ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

梅の宮神社と昭和の塩竃

2009年06月21日 19時18分06秒 | 塩竈の散歩道
当初、女郎山(小松崎?)辺りからの風景を撮りたかったのですが、車で行けるとこではありませんね。この辺りは、住宅街(塩竃の坂はどこもですが)・・・
結果行き着いた先はここでした。


塩竃市立第二小学校 

千賀の浦を望めば東北ドック(造船所)も見えます。



この辺の道は狭いですね。 塩竃の一番の問題点ですね。怖いのは火事の時に消防車が近くまで行くが大変ですね。

地図で気になっていた梅の宮神社が近くにあったので、覘いて来ました。





残念ながら狛犬はいませんでした。


石が祀られていますが、詳しいことはまだ調べていません。隣の写真は神明社の鳥居
 


祠を囲っているようですが、物置に見えました(失礼!)


この神社については、詳しいいことが分かりませんでした。すみません。

女郎山からの写真のようです。宮町~北浜の景色でしょうか? 昭和10年です


稲荷下通り・・・昭和10年 あの白い鉄筋コンクリートの建物はどこでしょう。



昭和32年 本町通り


昭和32年釜の前・・・・・ですからお釜神社の前辺りですかね。


引用した本の名前をメモするの忘れました。図書館に行って見てきます。
本日は、この辺で・・・
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 十八夜観世音堂/仙台市太白... | トップ | ローマの休日 »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
女郎山~ (維真尽(^^))
2009-06-21 22:03:41
この名前の由来
気になりま~す (^^♪

維真尽さんへ (ひー)
2009-06-21 22:21:11
まだ、誰にも聞いてないので、不明ではありますが、4代伊達綱村が遊郭を仙台から塩竃へ移してます。
遊郭らしき建物がまだ、残っているようですが、点在しておりどこに移動したかは、私は不明です。
地名の俗称からするとこの辺にあったのかも知れませんね。
昔、あった!と言う話も聞いたことがあります。
山があって (みっちゃん)
2009-06-22 00:01:09
海がある・・・
イイ景色ですわねぇ・・・しみじみ・・・
やっぱこれって日本の代表的な景色なのかなぁ~ええなぁ~
山も海もナイこのへんって・・・ つまんないっす(・_・、)
火災の時 (papiee)
2009-06-22 04:59:16
本当に住宅が密集してますね~。
隣と直ぐ隣接してるような状態ですかね?
そうなると火災時は本当に怖いですね。

本ブラ? (クロンシュタット)
2009-06-22 05:44:15
本町通りの賑わいが懐かしいです。
あの頃は本塩釜駅をはさんだ海岸通りとともに、周辺市町村では最も栄えた通りでしたよね。
日曜日になると、買う物がなくとも(てか買えないのか)毎週のようにブラブラしに出かけました。
「番ブラ」「銀ブラ」と同じ意味合いの街々でした。
昨今の寂れ方は時の流れとはいえ、尋常ではないです。

で、二小の辺りの事は、酔漢さんを待ちましょうか・・・
みっちゃんへ (ひー)
2009-06-22 08:13:15
この街は坂の多い街で、山がありすぎですかね。

やはり、バランスが大事!
でも景色は最高です。
papieeさんへ (ひー)
2009-06-22 08:19:26
この辺は道幅も狭いのです。
もっと酷いと、人の敷地を歩かせて貰うところも…

火事になったら消防車が入りません。

やばいです。
クロンシュタットさんへ (ひー)
2009-06-22 08:26:32
本ブラですかwww
昔は、今野屋もあったし買い物は塩釜でしたね。
昔の活気は戻らないのですかね。
海岸通りの店はシャッター通りですよ。
実家の前で・・・ (酔漢です)
2009-06-22 12:48:49
「こまっつぁき」実家すぐ前からの写真です。
酔漢一味のテリトリーでございました。
梅の宮神社では悪さばかりしておりました(笑)
その所為ですか、父の車が不思議とこの神社の前でエンストするのでした。
ですが、故障ではありません。
バチ当たり?かなぁぁ。
懐かしい風景でもありますが、ひー様後ろを振り返れば、酔漢宅でございました。
そうだ火事 (酔漢です)
2009-06-22 13:08:35
隣の家が不思議と(これまた)過去40年の間に三回火を出しまして。。。
消防車のサイレンは119番通報からすぐ聞こえてくるのですが、なかなか到着しないのです。
焦りまくりでした。(汗・汗)
酔漢さんへ (ひー)
2009-06-22 15:42:57
記事中、脱字発見! 失礼おば…

そうだったんですか~ 神社の分かれ道をどっちに行ったらいいか右往左往…行き止まりの看板があったり、そしたら元生協に抜け…あ~ここに出るのかぁ。 状態でした。
梅の宮神社はかなり衰退した様子ですね。
でもエンストさせる霊力は衰えていなかも?ですね。
おぉぉ~!しょーまがッ! (ぐずら)
2009-06-22 23:42:27
昭和10年の写真は、稲荷山から女郎山(小松崎)見た写真だっちゃね。
左上の煙の出てんのが北浜にあった花の湯の煙突でねえべが?
稲荷下通りの写真は尾島ヶ崎からだべな~
真ん中の山の中腹に写ってるのが旧亀井邸で、その下の煙突が太田醸造だね。
駅前の灯篭は今の本塩釜駅前にもあるな。
んでも、駅前の4階建てはなんだべが?聞いたことね~なぁ?
そこの右隣りの裏で育ったオライのおんっあんさ聞いでみっぺ~
ぐずらさんへ (ひー)
2009-06-23 00:40:52
同じポイントを探したんだけどわがんねぇ~
写真も鮮明じゃないから?
あんだも詳しいなぁ~
帰ったら再確認します。
また、飲み会の招集礼状きたな。翌日前段休暇取りました。
貴重な有給減っていぐ~
Unknown (桃源児)
2009-06-23 19:05:44
昭和10年でも結構、建物があって、栄えていたように見受けられます。
祀られている石、丸いようですね。どんな謂れがあるのか、気になるところです。
桃源児さんへ (ひー)
2009-06-23 19:53:55
由緒や謂れがチョット分かりません?
資料の少ない神社です。
そのうち分かるでしょう。

仙台に次いで栄えた所ではないでしょうか。

大型店舗が進出してから、衰退いましたね。
残念です。
梅の宮 (丹治)
2009-07-01 08:59:31
梅の宮には、それこそ梅の花の写真を撮りに行きます(この春も行きました)。
社の幕の紋章が梅鉢。祭神は天神様でしょうか。
だとすれば、仕事柄もっとお参りしなくてはなりません。

近くには小学校時代の恩師(酔漢さんのブログにも登場します)の御宅があります。

白黒写真の一枚目に、山が二つ写ってますね。
右が東園寺の墓地になっている山、左が稲荷下のお稲荷さんの山でしょうか。


丹治さんへ (ひー)
2009-07-01 13:03:17
どうも昭和の写真がハッキリ特定出来ずにいました。
地図で見比べて見ます。
ちょっとだけ (通りすがり)
2010-04-05 17:29:25
梅の宮神社のご祭神ですが、ちょっと珍しく、酒解ノ神と酒解子ノ神で造酒と安産の守護神だそうですよ。

本殿脇に座しているのは「跨ぎ石」です。その石をまたぐと、子宝に恵まれるのだそうです。

塩釜にうまい酒蔵(さかぐら)があるのは、もしかしたらこの神社の霊威かも。
通りすがりさんへ (ひー)
2010-04-05 19:54:39
貴重な情報ありがとうございます。
珍しい神様ですね。
そして石の話ありがとうございます。
路駐だったので、すぐに立ち去りましたので、ゆっくり見ることは出来ませんでした。
旨い酒はこの神様のお陰ですかね・・・ww
あのビルは? (俊ちゃん)
2017-02-14 21:19:24
夜分お邪魔いたします。

>稲荷下通り・・・昭和10年 あの白い鉄筋コンクリートの建物はどこでしょう。

確か塩竈駅前の「機帆船ビル」と記憶致しております。
写真中央右端に「塩竈ホテル」も見受けられるようです。

>女郎山からの写真のようです。宮町~北浜の景色でしょうか? 昭和10年です

中央左側に「機帆船ビル」と旅館「千年家」が見受けられますので現在の本塩竈駅付近かと思われます。
俊ちゃんさんへ (ひー)
2017-02-14 23:02:17
ありがとうございます。
今は職場からなので、後で記事の中にコメントを入れたいと思います。
凄いですね~
少年時代の記憶でしょうか??
頭が下がります。
俊ちゃんさんへ (ひー)
2017-02-16 15:28:40
メッセージのアドレスはyahooのサイトでは無い!
と警告がでましたので返信できません。
再度お送りしました。 (俊ちゃん)
2017-02-16 19:55:32
間違えた可能性があり再度お送りしました。
俊ちゃんさんへ (ひー)
2017-02-17 21:13:47
今度は迷惑メールに入ってました。
打ち込みは問題ないと思いますが、「なりすましの可能性があります。」と表示されるのです。
Gmailのアドレスは持っていないでしょうか?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。