ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

多羅葉:たらよう

2009年02月05日 22時48分10秒 | 塩竈の散歩道
昨日、鹽竈神社の境内をウロウロ・・・     

狛犬のハンティングをしながらお参り

境内にある、この多羅葉の葉が落ちていたので、家まで持ち帰りました。



学名:Ilex latifolia
別名:モンツキシバ(紋付柴),ノコギリシバ(鋸柴)

この和名:タラヨウ(多羅葉)の葉の裏を傷つけると黒くなります。

昔は、傷をつけて経文を書いたという、ヤシ科のバイタラの木の葉にたとえたそうです。

いわゆる、葉書の原型といいますか・・・

語源になったという説があります。

それでは、試してみましょう。

ドライバーの先で字を書きました。 直後の写真です。



1分後です。 



くっきり浮き出しました。  



左のサイドバーに貼り付けましたが、古いブログは、「狛犬さんの散歩道」とリニューアルしました。
しばらくは、今までの写真を整理します。
神社や狛犬の話も入れながら、作ろうかと・・・・
暇な時にでも覗いて見てください。
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (28)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デジブック~花のある風景~ | トップ | マコロンヤ »
最近の画像もっと見る

28 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おいらも昔はカメラ小僧さ! (クロンシュタット)
2009-02-06 06:13:41
おっ!一等賞だ。
あの葉っぱのことは知っていましたが多羅葉というんですね。
それよりも、久しぶりに塩竃神社でのんびりしたくなりました。
息子たちの春休みに帰省する予定ですので、ひーさんの記事の確認に塩竃多賀城をウロウロしてきます。

狛犬研究会?の井の頭支部でも自称しようかなー。
でもカメラがF1とF3だもんなー(年代がバレバレ)。
Unknown (ミモザ)
2009-02-06 06:47:50
お早う御座います~♪
塩竃神社で見かけた事がありますが
その葉の威力は知らなかったです。
今度、私も試してみたくなりました。

これから成田へ向かいます。
2週間ほど留守になります。
又、ブログでお会いしましょう(^^)/~~~
へぇ~ (モコ)
2009-02-06 08:13:25
>傷をつけて経文を書いたという
ひーさんは物知りですね
たらようで・・ (酔漢です )
2009-02-06 09:25:46
スパイ手帳に浮き出るペンというのがありましたが・・・
この塩竈神社のたらようで同じような事を小学校の先生が教えてくれました。
文字が浮き出る!そしてきれいに写るのが不思議でした。
ところで「狛犬」ですが、日本一の狛犬評論家(とでも申しましょうか・・)狛犬コレクターは間違いなく、新作落語で有名な「三遊亭円丈」師匠です。日本全国の狛犬を写真で集めておられます。塩釜神社の狛犬も、おそらく師匠のコレクションに入っているはずです。
「ねぇ、仙台あたりってやたら神社とか、多いよね。狛犬もたくさんいるんだよね」
とか、申しておりました・・(笑)
撮った写真をどのように整理公開しているかは解りませんが。HPあるかなぁ?
確かめてみますね。
クロンシュタットさんへ (ひー)
2009-02-06 11:08:06
何十回行っても、塩竈神社は飽きませんねぇ。
良く子供が小さい時は、何度も行きました。
F1とかってニコンの名機じゃないですか。
とても手が出ません。
アクセサリーもレンズ高くてねぇ~

寝かせておくのがもったいないです。また
ミモザさんへ (ひー)
2009-02-06 11:28:19
海外ですね。
お気を付けて行ってらっしゃい。
こんにちHA (あーさん)
2009-02-06 12:07:57
葉書のオリジン。

なぁる ♪

使い走りが、コレを持って走ったのかも。



狛さま (あーさん)
2009-02-06 12:18:24
横レスです   ひーさん すんまへん

>酔漢さま

 拙思うに狛さまの最高権威は
上杉千郷先生でしょう。

品川神社に、日本参道狛犬研究会が一対、摂社に奉納してまして、会長が円丈師匠、顧問に上杉先生の名が刻まれてました。

下呂温泉に上杉先生の設立した狛犬博物館があります。


拙記事をT.Bしますので、気が附かれたらご覧ください。

失礼をもうしあげました。
モコさんへ (ひー)
2009-02-06 14:19:56
モコの背中に字を書かないで下さいよ。
酔漢さんへ (ひー)
2009-02-06 14:33:39
へぇ~
やはりいるもんですね~。

更新していなかったものですら、何かに使えないかと…
壁紙はやはり塩竈神社と狛犬を合成しました。

あーさんへ (ひー)
2009-02-06 15:08:08
使いっぱしり…
あり得ますね。
昔、ベトナムで、何でこんなにバイクが多いのか?
と聞いたら、電話が普及していないからだと言ってました。昨日神社がわかる本を買いました。
狛犬記事もあったので、狛犬辞典も見たいですね。円丈師匠の本も…

トラバありがとうございました。
Unknown (ほでなすいっく)
2009-02-06 16:51:52
すごーい くっきりだ

狛犬研究会石巻支部…
怠け者ですから、ムリです
Unknown (papiee)
2009-02-06 17:06:19
へ~!凄いです!
葉書の原型ですか~。
それに、こんなにもクッキリと・・・。
少し、厚みもあるようですね。
ひーさん、字が上手いですね!
こちらもビックリ!!
いっくさんへ (ひー)
2009-02-06 19:30:48
いっくさんは、饅頭研究会なら続きそう。
papieeさんへ (ひー)
2009-02-06 19:43:14
プラスドライバーの先で書きました。

上手だなんて、恥ずかしいです…
ただ書いただけですから。
この葉っぱは肉厚で硬いでした。
傷をつけやすかったですよ。
丁寧な字 ()
2009-02-06 20:25:14
ひーさんの字は丁寧で美しいです。。。。

多羅葉  
私も写真を撮ってきたような気がするけれど どこにあるのやら整理しなくちゃ。
Unknown (はー)
2009-02-06 20:41:03
待ってました!   
樹木 大好きで~名前を覚えたいと
挑戦してま~す(70の手習い?)
「タラヨウ」
お寺や神社によく植えられていて
晩秋から初冬にかけて 赤い実が生る
木もあるようですね~雌雄異株とか~
この木はどうでしょう? 
林さんへ (ひー)
2009-02-06 21:54:52
いや~
そんなことなら、ちゃんと書けば良かった。
お恥ずかしいですぅ
Unknown (桃源児)
2009-02-06 22:15:21
葉書の話、聞いたことがあります。
多羅葉だったんですね。
本当に字がくっきり。
それにしても、ひーさん、達筆です。
悪筆の筆者には羨ましい限り。
はーさんへ (ひー)
2009-02-06 23:24:00
凄いな~
樹木や草花は、意外と苦手でして…

トップの写真は去年の物で、今回はお参りして、すぐ下ばかり落ちてないかと見てましたので見逃してしまいました。

確かに実がなりますね。

これからは、要チェックですね。
桃源児さんへ (ひー)
2009-02-06 23:33:00
自分では、汚いと思っているのですが、バランス悪いし、それもドライバーで書きましたからね。(笑)
今の世の中、原稿もPCで打つのでしょうから…
原稿を出すときは、決まりがあるのですか?
いや~ (維真尽(^^))
2009-02-07 01:49:48
こんなに鮮明なんですね (^^♪

これに切手貼って
出したら
届くかもで~す (^_-)~☆
維真尽(^_^)さんへ (ひー)
2009-02-07 05:30:52
丈夫な葉っぱなので届きますね。

ただ、内容まで書くスペースはないと思います。www
おしらせありがとうございます (酔漢です )
2009-02-07 10:07:58
あー様へ
上杉先生のお名前は存じておりませんでした。
ありがとうございました。
はたして「円丈師匠」仙台へ来ましたとき、酔漢、楽屋でお話いたしました事を少しばかり、紹介させていただきました。
「狛犬博物館」ですか。単に「狛犬」も深く追求すれば、地方独特の何かが見えてくるものなのでしょうね。
ひー様へ
掲示板的に使う事は本意ではございませんが、この場をお借りいたしました。
ご容赦下さいませ。
酔漢さんへ (ひー)
2009-02-07 10:38:32
かまいませんよ、どちらもリンクしている、お友達ですから・・
おかげで、私はお二人から知識を授かりましたから。
酔漢さま (雨漏り書斎主人/あーさん)
2009-02-07 13:30:18
ご無礼を申し上げました 
こんばんわ (オズ)
2009-02-08 21:01:03
多羅葉の木は、知人のところにありまして、
その話しは知人から聞いて知ってました。
その知人いわく今でも切手を貼れば届くよといわれたので、
好奇心旺盛な私は、大きめな葉をもらいボールペンで書き送ったことがありました。
が、定形外で戻ってきてしまい、封筒に入れて、送りなおしたことがありました。
それでも届けた友人は、万葉の世界から来たようだと、凄く感激してました。
オズさんへ (ひー)
2009-02-08 21:30:00
切手の料金さえ間違わなければ、届きましたね。
この葉は、丈夫ですし現実的ですね。
ホントに不思議なものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
狛犬事始め (雨漏り書斎)
かんちゃん・みっちゃんの娘子軍に触発されて狛犬に興味を持ってしまった雨漏り、少し勉強してみました。 図書館で検索してみると、やはり「こんなもの」に興味を持つ物好きな人も居るらしく、つい先日返却された本がありました。 「狛犬事典」上杉千郷・著...
品川神社の狛犬 (雨漏り書斎)
ブロ友 bara_ayaサンのご推奨する品川神社に家人T同伴でハンティングに行ってきました。 収穫大っでした ←によれば 品川神社 祭神 天比理乃咩命、素戔鳴尊、宇賀乃売命、大国主命、     恵比寿神 本殿 流造 境内 2,427坪 由緒 文...