ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

松島:円通院 2

2007年12月09日 18時37分08秒 | 仙台藩と伊達家のお話し
本堂では、数珠を作ることができます。

二組に女性の参拝者が作っていました。

若い女性はファッション感覚で、プラスチックやガラスの安価の物を選んでいた。

年配のご婦人方は、天然石で作ってました。



私も、少し大きめの玉で作成。

選んだ石は、水晶・翡翠・アメジストの三種



水晶は、悪運は退け、全ての調和をはかり、あらゆる力が宿ると伝えられてきました。

翡翠は、気持ちを癒し、情緒を豊かにすると言われていたそうです。

アメジストは本当の愛に巡り合うためのお守りとして伝承されてきたそうです。

チョット、気になってネットで調べて見ました。


本堂から裏庭を・・・アッ木魚ですね。
厳密に言うと『木板<木鼓>』と言いますが、今使われている木魚の原型となったものです。




庭を散歩してみましょう





奥に進むと光宗の霊廟・三慧殿がある。

つづく


『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松島・円通院 3 | トップ | 炭焼藤太:金売り吉次の父親 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。