ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

竹駒神社:岩沼市  その二

2009年05月15日 11時10分21秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
随身門から向唐門・本殿を望む・・・



この中には・・・・


宝珠を咥えてますね。 玉は神霊または財宝の象徴だそうです。


咥えているのは? 巻物なら、神徳が書かれたものと言われ、鍵は穀倉又は宝蔵を開くものとされています。



重そう・・・・・                           ここにもキツネですね。


向唐門




                           柱の下には、獅子が・・・


やっと本殿です








左側が神殿です


境内社が沢山並んでました。  あれ? いーさんちの別荘?





                          この石灯篭は琴柱形ですね


この灯篭は岩形です。             それでは裏参道に向かいます。


こちらにも居ました・・・・・キツネ狛犬


                                  裏参道にも立派な鳥居が・・・
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 竹駒神社:岩沼市  その一 | トップ | 本ばかり増える »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミー太郎)
2009-05-15 15:15:39
相変わらず写真がお見事ですね!
キツネの狛様も圧巻!これもまた担当は雨漏り師匠様でしょうか?^^ 
話は変わりますが、以前コチラから失敬した桜画像を見ながらポチポチ描き出してみたら、あまりのヘタさ加減に目眩がしました。(笑) でもまだ諦めてはいませんぞ!
お稲荷様 (papiee)
2009-05-15 17:11:58
商売繁盛!キツネ様が沢山いますね!
口に加えてる物に意味がそれぞれあるとは
知りませんでした。
また一つ賢くなったぞ!(なったかな?)
Unknown (桃源児)
2009-05-15 18:31:50
立派な神社ですね。
灯篭を支える人々、本当に重そうなお顔していますね。
狐狛犬、そうお呼びするんでしょうか。
結構、個性的な風貌です。
ミー太郎さんへ (ひー)
2009-05-15 19:49:24
実は、私も人物がを描いたのですが、どうもバランスが悪く書き直します。
雨漏り師匠から東北支部長を命じられてますww
papieeさんへ (ひー)
2009-05-15 19:51:14
自分もこうして勉強しながらなんですよ。
この年になって勉強するとは思っても見ませんでした。
桃源児さんへ (ひー)
2009-05-15 19:54:27
自分でもなんて呼んだらいいか悩みます。
本には、狛犬の一種類と扱ってもいるようだし、お狐さんと呼ぶのか・・・?
もう少し勉強します。
竹駒さま (ほでなすいっく)
2009-05-15 21:28:53
何度も行ってるのに、あんまり覚えてない~
今ならブログ用にあちこち撮るんだろうけど、それでもひーさんみたいに細かいところまで目が行かず…

裏参道の狐さま…悪人顔って言ったらバチが当るかしら
ありがとうございま~す (維真尽(^^))
2009-05-15 21:48:27
出雲の神様
その昔~
あちこちで ご活躍されてたようです~ね (^_-)~☆
いっくさんへ (ひー)
2009-05-15 21:57:19
他人が見たら、キョロキョロして怪しげかもww

裏参道の狐・・・こそ泥のようですよねww
良く見えてますね~。 ()
2009-05-15 21:58:11
こんなに竹駒さんが造形美にあふれていたとは!
ひーさんの写真を見ると私は何をどこを見てきたのだろうと思います。

コメントを投稿

宮城の散歩道(仙台を除く)」カテゴリの最新記事