ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

荒脛巾神社/多賀城:写真資料

2010年06月10日 10時57分17秒 | 多賀城の散歩道

あらはばき神社(多賀城)の追加資料編です。
最近の状況を写真に収めてきました。


どうやら多賀城市が手を加えたらしく、鳥居は朱色に塗られ案内版も新しくなっていました。
しかし、「あらはばき」の資料としては、江戸時代からの謂れを説明しており、古代の説明はありませんでした。
当然でしょう、伝承としてはあっても確たる証拠がありませんからね。
その内容は最後に記します。


「あらはばき神社道」の文字が見えます。 小さいほうもそうなのですが市川村の文字も・・・
寄贈した人の名前もあるように見えますが、一寸読めませんでした。



どうやら石面には新しくペイントしたようです。



新たに塗られた鳥居です。 どうも塗らない方が・・・でも木が傷みますかね?








養蚕(ようきん)神社


※養蚕神社
 古くは立石(壺の碑)のある岡に鎮座していた。コガイサンと呼ばれている。
 かつてこの地では養蚕が盛んであったが、現在この神を養蚕の神とする信仰はない。
 喘息の平癒に霊験があるとされ、願う者は痰の根を切るといって、供えられている鋏(はさみ)を
 一挺(いっちょう)借り受け、礼詣りに二挺にして納める。
 社には供えられた多くの鋏がある。


「水金神」の文字が見えますね。










道祖神の扁額・・・今まで気づきませんでした。 荒脛巾神社の奥にありました。
しかし、奉納は明治三十二年十一月十一日、遠田郡涌谷町の文字が見えますね。






太子堂




荒脛巾神社

多賀城市市川に鎮座する荒脛巾神社は、足の神様として知られており、旅の安全を祈願する人々によって厚く信仰されました。
建立年月日は不明ですが、安永三年(一七七四)に作成された市川村風土記には、鹽竃神社の末社の一つとして記載されており、仙台藩主伊達氏も社領を寄進して保護していました。
社名にある脛巾とは、旅に出るときに脛に巻き付ける布のことであり、かつては祈願成就の際に奉納された脛巾が多数納められていました。
現在は足に限らず、腰から下の病気にも効き目があるととして、性病や婦人病にも効き目があるとして、性病や婦人病に悩む人々の信仰も集めています。
 社殿の左手には太子堂、右手には養蚕(ようきん)神社があり、病の根を切るという信仰から鋏(はさみ)が多数奉納されています。
                          平成二十年十月 多賀城市教育委員会


文献から見れば、しかたのないことですね。
やはり、この解釈は江戸時代から近年の話ですね。
私の史観では、蝦夷の時代または縄文にはあったと思います。
当然、荒脛巾を知らない方は古い神社と思うくらいでしょう。
脛巾の説明がありますが、「あらはばき」の文字は、この文字だけではありません。
ですから、足の神様としたのは、この扁額の文字から解釈したもので、脛に付ける脛巾とあらはばきの脛巾をごっちゃに考えるべきではないと思います。
「あらはばきじんじゃ」の文字は、私が記事に書いた通り多くの文字が使われております。
ですから、あらはばきが足の神様とするのは、いかがかと????
それにここは、旧、阿良波々岐明神社と言われていたはずです。

勿論、神様の性格が変わっていくことは、周囲の人々の信仰によるものが大きいので、ここはここ!
とすれば何の問題も無いのですがね。
菅原道真はそもそも学問の神様ではなかったはずです。祟りを封じ込めた神社は歴史やその時代の人々の都合でどんどん変って行くものなのですね。
出雲を調べているとある神社は本当の祭神を隠し、見せ掛けの神を祀っています。
知られたら困るからです。
これは、出雲の記事を今後書きますのでそこでご紹介します。
まずは、多賀城にある荒脛巾神社の現在の写真です。

「あらはばきに」については、今後追記していくつもりですが、初めての方で興味があるのであればこちらをご覧下さい。
このHPの記事を見ていると私の考え方が変っているのが分かります。
追記については、出雲の神族や東北の縄文時代を代表する遺跡三内丸山遺跡などもう少し調べてから記したいと思っています。
特に出雲は密接な関係があると思います。 


HP:あらはばき

市史による説明は荒脛巾神社:多賀城に記載しています。


『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Easti (イースト・アイ) | トップ | 陸羽東線とリゾートみのり »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (桃源児)
2010-06-10 14:15:58
鳥居、朱色があまりにも鮮やかで、塗らない方がよかった気もしますね。
鋏や履物の奉納、そういう意味があるんですか。
文字からのこじつけめいた信仰、藁にもすがりたいという庶民の信仰心とか苦しさも感じます。
出雲の (維真尽(^.^))
2010-06-10 17:03:20
記事
大いに期待しています (^^♪

出雲との つながり 
どう交流したんでしょう~か?
さらに
期待!!! (^_-)~☆
桃源児さんへ (ひー)
2010-06-10 17:13:27
まぁ、信仰などというものは、身近なところから始まりますから、仕方無いことですね。
大昔であれば、太陽の力や噴火する山を神の力と考えるのが普通だったことでしょう。
維真尽さんへ (ひー)
2010-06-10 17:16:45
例の本を読んだ方がこんな記事を書いています。
簡単にまとめるとこんな感じですね。
今私が出雲に居たらあちこちの神社を調べているでしょう。
ここを見て下さい。
http://moon.ap.teacup.com/20060505/6.html
こんにちは~(*^_^*) (sidu-haha)
2010-06-10 18:26:09
久しぶりに見ますね~~
アラハバキ~^学会もありますね。
ひーさんも参加しているのかな~~
sidu-hahaさんへ (ひー)
2010-06-10 21:19:54
学会まであるんですか~
面白そうですね。
結論はでないんだろうな~?
お晩です (あーさん)
2010-06-10 22:30:22
金属製灯籠と辺野古には一驚 ww
あーさんへ (ひー)
2010-06-11 07:05:42
元福島代表・・・・知っていなかったでしょうね。
知しっていたらあんに毎日TVカメラの前で言えないかも?
私も祟りまくりたい! (クロンシュタット)
2010-06-13 06:04:49
>教育委員会さんも一般人のレベルですね

いやいや実は「お上」は何かを隠しているのかもしれませんよ。
蝦夷の時代には奥州こそがこの国の中心であって畿内の中央政府は・・・

3枚目の写真。社の杜?へ小道が続いています。こんな風景にグッと来てしまいます。


クロさんへ (ひー)
2010-06-13 09:09:58
有り得ますね。
中央政権以外の所謂蝦夷や熊蘇のような文化は間違いなくあったわけですからね。
びっくり!!! (kaichi)
2011-08-05 18:13:43
こんにちは~(~_~;)いやー驚きました!アラハバキ神説を調べていたら…ブログ作成者がお隣の方だったので、めちゃ驚き!と嬉しくなってコメントしちゃいました。あっ、そうそう、カルガモの子供は私が1匹救助しましたよ!またお邪魔しま~す(@^^)/~~~
kaichi さんへ (ひー)
2011-08-06 22:43:26
おやおや・・・
お隣って・・・・?
こっちが驚きですよ。
なんで「あらはばき」なんか?
って自分が記事を書いているわけですが?
こんな状態で、探検にもいけませんが、会津に二社ありますので、いずれ行きたいと思っております。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。