ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

曹洞宗金剛宝山輪王寺(輪王寺) 仙台市

2008年10月05日 08時04分22秒 | 仙台市内の散歩道

天気もいいし、輪王寺の庭園でも散歩をするかと・・・・・



この輪王寺時は、嘉吉元年(1441)、伊達持宗(伊達氏11代)が祖母蘭庭明玉尼(伊達家9代政宗の夫人)の冥福を祈るために創建したものです。
ややこしいので、説明します。
伊達氏9代政宗とありますが、仙台藩祖の伊達政宗は17代目で同名を名乗ってます。
それは、伊達家では11世持宗からの16世輝宗(政宗の父)までは足利将軍から名を一字拝領していました。
しかし、天正元年(1572)足利義昭が織田信長によって将軍職を失います。
室町幕府は倒されてしまいます。
つまり、名前を自由に決めることになるわけですね。
そこで、父輝宗は、伊達家の中でも中興の祖と言われた9代政宗の名を襲名させるのです。
至らぬ説明でわかりましたでしょうか?


伊達氏の転地とともに輪王寺は一緒に各地を巡り、慶長7年伊達政宗の仙台入城にしたがって現在の地に定まったのです。
明治9年(1876)に火災により旧堂を失ってしまいましたが、この仁王門だけは大火を免れ今も健在です。




政宗の息子はわかるのですが、何故正室愛姫(めごひめ)の母親が?
福島三春城主の田村家のはず・・・
私の勝手な想像ですが、もしかすると、政宗小田原参陣のさい、確か「私が行くから田村さんは来なくていいよ!」と言って、田村家は小田原参陣に行かなかったのです。
その為、田村家はお家お取り潰しになり、伊達家が面倒を見たと思います。
だから仙台にお墓があるのでは? これは私の仮説で検証していませんのであしからず。


丁度カメラのレンズが入る隙間があったので・・・




後ろを振り返ると・・・・


仙台市内の景色もこんな感じ・・・・



本堂



庭園に入るとき300円分のコインを入れて入ります。
その時、可愛い女の子の声がテープで流れます。ご住職さんのお孫さんでしょうか
おっ! 狛様だ。



庭園は次にUPします

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「おはぎ」/ずんだと東京土産 | トップ | 輪王寺 ・ 庭園 »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵な仙台~☆ (かにちゃん)
2008-10-05 11:06:25
こんにちわぁ~ (^∇^)

仁王像の迫力と目玉に「お~!」狛犬に至っては、「ちょいメタじゃ」ごめん!

楽しく拝見させて貰いましたよぉ~

もう、ご存じかもしれませんが、ケロさんからチェーンブログの訂正の連絡が入っていましたので、急ぎ貼り付けいたします。

ちゃんと貼り付け出来ていなかったら、ごめんなさい

 http://nohohonnsyufu.at.webry.info/

 よろしく、お願いします
参道~ (維真尽(^^))
2008-10-05 11:24:21
ながいですね
やはり~
そのくらい長くしないと
世俗から 隔離されないということでしょう~ね (^_-)-☆
かにちゃんへ (ひー)
2008-10-05 14:43:07
ご機嫌いかがですか。
毎日開いてはいたのですが…
ここは、庭園で有名なお寺なのでちょっと覗いて見ました。
維真尽(^_^)さんへ (ひー)
2008-10-05 15:25:01
昔の写真を見ると、参道の両脇は杉並木のようです。
記事には書きませんでしたが、お釈迦様の足型や新しい石仏も並んでました。
この辺は北山と言って大きな由緒あるお寺が並んでいます。お城からすると鬼門の位置でもありますね。
後ろを振り返った道 (モコ)
2008-10-05 18:55:49
室町時代の人も同じ道を歩いていたであろう
不思議
時を越えて歩いているみたいだね
モコも歩いてみたいなぁ~
おばんです (Bar☆)
2008-10-05 20:00:27
輪王寺の参道は道路工事の為新しく造り直したのですが…なんか、明るくなった気がします。
トンネル掘るので伐採したからかしら?
参道入り口にあるお団子屋さんも有名ですよね。
輪王寺には外国人墓地もあったかと記憶しておりますが?幼稚園のお散歩で遊びに行った記憶があります。通っていた幼稚園はあの付近では歴史のある幼稚園です。
モコさんへ (ひー)
2008-10-05 21:14:20
お寺は古いのですが、この地に来たのは政宗ちゃんと一緒なので、江戸時代に入ってからですね。 いずれにしても遠い昔・・・・
どんな人々が行き交ったのか・・・
この仁王門は見ていたのでしょうね。
Bar☆さんへ (ひー)
2008-10-05 21:18:05
Bar☆さんが幼稚園の時ですか?
トンネル工事してますね。
両脇の杉の木はもうありませんね。
新しくなりました。
団子や知らなかった・・・
良い所ですよね。 (ミモザ)
2008-10-05 21:42:02
輪王寺はアヤメの絵を描きに2度いっていますが、古いお寺としか分からず、本日は歴史の事も知る事が出来ラッキーです
これからは紅葉が美しいでしょうね
ミモザさんへ (ひー)
2008-10-05 22:05:29
自分も勉強しながらです。
公式ホームページを見ても、一般の人にはわかりにくい説明なので、解釈つけました。
伊達家には政宗が二人居ましたから・・・
この (あーさん)
2008-10-05 23:36:43
狛さま 倒立してるんでしょうか?

宋の洞山→日本の道元  曹洞宗ですねぇ
曹洞宗付き合いで (酔漢です )
2008-10-05 23:44:06
座禅

夏の夕方。気づけば「蜩」の声。
座禅を始めた時間には「油蝉」

こんなに時間が経ってしまっていた。

一時期、誘われまして、やってしまいました。
「一休さん」は偉大でした。
大学の座禅堂でです。
輪王寺のご住職がいらしておりました。
やっぱりゴメンね (クロンシュタット)
2008-10-06 06:28:14
小田原参陣の際の、「行かなくていいよ」発言は、取り潰し→取り込みを狙っての、伊達君の計画的行為らしいのですが、「やっぱりゴメンね」でお墓の面倒をみたのでは?
岩沼→一ノ関に田村家を再興させたり、私の高校の同級生の片倉君ちに面倒みさせたり・・・

あ、その片倉君が言ってたよ「○○(私)、おめ二女じゃ一番有名だな~」
ほんとだってば!
あーさんへ (ひー)
2008-10-06 08:05:02
そうですね。狛様は立ってますね。
疲れないんでしょうか。
藩政時代が終わると、伊達家からの支援が無くなり落ちぶれるのですが、本山永平寺などから住職が応援に来たようです。
酔漢さんへ (ひー)
2008-10-06 08:17:58
ほう~
ここは禅寺ですからね。
いい経験をしましたね。
自分は、未経験です。
多分一生無いかも…
クロンシュタットさんへ (ひー)
2008-10-06 08:28:07
最初から策略か~
宗さんもなかなかやりますね。
次は片倉さんちをアップ予定です。
聞いたことがあります (丹治)
2008-10-06 08:35:27
ひーさんへ

三春の田村家の話は私も聞いたことがあります。政宗が「行かなくてもいいよ」と言って参陣しなかったと思います。確か岩城家や白川家もそうだったと思います。

田村家は清顕の死後、相馬派と伊達派に分裂します。愛姫の母の実家は確か相馬家だったのではないでしょうか。それでも政宗は仙台に引き取って面倒を見たのですね。

伊達家は江戸時代にも、将軍の名前の一字をもらう格式がありましたね。足利十五代の義昭ですが、この将軍の一字を拝領したのは、東北地方では石川昭光(政宗の叔父だったと思います)だけだったと聞きました。

丹治さんへ (ひー)
2008-10-06 16:39:20
お詳しいですねぇ
あまり田村家については勉強不足で…、ためになりました。興味が湧いてきましたねぇ
なかなか本も読めず。
自分も勉強しながら、色々驚いてるしだいです。

Unknown (桃源児)
2008-10-06 17:11:00
これは広くて立派なお寺ですね。
政宗公、二人いたんですね。
この狛様、何やら威嚇しているようにも見えます。
桃源児さんへ (ひー)
2008-10-06 17:14:32
確かに威嚇してますね~
入ってすぐに吠えられました
こんばんは! (ミモザ)
2009-04-18 22:15:14
輪王寺の記事書きにひーさんのブログが
とても参考になりました。
有難う御座いますm(__)m
狛ちゃんを見つける事が出来ませんでしたよ(;_;)
ミモザさんへ (ひー)
2009-04-18 22:37:41
お晩です。
入口のゲートを入ってすぐだったような…?
でも小さいんです。よく足元を見ないと気付かないかも?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。