ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

松島:瑞巌寺灯道「秋」 

2009年11月10日 21時06分17秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)

松島:瑞巌寺灯道「秋」 
~闇の中の緑の世界~      


瑞巌寺の参道










千手観音石仏&蜘蛛の巣









ライトアップされた五大堂

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松島:円通院ライトアップ09\' | トップ | 仙台スナップ »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
神秘的 (オズ)
2009-11-10 21:11:03
今日TVで、ライトアップされているところを偶然見ました。
でも、ひーさんの映像のほうが、ぐっと神秘的で素敵。
夜景の撮影はむずかしいですね*。*
オズさんへ (ひー)
2009-11-10 23:21:19
おばんです

夜景は意外とコンパクトカメラがいい場合があります。

生の方が幻想的ですよ。
お晩です (あーさん)
2009-11-10 23:52:32
こんなのを生で見られるなんて浦山氏っ ♪

緑色がなんともゆかしい♪
亡霊だったのか (クロンシュタット)
2009-11-11 05:16:38
幼少の頃の暗闇に対しての恐怖感が蘇ってきました。
「おどろおどしさ」すら感じます。
大人になった今は、かえって昼間の雑踏に恐怖を感じます。
物騒な事件ばかりが目立つ世の中ですね。

ところで瑞巌寺の入り口脇に「開かずの門」みたいなのがありましたよね。

あーさんへ (ひー)
2009-11-11 05:53:01
昨夜は返事を書いている途中に気を失しなったようです。

自然の美しさもさることながら、作られた光の演出も見事です。
素晴らしいです! (ミモザ)
2009-11-11 07:25:54
お早うございます~♪
私もテレビで見ましたが、
ひーさんの画像の方が迫力があっていいです!

今年も忙しくて、松島のライトアップには
行けそうもないので楽しませて下さいね。
千手観音石仏のお顔は優しくですね(^^)v
クロンシュタットさんへ (ひー)
2009-11-11 07:41:40
その門は御成門かな?
政宗は、将軍と天皇専用の門を作りました。
そこから入ると玄関から入るようになります。
今の観光客が入るところは本堂の縁側からですよね。
天皇専用ですから、普段はしまっているわけですね。
ミモザさんへ (ひー)
2009-11-11 08:31:52
2年行きましたから、来年はどうするかわかりませんが、一度観る価値あります。
円通院の池はいつまでも見ていたいです。
Unknown (ミー太郎)
2009-11-11 09:38:44
真昼間の松島なら行った事ありますが、夜でしかもこういうライトアップは初めて。。
幻想的ですね~♪
しかもイケメンが写ってますし。^^
幻想的ですね~ (ぱるえ)
2009-11-11 10:00:05
夜の松島、行ってみたぁ~い☆
直線距離だと近いんですけどね~!
Unknown (桃源児)
2009-11-11 10:34:24
闇の中の緑、素晴らしい光景です。観音様もより神秘的に見えますね。
すばらしい~ (維真尽(^^))
2009-11-11 17:46:42
ライトアップ素敵ですね (^^♪

きょうは
珍しいものありがとうございました
後日 up させてもらいます m(__)m

ミー太郎さんへ (ひ)
2009-11-11 18:19:38
あれは、イケメンじゃなくてツケメンです。
ぱるえさんへ (ひー)
2009-11-11 18:28:02
ぱるえさんも行って無いということは、子供も行ってないということ・・・

これはまずい宮城にいて日本三景を知らないのは、県民として宮城出身と外では言えないぞ。
桃源児さんへ (ひー)
2009-11-11 18:33:49
ここは沢山の僧が修行をした地です。
日中でも神秘的ですよ。
維真尽さんへ (ひー)
2009-11-11 18:39:34
着きましたか~出勤前のちょっとした時間だったのでメッセージも入れられませんでした。

Unknown (ほでなすいっく)
2009-11-11 20:20:18
とっても幻想的です
夜の松島、行きたいけどぉ…
来年かな
いっくさんへ (ひー)
2009-11-11 21:16:32
来年までパートナーを探すなんてどお?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL