ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

支倉常長/三つの像と三つの謎&メモリアルパーク

2009年09月19日 11時30分00秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
支倉常長/メモリアルパーク そして三つの像と三つの謎
宮城県黒川郡大郷町

支倉六右衛門常長の墓でもあるが、三箇所あると言われている一つです。
他の二箇所は、 仙台市北山にある光明寺
そして故郷である柴田郡川崎町支倉の圓福寺です。
圓福寺に行ってきましたので、この後、続けてUPします。

何度か、支倉常長については記事にしてますが、ここで一旦締めくくりです。

常長は藩主伊達政宗の命により遠くスペイン・ローマへ通商交渉のために慶長十八年(1613)秋、牡鹿郡月ノ浦を出港。
七年の歳月をついやして元和六年(1620)秋帰朝したが、時すでに鎖国と切支丹弾圧(キリシタンだんあつ)が全国に強行されていた。
仙台藩は元和八年常長死亡の報告を幕府に提出したが、長途の困難な使命を果たした功臣常長を人目に触れないこの山林の中に隠し静かな余生を送らせた。
帰朝後三十年承応三年二月常長は八十四歳の天寿を全うした。
以来、支倉別家で常長の義弟新右衛門家中の者が代々堅く世に秘して墓を守ってきたものである。
                       梅安清公禅定門承応三年二月十七日 支倉氏

※帰朝=公務を帯びた者が外国から帰ってくること。

さて、ここで謎なのが三箇所の墓の死亡日が違うのです。
前記の通り大郷町のメモリアルパークでは、承応三年(1654)二月 享年84歳
川崎の圓福寺では、元和八年(1622)7月1日 享年52歳
仙台の光明寺では、帰国後翌年病死 つまり元和七年(1621)享年51歳
現在は、死亡時期については案内版には書いていない。

当然、政宗の命でローマまでの道程を行ってきたわけですから、切支丹弾圧とは言えども、常長を責めるわけには行きませんから、幕府に死亡を届け、ここ大郷の地で余生を過させたのでしょう。
ですから、川崎又は城下にある光明寺の墓の日付はダミーにも思えます。
しかし、遺骨があるとすればそれはまた別問題です。
外部の目を誤魔化すには、幕府に届けた年のお墓が必要なはずです。
没後その墓で供養してもおかしくないはずです。 まぁ、私の意見ではありますが・・






なんでお墓は高いところにあるのでしょう・・・・







こちらがお墓です。



メモリアルパーク


石巻月ノ浦


仙台城址隅櫓向かい


常長メモ

生まれは、山形市県長井市邑立石
父親は山口飛騨守常成/山口常成(五郎右衛門)の次男
伯父支倉時正1200石の養子となる
しかし実子が生まれた為半分の600石を譲り受け分家となる。
柴田郡支倉邑(現在:川崎町)に住む。
情報探索や情報の収集処理に有能な武士であったと言う。
朝鮮出兵の時に渡航を経験し鉄砲組頭として抜群の従卒力に政宗は高い評価をした。



おまけ! 大郷町の看板には常長がマークになっています。


関連記事
サン・ファン・バウティスタ号、出航の地:月浦
支倉常長
慶長遣欧使節船:サン・ファン・バウティスタ
支倉常長とサン・ファン・バウティスタ号
サン・ファン・バウティスタ号 船内1
サン・ファン・バウティスタ号 船内2
慶長遣欧使節船・第一弾終了
支倉六右衛門常長の墓所/圓福寺・川崎町
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 弘前城 | トップ | 支倉六右衛門常長の墓所/圓... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
う~ん (維真尽(^^))
2009-09-19 11:54:04
歴史の流れに翻弄されたんですね

いまも一緒ですが
流れに乗るも良し
外れるも また佳しと思いたいですね (^_-)~☆
いーさんへ (ひー)
2009-09-19 14:32:25
まぁ、それも歴史ですね。

人は死んで名を残すといますが、後世に名を残しましたからね。
それも歴史に残る旅をして…
へー (オズ)
2009-09-19 19:47:19
圓福寺は夫の実家の墓があります。
亡くなった日が違うとは、しりませんでした。
地元の知り合いのおじいさんが、
歴史に詳しく生前よく常長の話を聴かされてましたが、ちゃんと聴いてなかったのでしょか、
全然記憶に無いです。
今思えば、書き留めておけばよかったと後悔してます。
オズさんへ (ひー)
2009-09-19 23:50:41
お~ あちらがご出身でしたか~
本堂?には隠れキリシタンのマリア像が…
見たかったです。
Unknown (あーさん)
2009-09-20 01:12:07
政宗公のことですからダミー墓くらいは
こさえたかも ww
あーさんへ (ひー)
2009-09-20 07:32:36
でしょうね。
もしかしたら、地元の人にも亡くなったことにしていたのかも知れませんね。
3つの墓と7つの銅像・・・ (ぐずら)
2009-09-21 21:26:21
大郷のメモリアルパークには行ったことがあるけど、墓所までは行ってなかった…
えらく上の方にあったんだなぁ!
青葉城跡、メモリアルパーク、月の浦の同じ型の銅像
実は、これと同じ銅像がメキシコとスペインとイタリアにもある…
それから、キューバにもこれとは別の形の銅像があって、つごう7体!
ぐずらさんへ (ひー)
2009-09-21 22:57:43
メキシコはアカプルコから入ったからわかるけど、キューバは何でだ?
元スペインだからか?
海外でもかなり話題になったということですね。
鼻をかんだ紙を拾っていたらしいですね。
ヨーロッパではハンカチで鼻をかむ(お年寄り)から、今でもハンカチを持ってる日本人が不思議らしい?
キューバに・・・ (ぐずら)
2009-09-21 23:39:05
初めて上陸した日本人だったらしい…
メキシコ湾から大西洋に出る前の風待ちかなんかでハバナ港に上陸したらしいよ。
ぐずらさんへ (ひー)
2009-09-22 07:49:27
サンキューです。
俺もイスパニアへ行きたい!

しばらく海外も行けないな~
Unknown (しばやん)
2011-10-30 09:26:59
慶長遣欧使節のことを調べていたのですが、支倉常長の墓が3つもあることを知り、ネットで検索しているうちに「ひーさんの散歩道」にたどり着きました。

勝手ながら、私のブログにリンクさせていただきました。

私も支倉常長は84歳の天寿を全うしたのだと思っています。
しばやんさんへ (ひー)
2011-10-30 16:55:01
コメントありがとうございます。
私も支倉常長のことを掘り下げたいのですが、調べたいことが沢山あり、取り合えず打ち切っております。
時間にゆとりができたら、また続けようかと思ってます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
伊達政宗はいかにして幕府に対する謀反の疑いから逃れたのか~~... (しばやんの日々)
慶長遣欧使節は日本人が初めてヨーロッパの国を訪れて外交交渉をし、1615年1月30日にはエスパーニャ国王フェリペ3世に、同11月3日にはローマ教皇パウルス5世に謁見したのだが交渉は成功せず、支倉常長は、ソテロをフィリピンに残したまま、元和6年8月24日(1620年9月20日....