ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

七ヶ浜菖蒲田海岸・津波から5ヶ月が過ぎて

2011年08月28日 22時03分02秒 | 東日本大震災
七ヶ浜の外周を回るルートは通行可能になってから時間が取れず行けずにいました。

やっと今日親戚が住んでいた菖蒲田海岸に行くことが出来ました。



震災の爪痕を見るたびに、唖然・愕然・ボーっとたたずむしかありません。

親戚の家があった場所は基礎を残し何も無くなっていました。

震災直後「流れだわ~、何もねぇわ~」と言っていた言葉を思い出しました。

人間を生んだ海は何故人間を苦しめるのでしょう。

人が過ちを犯しているからでしょうか? いえ、これが自然界なのかも知れません。

恵を与える海も、生活を壊した海も、ただ「海」だけのことなのかも知れません。

どのように捉えるかは、自分自身なのですね。

ここに着いた時、ボランティアの方々の移動に使われたバスが空き地に停められていました。



 


ボランティアの方々は、いたるところで活動をしています。

頭がさがります。 偉いな・・・・いつも思います。「ありがとうございます」

堤防に上がるとそこにあった町並みが消えています。

残っていたのはコンクリートでできた公衆トイレだけです。





波が、以前より迫って来たようです。

大きく長かったここの海水浴場は、ネコの額ほどになってしまいました。





人がまばらに見えますが、ただじっと海を眺めているだけです。

どんな思いで見つめているのでしょう。 ここには風の音と波がぶつかる音しか聞こえません。

少し行くと、決壊した堤防がありました。ここから先は立ち入り禁止です。







かつて無かったところに沼が出来ています。

道路側も寸断され回り道になっていました。





まだ、コンテナは撤去されていませんでした。


こちらは、2010年11月2日に撮影したものです。






何故かアメリカ国旗も・・・・




だいぶ片付きましたが、今後どうなるのか??

ここに住んで居た人々の想い出は、脳に刻まれたメモリーだけになってしまいましたね。


また、一年後ににでも訪れましょう。

そうそう、明日はクレペリン検査です。 チョコット緊張します。と言うか試験中眠くなるんですよね。

クレペリンって?  ただの足し算のテストですが、いろいろ性格とか能力をチェックされてしまうのです。

2年に一回・・・疲れますww
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 隠されたアラハバキ神の謎/氷... | トップ | 二柱神社/泉区七北田(仁和多... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お晩です (あーさん)
2011-08-28 23:10:18
Ah  この堤防を乗り越えてTSUNAMIが町を襲ったんですねぇ 


さすがに海水浴を楽しむ気分にはなれないのでせうか

来年の夏は海水浴客で賑わってほしいものですね
あーさんへ (ひー)
2011-08-29 07:18:00
今更になってしまいましたが、半年でまだ瓦礫撤去の最中です。
こりゃ~しばらく掛かりますね。
五月以来の風景 (酔漢です)
2011-08-29 08:56:50
自身が七ヶ浜を徒歩で歩いたのが、5月2日。
それ以来の現場です。
ご紹介ありがとうございました。
菖蒲田浜の松林では、その時「愛知県警」が行方不明者の捜索中で、立ち入り禁止でした。
ですから、菖蒲田海岸の様子を見ることはできませんでした。
小豆浜のコンテナは手つかずの状態なのですね。「まだなのかよーー」って言ってしまいます。大きな事情があるのでしょう。
昨年の夏。朝早く菖蒲田浜へ車で出かけました。海岸に一番近い家の方が表に出てきて、「駐車場へ止めさいん!」と注意されました。
そのご自宅はもちろん、影の形もございません。その方は(お名前も存じませんが)どうなったのでしょう。そんなことも思い出されます。9月10日過ぎに、また、そちらへ向かいます。また、自分の目で確かめて来たいと思っております。

酔漢さんへ (ひー )
2011-08-29 16:20:46
瓦礫やゴミはかなり片付いているようで見事に何も無くなりました。
海に遊びに行くと、菖蒲田のおばちゃんが風呂を沸かしてくれていたものです。
庭先にあった松林は見事に消えました。
昨年あたりこの辺を写真に収めたのですが、昨日いくら探してもありませんでした 、たぶん絵にならないから消してしまったのでしょう 。
これからは使えない写真も保存しようと思います。
本当に愕然としました「あ~」しか言葉が出ませんでしたよ。
Unknown (桃源児)
2011-08-29 16:50:08
あの恐ろしい地震と津波からもう五ヶ月。
まだその爪あとは刻まれたままなんですね。
人間の営みが自然の前には無力でしかない。そう感じる人も多いかもしれません。
それでも生きている限りは前を向かねばならない。
これが (維真尽)
2011-08-29 16:52:43
現実なんですね

がれきの撤去もままならないと
聞いています
粘り強くやるしかないのですね
政治との乖離が心配です
桃源児さんへ (ひー )
2011-08-29 17:38:11
この地球に住んでるいじょう避けられない問題ですね。

大昔から経験してきたのに、そのメッセージを受け止めていなかったから 災害は大きくなったのでしょう。

海を埋めてそこに家を建てた人類は科学の力に自惚れていたのかも 知れませんね。

維真尽さんへ (ひー )
2011-08-29 17:45:05
個人の力ではどうにもなりませんからね。
また、ここに住めるのかわかりませんが、家も土地も無くなったら途方にくれますね 。

特に原発付近は、汚染された場所で暮らすのは不可能に近いのでは?
菖蒲田浜から花淵浜へ (伝八郎)
2011-08-30 00:20:55
私も先月、菖蒲田浜、花淵浜へバイクで行って来ました。
住んでいた方々には恐縮ですが、私もバイクの免許を取ってから、菖蒲田浜・花淵浜は海釣りのホームグランドだったので、気になって仕方がありませんでした。

どちらの浜も割りと新しい、しっかりとした家が建っている町並みが印象的でしたが、その家々があそこまで崩壊するとは・・・・。
真新しい家の瓦礫で、よりショックを受けまた。
特に花淵浜漁港は堤防までの洞窟が無くなっており、崖も崩れ、テトラポットも流され、釣り場だった防波堤には行けません。
「ここまでかぁ」としか言えませんでした。

実は以前から行きたいと思っていた鼻節神社も場所が判らず断念していたのですが、皮肉にも家並みで隠されていた道が判り、参拝することが出来ました。

そして鳥居からの表参道。驚きました。殆ど獣道ですね。結構、神社まで距離があるし。
道並みに添っていったら岸壁に出ました。ブロックの足止めが無かったら落ちていたところです。道を引き返し、急な階段を登り神社に参拝。帰りの裏参道は直ぐに入り口に通じている。不思議でした。
これは海側に本来の表参道があったのではと思いました。

後のニュースで地震と神社の関係が取り上げられ、鼻節神社の前の海に大根神社があったこと。そして松島は以前の大地震によって地面が沈下して出来たと伝えていたのはビックリしました。
考えてみたら松島全体が沈下したとしたら、当時、本当に大災害ですね。十三湊沈没以上の被害だったと思います。
今回の地震でも砂浜が沈下しているようです。ここまで来ると、人間はどうしようもないでしょうね。

ではでは。
伝八郎さんへ (ひー)
2011-08-30 16:02:43
行かれましたか、私のブログでも鼻節神社をUPしていました。表参道はわざわざ悪路を下に降り百数段の階段を昇りますね。下のあの海のところが本来の入り口なのでしょう。
大根神社・・写真をUPしていますが、あれは過去の津波で破壊された神社だったのですね。
あの朱色の拝殿や神殿は、風格を感じます。
また、不思議な聖域の空気です。当時はアニメと引っ掛けてUPしてしまいました。
自分の中でもう一つの不思議として、三角の扁額があります。
ただのデザインなのか?何か意味があるのか?
自分のHPの中で三角の扁額の神社にマークしています。共通点は宮城県内の海側に多いです。
これは今後も収集したい扁額です。
ごぶさたでした・・・ (ぐずら)
2011-08-30 23:27:38
日曜日の菖蒲田海岸、時間は昼過ぎごろかな?
たぶんタッチの差ですれ違い、オイラもしっかり同じ場所で写真撮ってました。
この日は午前中にボランティアによる海岸清掃があって、かなりのガレキが片付けられてました。
オイラは前日の学校清掃に参加してこの日はギブアップ
様子だけ見に行ってましたが、大型バスや人出の多さは作業後のボランティア参加者だね。
おかげで町内各浜のガレキもずいぶん撤去されて、
最近は内陸の田圃に流れ込んだガレキの片付けも進んできたようです。
片付けられたガレキの行方はと云うと・・・
町営スポーツセンター「アクアリーナ」の東側、火力発電所灰捨地に山積みされてますが、
ここは元もと産廃処分場として排水浄化施設も整備されていました。
おかげで我が七ヶ浜はガレキを町内で処分でき、すごく助かってますよ。
ぐずらさんへ (ひー )
2011-08-31 19:50:20
タッチの差でしたね。
そっかぁ~ 学校は父兄も手伝わないとダメか~

しかし、さっぱど無くなりましたね。
たまげましたよ。
親戚はよく逃げたものだと感心していました。

海水浴が出るのはいつになるのか?
もしかして出来なかったりして?


人事じゃない・・ (かにちゃん)
2011-09-01 00:40:12
この海岸線見てると一瞬自分ところの海岸を見てるのかと

波打ち際にビーチ型ブロックのなだらかな斜面

今は台風の高波が押し寄せています。

1日は国・県合同の災害時訓練が朝7時から行われます。出来る事から少しづつ備えておかなくてはと思います。
三角の神額と白蛇伝説 (伝八郎)
2011-09-01 05:04:11
鼻節神社の記事見ました。三角の神額には気が付きませんねぇー。それとコメントにある白蛇伝説。興味深いです(笑)。

私の故郷である、福島県いわき市の海岸に兎渡路と言う町??があります。現在は津波でメタメタです。凄い被害です。

兎と言うと「因幡の白兎」や「波乗り兎」を思い出します。共通点は波。
そして一部日本語の語源になったアイヌ語で兎と波(三角波も)は「isepo」と発音するそうです(笑)。

本来の三角波とは意味が違いますが、波って白い三角に見えます。それは跳ねる兎をイメージしたのだと思います。そうすると「波乗り兎」って、波の上に波ですから、津波を意味しているように思います。

少々話が脱線しましたが、三角の神額は波を表しているような気がします。つまり津波が来たら、ここまで非難しろと言うことだと・・・。
鼻節神社も津波の影響は無かったようですし、あの津波を見たら誰でもそう思っちゃうでしょうね。

それと「白蛇伝説」。以前、空海を調べたことがあるのですが、空海は白蛇の絵を残しております。絵のお題は「天照大神」。そして「isepo」。

鼻節神社の祭神は伊勢出身の猿田彦神と、確か風神でもある天手力男命。

ここまでくると、何故、塩釜に阿部さんが多いのか、更にはもう一つの国譲り伝説の正当性も証明出来ると思います。
更に「鼻節神社」=「志波彦神社・塩釜神社」とすれば、更に更に面白いことも判ると思います。

ではでは。
かにちゃんへ (ひー )
2011-09-01 06:16:33
先日はありがとうございました。

津波の可能性がある時は、後で笑われたとしても非難すべきです。
まさか?・・・・と甘く考えていた人が命を落としています。
この教訓忘れることなかれ・・・
ですね。
ごぶさたしてました (ぱるえ)
2011-09-01 10:17:30
ぐずらも記録写真を何枚か撮ってきてました。
記事にする予定はなかったのですが、ひーさんと別の角度からということで先ほどアップしました。
トラバもさせてただきましたのでよろしくです。

ザーザー降ってきましたね。台風接近による高波が怖いです。
3日は学校行事もあるというのに・・・はぁ~っ
伝八郎さんへ (ひー)
2011-09-01 10:55:34
いや~、ありがたいヒントをいただき感激しております。
伝八郎さんのコメントから色々と気づかされました。
非常に勉強になっております。
波乗り兎の如くネットの波を利用してチョット見てみましたが興味深いものが沢山ありますね。
今は時間が無いので詳しく読んでいませんが、後ほどその関係も調べてみます。
仰る通り、三角の扁額は、どこも海に近いのですが高台または、ちょっと離れていることがわかります。
鼻節神社もまさしくそれですが、七ヶ浜吉田神社も港を見下ろせます。
石巻の月浦ににある五十鈴神社もサンファンバウティスタ号が出港した港を見下ろせます。
岩沼の竹駒神社も今回の津波は影響ありませんでした。
河北町横川の八幡神社は現場を見て来ないと確認できません。
あの多くの小学生が犠牲になった大川の近くですから。 ただ合祀されていたと記憶にあるので、対象外になるかも知れません。
今後の発見が楽しみになりました。
狛犬の位置ですが、なるほどどうなずきましたよ。
かなり可能性があると思います。
過去の写真を元に祭神や伝承などを参考にチェックしてみます。
ブログの仲間に「雨漏り書斎主人」さんがいますが、こちらも狛犬ハンターと称してカテゴリーを作っています。関東には狛犬の位置が逆のものは少ないそうです。
これは調べがいがありますね。

本日は、野暮用で新潟に行ってきます。





ぱるえさんへ (ひー)
2011-09-01 11:04:26
ぐずら君と同じ場所から撮っていましたね。
地元を愛する私たちにはショッキングな映像ですが、記録に残し後世に伝えなければ・・・ですね。
TBサンキューです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
一歩一歩・・・ (なんだりかんだり☆Diary2)
台風の接近で七ヶ浜も激しい雨が降ってきました数日前に吹く風に秋を感じたばかりだったのに・・・昨夜はじんわりと蒸し暑くて、まだまだ夏だなと思いましたよ。写真の青空は、28日にぐずらが散歩の途中で撮ってきたものです。ひまわりを見ていると何だか元気が出てきま...