ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

あなたの先祖は何系

2008年06月24日 07時42分41秒 | みちのく文化研究&歴史
片目つぶりが出来ますか

片目をつぶったとき、もう片方がチョットでも閉じてはいけません。
動いてしまえば、それは出来ないと考えます。

A:できる      B:できない


耳垢は

A:湿っている    B:乾いている


耳たぶは

A:よく発達している B:やせている


涙腺は

A:まぶたで覆われていません B:まぶたで覆われている


男性の場合:髭は

A:わりと濃い     B:さほどではない

プロポーション:手足が

A:手足が長い     B:胴長短足

顔立ちは

A:顔の幅が広く上下が短い、割と角ばった形

B:面長で平坦な顔立ち



一重? 二重?

A:二重まぶた      B:一重まぶた


まぁ、一概には判断出来ませんけどね。
混血してますから、両方の特徴を備えている場合が多いと思います。



さて、皆さんはどちらかに片寄りましたか

A:の特徴は、縄文系で鹿児島県あたりに典型的な例が見られ、薩摩タイプと呼び
この人たちはマレー系の人種であり、後に九州に渡来してきた人々で、アイヌと
沖縄の人はよく似ており、おそらく同系のグループと考えられます。


B:の特徴は、弥生系で渡来説から考えると、北部九州や山口県の弥生人は大陸
から来たグループであり、日本人の遺伝的構成に大きく影響を与えたと言われます。
近畿地方や朝鮮半島、中国大陸からの渡来人の特徴と思われます。

片目つぶりは、アイヌの方々は、100%近い人ができ、沖縄の人も非常に得意
ですが、和人は非常に苦手なのです。

アイヌと縄文人はかなり近い関係にあり、江戸時代の日本人、鎌倉時代人、
古墳人というのは、北部九州の弥生人とよく似ている。
日本人は縄文と渡来人との混血によって成り立ったといっても、かなり渡来系の血
が濃いということがわかっています。

そこで、混血の割合はどのくらいだったのか?
縄文時代の人口は約20万人ほどと言われています。

弥生時代が始まって古墳時代の終わりまで、約1,000年間に100万人。
1年あたり1,000人ほどが中国や朝鮮半島から渡って来たのではないかと推定
されます。





参考文献:歯が語るアイヌの先住性
札幌医科大学医学部解剖学第二講座講師 松村博文先生
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仙台藩・鋳銭釜と大漁唄いこみ | トップ | ポスター&方言 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようござんす (あーさん)
2008-06-24 08:47:53
片目つぶり 左右ともできます。
祖先は大陸系かも。 苗字が苗字だしぃ。

南伸坊「顔」UPしようかな?
あーさんへ (ひー)
2008-06-24 09:32:08
もしや…ウィンクで鍛えられたのでは…いずれ大陸と南の島のハーフでしょう。きっと狛犬に惹かれるのは、シーサーへの思いがDNAに残っているのかも?
実は私も、完璧にウィンクできます。
Unknown (虎龍)
2008-06-24 21:36:32
私はほとんどAでした。
典型的な縄文系なんでしょうね。
父の出身も宮崎だし^^
わちきは~ (維真尽(^^))
2008-06-24 22:01:10
半々でした~
出雲人って いろんな系ですかねぇ (^_-)-☆
虎龍さんへ (ひー)
2008-06-24 23:49:50
完璧に現れましたか~
出身地からすると間違いないですねぇ。
Unknown (桃源児)
2008-06-25 00:27:48
ほとんどA。典型的な縄文系です。
九州は大陸に近いので、弥生系の人が多い筈なのに?
維真尽(^_^)さんへ (ひー)
2008-06-25 00:32:56
いーさんはハーフでしたか…
まさか、新(New)ハーフじゃ
桃源児さんへ (ひー)
2008-06-25 14:43:40
そこは、まさに弥生系の地ですが、先祖は南国から来たようですね。それともアイヌ?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。