ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

鹽竃神社の狛犬さん その2

2009年03月13日 08時10分05秒 | 塩竈の散歩道
裏参道(女坂)から上ると、すぐ目に入るのが、この塔です。 



よく見ると2体の狛犬が







 

             同じものです・・・・

 



ほとんどの境内には、狛犬が置かれていますね。
狛犬は、魔除けや辟邪の霊獣として境内を守護するのが役割と言えるでしょう。







文久二年の字が=確かに干支は、壬戊 1862年   気仙沼の石工さんのようです。










神社の境内は、本殿・拝殿・鳥居に狛犬、灯篭や鎮守の森などの多くの構成からなっていますね。

しかし、神社によって個性がありますよね。  それもまた神社の魅力でしょう。

忙しげな、現代の社会にあって、この静かな空間は、日本人の心のふるさとではないでしょうか。 









このユニークな顔の狛犬は、左宮・右宮及び別宮に入り口に鎮座しております。 





拝殿内部にも見られることがあります。

これは、木製が多いようで彩色されたもののようです。

確かめていないので、何とも言えないのですが・・・・

何せ、拝殿は暗い上に外からズームを使用し手持ちで撮りましたので、ぶれました。  あしからず



黄金に輝いてますね。 






頭隠して尻隠さず・・・ 祭壇の様な物で隠れてしまいました。 残念です。 



よく見かける撫で牛ですね。 今年屋根を掛けてもらったようです。





去年の写真です。

 

阿形玉



吽形子取り


吽形子取りを下から・・


阿形のアップです。


同じ境内の中にある志波彦神社の狛犬です。 









ブレブレですみません






追記 2010.11.09





また、どこかの神社でお会いしましょう。 



『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鹽竃神社の狛犬さん その1 | トップ | 遠野:常堅寺の狛犬さん/カ... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
沢山の~ (維真尽(^.^))
2009-03-13 12:33:16
狛ちゃんに守られているんですね

秘蔵の写真~
今後も~楽しみです (^^)v

たしかに~一緒の方が
見やすいですね (^_-)~☆
いーさんへ (ひー)
2009-03-13 13:42:49
秘蔵の写真はありませんが、とりあえず過去のをまとめます。
面倒なので、ある程度コピーして、記事を追加します。
コメントありがとうございます。
後程お伺いします。
狛ちゃんの宝庫ですね。 (ミモザ)
2009-03-13 21:07:23
塩竃神社だけで、こんなにたくさんの狛ちゃんがいるのにはビックリです!
塔の狛ちゃんには気づきませんでした。
あの塔は目立っていて見ているはずですのに・・・
お見事です
ミモザさんへ (ひー)
2009-03-14 08:50:22
自分も興味が沸く前は気づきませんでしたよ。
これは、以前に撮ったことがあるのですが、携帯とかだったので取り直ししたものです。
ミモザさんの (あーさん)
2009-03-15 01:12:58
おっしゃるように、まさに狛さまの宝庫!!

彩色は規定通りのようです。
あーさんへ (ひー)
2009-03-15 08:58:27
彩色とはこれ如何に?

勉強不足で・・なかなか本がみつからなくて・・アマゾンがいいかもね。
上杉千郷 (あーさん)
2009-03-15 11:03:41
先生の「狛犬事典」に載ってます音譜
ミス (あーさん)
2009-03-15 11:04:40
音符じゃなく ♪ でした  (汗
あーさんへ (ひー)
2009-03-15 19:37:49
勉強します。
おおきに

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。