ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

馬櫪神社/松島町

2010年07月02日 22時15分58秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
数年前から気になっていた社に行ってきました。

利府街道つまり石巻街道(仙台松島線:県道8号線)を走っていると鳥居

と奥のほうに小さなお堂の様な社が見えるのです。

松島の裏側といいますか、北西の辺りで、松島チサンカントリーのあたりです。

何の神社かと思って楽しみにして行きましたら、馬櫪神を祀る馬櫪神社でした。

どうも、平安時代、京都から勧請したもののようです。












石碑はいつものように、湯殿山、月山などのよく目にするものでしたが、天皇の文字が見えどうも軍馬として使われた馬も供養されたのかも知れません。

神社よりも気になったのは、この道路です。





青い点線は、明治23年に東北本線が敷設された跡です。

東北本線は以前「山線」と呼ばれこちらの道に旅客線としての軌道がありました。

しかし昭和31年に「海線」側に旅客列車が走ることになり、電化及び複線化などを「海線」

が担うことになったのです。

その為「山線」は岩切~品井沼間を昭和37年に廃線。

しかし、地元の力で岩切~利府間が支線として残されたのです。

そこで、利府の旧、東北本線「山線」の一部に静態保存されている

ED91&C58のSLはこちらにUPしました。クリックしてご覧下さい。

『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水滴・・・・と我が家の庭 | トップ | 三度のめし »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいなあ~ (silent-holly)
2010-07-03 00:01:39
これ、いいですねえ
見に行きたくなりました。

本線で松島~愛宕あたりにも田圃の向こうに見える小さな鳥居があって、ちょっと気になってたんです。

見捨てられたようなお堂も捨てたもんじゃありませんね
こんばんは~ (sidu-haha)
2010-07-03 00:21:26
もともと、この神社は利府街道の傍にあったそうですね~
蒸気機関車から飛んだ火の粉が飛んで神社が燃えたので、
現在地に引っ込んだんだとか~
silent-hallyさんへ (ひー)
2010-07-03 08:17:33
本当に見捨てられた感はありますね。

車でないと行けないところでもありますが。

でも気になっていたものがひとつ解決しました。
sidu‐hanaさんへ (ひー)
2010-07-03 08:25:34
そうなんですか。
有り得る話しですね。
寄贈した人の名前には地元の人の名前が彫られています。
こうして守られていることは良いことですね。
こうしたマイナーな神社からは利益がでませんからね。
え~ (維真尽(^^))
2010-07-03 21:45:08
東北本線
単線だったんです~か?
Unknown (ほでなすいっく)
2010-07-03 23:10:00
あー、ココ
ワタシも気になってたんですよ
春になるとキレイに桜が咲いていて、いいシチュエーションなんですよねぇ

あの中の道路は昔線路だったんだ
知らなかったー
いーさんへ (ひー)
2010-07-04 00:46:16
やはり昔はどこも単線で、駅ですれ違うのを待ったものです。
いつまで「新駅」・・・? (ぐずら)
2010-07-04 23:52:08
東北本線の岩切~松島間に「海線」が通って、新し塩釜駅が出来て
以来、塩竈線の駅と区別するために「新駅」って呼ばれることに・・・
んでも、塩竈線も廃線から久しいし・・・いったい、いつまで「新駅」なんだべ?
三鷹や府中は廃線跡だらけです (クロンシュタット)
2010-07-05 05:44:45
奥深い杜を背景にした田園に潜むお社。
なにげない、また平凡ですらある風景です。
でももう長い間こんな「ほっとできる場所」に佇んでいません。

廃線跡は、故宮脇俊三氏の一連のシリーズでずっぽりはまったことがあります。
「山側の迂回線」は軍部優先の時代にはあちこちで見かけられましたね。
艦砲射撃や上陸作戦をを想定しての敷設でした。
当時は東海道本線よりも中央本線を優先しようとしたことさえありました。
それと海側のギリギリの土地をトンネルとセットで建設していく技術も不足していたことも影響しています。
小田原~熱海間、そして丹那トンネルの歴史ですね・・・

話が長くなってしまいました。廃線跡を探訪していると、元来「道」として作られた道路と違い、「鉄道」跡の緩やかな曲がり具合とか、萌えてしまいます・・・
ぐずらさんへ (ひー)
2010-07-05 22:47:37
あれは、俺らの代で終りだべね。
伸びて、俺たちが居なくなって10年ぐらいは持つかも?
クロさんへ (ひー)
2010-07-05 22:56:41
廃線マニアも居るんですよね。
鉄道の地図には、しっかりマークがついてました。
特に利用したことのある人は懐かしいでしょうね。

線路があれば嬉しいですね。
散歩道でした。 (酔漢です )
2010-07-07 17:39:30
塩竈「こまっつぁき」を二小から梅の宮から清水沢を経て、利府街道へ入ります。そして一路松島方面へ自転車を走らせます。
利府街道と平行して走る道路があって、何故わざわざこんな道を作ったんだろうと以前から疑問に思っておりました。鉄道跡とは知りませんでした。この神社尋ねたことがございます。いつもながら「尋ねた神社の数」は多いのに、「名前を知っている神社の数」が非常に少ないことに気付きました。せめて名前だけでも把握しておけばよかったと思いました。

先月、本塩釜駅からタクシーの乗って「新駅まで」と普通に言ってました。運転手さんもなにも聞かずに運転してくれました。
そうですねシティラピッド君は「塩釜駅」と「本塩釜駅」としっかり区別して読んでます。

んでもっしゃ!「しんえき」の方がわかんのっしゃ!

と、酔漢です。
酔漢さんへ (ひー)
2010-07-07 20:52:17
タクシーの運転手さんは、新駅がわからないと商売になりませんね。
利用者は、お年寄りの方が多いことでしょう。

しっかりシティラピッド君に御指導を御願いします。

鉄の世界では、常識にしないと!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。