ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

多賀神社/多賀城市高崎

2008年02月19日 22時15分42秒 | 多賀城の散歩道


多賀神社

多賀城廃寺跡の北側に鎮座しています。





御祭神 :武甕槌命(タケミカヅチノミコト) 経津主命(フツヌシノミコト)

配祀:天照皇大神、久那斗神、菅原道真公

気になるのはクナト神の存在です。

由緒

この地は、かつて陸奥国多賀郷の中心地で陸奥国府鎮護寺の境内にあり、当時任務に赴いた国司、開拓移民が崇敬していた、江川多賀神社(現在滋賀県多賀大社)を遷祀したとされる。 奈良時代の風土記に当時の神事が記載されており、平安時代には桓武天皇より796年に従五位下の位をうけるなど、朝廷や民衆より崇敬を受けていた古社であると言える。
延喜式以前からのものと思われる。







地元では、正月の14日に「どんと祭」(宮城での呼び方)が行われ、親しまれています。

どんと祭の様子












『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野蒜築港跡 | トップ | オッ! (´∀`) 方言 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
江川? (りひと)
2016-01-23 11:48:05
滋賀の多賀さんは江川という字が付くのですね。うちの父元巨人の江川ファンでありまして。また私がカラスに怒られら神社では江川さんが関わります。お世話になっている方のプログでひーさんに出会いましたがその方もやはり江川さんと縁があります。

変な所に切り込んですみません。多賀には金山さんの気配感じます。2598
りひとさんへ (ひー)
2016-01-24 11:25:08
この神社は、国府が多賀城に置かれた頃に、観音寺が隣接して作られました。
現在は「多賀城廃寺」となっていますが、遺跡から観音寺と書かれた皿が出土し、また福岡の大宰府の隣にも観世音寺があることから、観音寺は間違いないだろうと言われています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
インフルエンザの年末年始 そして「どんと祭」 (ひーさんの散歩道 2)
あけましておめでとうございます。 ・・・・今更ですが。 今年の年末年始は、インフルエンザに終わりインフルエンザに始まりました。