/

いっちゃんへ (ひー)
2011-06-30 15:36:53
田老かりんとう・・・有名ですね。
地元の味なのですね。
どの町もみんな必死で生きている。

あの風景を心に留めて、またいつか観る日を信じて・・・がんばっぺ~
津波は (ぽー)
2011-07-16 19:03:24
40mを超えていたのですね
ぼーさんへ (ひー)
2011-07-16 22:00:37
今回の津波は想定内であったはずです。
この記事の通り水面は、はるかに防潮堤の高さを越えています。
でも、防潮堤は10メートルです。

ご先祖様や、過去の津波を経験した人、または言い伝えを忘れず高台やその兆候に早く避難をした人が生き延びたのです。
これは、田老だけのことではありませんがね。
この防潮堤は、少しでも津波のスピードを抑制し逃げる時間を増やす為のものだったでしょう。
10年経ち・・・20年経ち過去の恐怖を忘れ防潮堤の近く又は内側に建物を建てました。
災難は忘れた頃にやってくる。
まさにその通りになってしまったのです。
津波の高さが増すのはリアス式の宿命ですね。
この被害をしっかり残し後生に伝えることが、我々の宿命ですね。
写真のお願い (春川光男)
2011-10-23 21:41:21
千葉県旭市在住の高校理科教員で、「2011年旭市の津波被害を記録する会」の春川と申します。私の市も津波被害を被り、13名の犠牲者を出しました。今後防潮堤の嵩上げ問題が焦点になることから、この夏、田老を現地調査に訪れ被災後の写真を撮影してまいりましたが、被災前の写真をWeb上で探しておりましたところ、このブログ2010年7月12日(岩手の散歩道)の上から2番目の新防潮堤の写真(「これが10mの防波堤です」直下の写真)が同一地点の写真と分かりました。つきましては、同写真を①旭市文化祭 市民への報告展示(2011年11月5日、6日)と ②関東理科教育研究発表会(同11月18日宇都宮にて)で展示およびパワーポイントで映写させていただきたくお願い申し上げます。
春川様へ (ひー )
2011-10-24 09:57:00
はじめまして
お役に立つのであればご利用下さい。

このままでは、小さいと思いますので、 原本をお送りします。
当時のカメラの性能は良いものではありませんでしたがこのままよりはましでしょう。
左のサイドバーの メッセージからメールアドレスを入れて貰えれば写真を添付して送信します。

その画面は私だけが閲覧できますのでご安心下さい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。